善哉


玄米餅をこんがり焼いて。


カテゴリー: 京まくろび パーマリンク

コメント

  1. hiro のコメント:
    え~~ん!食べた~い!ちょうど気持ちが滅入っていたところにこの画はたまりません・・なんか、ほんわかしますえ・・甘さは何でとるのかな?
  2. akk-pp のコメント:
    善右衛門さん、こんにちは^^
    来週はちえさんがお世話になります・・・って、もしや内緒?!
    ひょ~~~(苦笑)
    「善哉」←これで「ぜんざい」と読むのですね、勉強になりました^^;
    小豆がとても美味しそう。
    何となく、今カラダが小豆を欲している気がします。
    寒さで腎臓が弱ってきているのかな。
    明日は1日なので久しぶりに小豆を炊こうと思います。
    善右衛門みたく、上手に炊きたいな☆
  3. kahta のコメント:
    おいしそ~~~!
    京都への道のりはなかなか遠いです。。
  4. zenemon のコメント:
    hiro さん こんばんは。
    どうしたんですか? 元気ないのですか?
    あたたかいぜんざいでも食べて ほっこりしとくれやす。
    甘味は甜菜糖でつけてあります。 無塩です。
    京都のぜんざいはお汁が多い目なのが特徴です。
    さらさらタイプです。

  5. zenemon のコメント:
    akk-ppさん こんばんは。
    来週ちえさん来るのかな? 楽しみです。
    秋から冬に向かってフル回転の腎臓にご褒美をあげてくださいね。
    上手に焚くコツは急がないことです。

  6. zenemon のコメント:
    kahta さん こんばんは。
    どーーんと大もうけして、京都セレブツアーでお越し下さいね(笑)
    お忙しいでしょうが、身体に気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です