鱧骨切り特訓講座の復習  Haさん(12-10)

新しい出刃包丁がよく切れていますね。 少しずつ余分な動きを削ぎ落として5分でおろせるようになりましょう。 骨をすき取るのも上手にできましたね。
骨切りは包丁の持ち方が正しくなって安定してきました。
Air骨切りのときから「速度」が遅いです。 ちゃんとAir骨切りと同じ速度で鱧を骨切りされています。 Air骨切りを抜くときにもっともっと高速に「しゅ〜〜」では無く「シュッ!!」と抜いてください。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ペロリ より:

    見ていただいてありがとうございます。

    骨切りの時、薄く速くと意識しているのですが
    自分では速くしているつもりでも、動画を見ると自分で見ても遅いと思うので
    スピードをもっと強く意識して骨切りします。

    • nakagawa より:

      ペロリさん  コメントありがとうございます。
      はい 動画をよく見てどこを速くすればよいのかを分析しましょう。
      意識することは大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です