鱧骨切り特訓講座の復習  Waさん(43-2)

大きな鱧でしたねぇ。 出刃も骨切り包丁もいっぱいいっぱいです。
肋骨を薄くすきとる部分に苦手意識がまだ残っているようです。どこまでをすき取ってどこからは薄皮を残すというのをはっきり見極めて包丁を入れましょう。
骨切りは大型鱧に小さめの包丁ですからどうしても厚くなってしまいますね ある程度は仕方がないでしょう。
ただ、肛門より下。腹腔が無くなって胴幅が狭くなってきてからは大きさの弊害はなくなるのですから思い切り薄さを追求してください。 練習になるでしょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ようこ より:

    中川さん
    見ていただきありがとうございます。
    はい、肋骨をすきとる部分に苦手意識があります…闇雲に刃を入れず、見極めてから入れるようにします。

    肛門より下への意識足りていませんでした。大きい鱧でも有意義な練習となるようにします。

    • nakagawa より:

      ようこさん  コメントありがとうございます。
      頑張っていますねぇ  大きな鱧にめげるかと心配していたのですが 果敢に向き合っておられるのがかっこいいです。
      そして前掛けがかっこいいです。 ひょっとして麒麟柄ですか? すーてーきー♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です