「リチウム電池による食道粘膜損傷」小児科学会(傷害注意速報)

最近は電池が使用されている商品がかなりあります。
形も幼児が食べ物と間違ってしまうものまであるので、子育て中の人は気をつけましょう。
ちょうど「リチウム電池による食道粘膜損傷」の文章を目にしましたので、ご紹介しておきます。
文中にある【こどもの生活環境改善委員会からのコメント】 もぜひお読みください。
下記に引用しておきます。

【こどもの生活環境改善委員会からのコメント】
1.
ボタン電池の誤飲は比較的よくみられ,症例報告も多い.誤飲する現場を見ていれば,ボタン電池の誤飲としてすぐに受診できるが,保護者が誤飲現場を見ていない場合も多い.2~3 歳以下で,突然の嘔吐 や流涎を診た場合には疑う必要がある.中には,置いてあったボタン電池が見当たらないために「誤飲 した」と早とちりして受診することもある.
2.
喉頭,食道にボタン電池が停滞すると緊急度,重症度が非常に高くなる.犬の実験によると,食道にボ タン電池が 4 時間停滞すると食道粘膜に糜爛が認められる.食道を通過して胃内に入ると,72 時間以内 に 85.4% は便の中に自然排泄される1)とされており,緊急度,重症度は低くなる.これら,誤飲後の経 過時間,電池の残存起電力,ボタン電池の停滞部位など,いろいろな要因が傷害の重症度に関与してお り,臨床的な判断に窮する場合が多い.わが国では,胃内にあるボタン電池も取り出される場合が多い. ボタン電池の誤飲について,コンセンサスが得られた治療ガイドラインはない.
3.
ボタン電池は,子どもが接する家庭内の電気製品,玩具などに広く使われており,子どもが接触する機 会は多い.ボタン電池の包装は,子どもが開けにくい包装にする必要がある.また,電気製品や玩具など,ボタン電池を収納している部分の蓋についても,子どもが開けにくい構造にする必要がある.
4.
今後も,電気製品の軽量化,小型化,薄型化が進み,ボタン電池が使用される頻度は高くなる.また,長時間使用できるように電池の起電力を高くする傾向がある.すなわち,ボタン電池の誤飲事故が増え る可能性がある.今回示したような傷害を予防するためには,乳幼児が飲み込みやすく,喉頭,食道に 停滞しやすい現在の「ボタン」サイズについて検討する必要がある.最近では,コピー用紙の 1!3 の厚 さのフィルム状(5cm×5cm)の電池などが開発されている.
5.
後遺症を残す可能性があるボタン電池誤飲の危険性について,医療現場から広く社会に訴える必要があ る.小児科医は乳幼児健診の場などを利用して,保護者に訴える必要がある.
文献
1)Litovitz TL:Pediatrics 75:469―476, 1985

リチウム電池による食道粘膜損傷


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です