ぜんざい


寒吉さんの大粒小豆を善哉にしました。 ナツメと甜菜糖で優しい甘さに。


カテゴリー: 甘い物 パーマリンク

コメント

  1. kyotoyasai2005 より:

    こんばんは、zenemonさま。
    名前まで出してもらって、感激です。うれしいもんです。
    小豆を育てたのは、初めてです。自家用の小豆は母が育てていました。
    この小豆は、収穫したてのもので、後で
    収穫したての小豆は水分量にばらつきが残り、扱いにくいと聞きました。
    そんなもんかな~とも思いましたが、なるほど。
    言われてみれば、収穫調整の作業の工程を考えると
    水分量は安定していないと思います。
    それほど敏感なことなんかな~と思いますけど、
    おそらく、和菓子屋さんの世界なんでしょう。

    新の小豆はありますが、旬の小豆って・・・言うんですかね、
    聞いたことがありません。

    米も新米とは言いますが、旬米とは言いませんね。
    (そうか、納得。)

    新米小豆農家のたわごとでした。

  2. zenemon より:

    寒吉さん こんばんは。
    おかげさまでこんなに大粒のふっくらしたぜんざいができました。
    母も幸せそうな顔をして食べてくれました。
    確かに収穫仕立ての小豆はアクが多く、含水率にばらつきがあるようです。
    煮ると早く柔らかくなる物や柔らかくなるまえに腹が割れる物が出てきます。
    あんこにしてしまえばわからなくなりますが。
     そういうと昔、料理を習った古い板前さんに、米や小豆は冬を越してからがほんまもんの美味しさになるんやと聞きました。
    適度な乾燥と低温貯蔵された状態を尊んだのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です