おからの焚いたん


おからの焚き方も今一度見直してみる。 昆布、椎茸だしを使用するぐらいで変更は無いが、材料が暴れないように、味が角ばらないように静かに焚くと仕上がりも良い。


カテゴリー: 煮物 パーマリンク

コメント

  1. mayberrylife より:

    >材料が暴れないように、味が角ばらないように静かに焚く・・・
    気持ちの問題でしょうか、ゆるやかな心で調理すると良いのでしょうね。。
    またまた課題が増えました。

  2. zenemon より:

    mayberrylifeさん こんばんは。
    気持ちの問題もそうですし、 調理器具や材料の衝突音や衝撃がイラついた波動を起こし、味に影響を与えます。 人は食べたもののようになりますからそれを食べた人は衝突の多いイラついた人になるんです。
    鍋の外にはみ出るような強火もそうです。 不必要に強い陽性を料理に与えてしまいます。 そんな話をしても「まさかー(笑)」と言わない mayberrylifさんだからお話しました。 実験してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です