レスリング五輪金メダリスト小原日登美さんの過去の悩み

先日油料理をしていて、新聞紙を捨てようとした時に目に止まった記事がありました。
「減量で生理が来ない。産めなくなるかも。」という見出しでした。
私がマクロビオティックの発信ブログを書くようになって、どれほど多くの月経不順に悩む人たちとつき合って来たことでしょうか。
10人女性がいたら2〜3人の確率で生理が来ない人がいたものです。
マクロビオティックの先生でも何十年と生理が来ない人もいます。

しかし、マクロビオティックを教える人たちは案外生理が来ないことに平気です。
それは「今、体のお掃除をしている時だから、そちらに血液がまわっている。お掃除が済んだら生理も再開するから大丈夫。」という論法です。
でもね、実際に悩んでいる人たちや、悲しいほどに痩せてしまった人たちを前にして、私はその不安を取り除くことが先のような気がしていました。

そうこうするうちに、10年以上も生理がなくて子供がほしいのに困っている人が何人か現れました。
どの人もとても痩せています。
単に痩せるといっても陰性の場合と陽性の場合があるのですが、生理がないことに変わりはありません。
子供を産むためにはまず生理が来るようにしなければなりません。
そこで必要なのは適正体重まで戻すことです。

痩せすぎて生理のない人はモデルさんの世界にも多いです。
見た目の華やかさとは裏腹に、体を犠牲にしているモデルさんもいます。
ですから、お若いのに骨粗鬆症になっているモデルさんもいて、ある意味では反面教師になっています。
体重が40キロを切ると、まずは危険だと思ってください。
どうしても生理は体重と比例する部分があるので、極端なダイエットは危険だと声を大にして言いたいです。

一方、極端な見解として、究極に体が整うと生理がないのが当たり前と主張する人もいます。
生理がなくても排卵はしていることもあるので、妊娠は可能だから問題がないといえばそうかも知れませんが・・・。
でも、生理があるべき年齢に生理が長期間止まってしまうのは、やはり不自然と考えた方が良いと私は思います。
月経は毎月体の状態を知るための情報をたくさんお知らせしてくれます。
特に血液の質を判断することができるので、生理痛と合わせて判断材料にしましょ。

 
 

生理がこない むそう塾 マクロビオティック

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です