神々しい玄米っ子


きのうは上級幸せコースAクラスの授業でした。
Aクラスには“あけねー”と呼ばれて、クラスメイトから慕われている人がいます。
宮城県の石巻市から通っておられるあけねーさんは、毎月飛行機を使っての京都通いです。
震災前なら新幹線を利用して通えたのですが、震災で壊滅した鉄道はまだ復旧していないので、新幹線の利用が困難なのです。
そんな中でもこうしてむそう塾に通ってくださることに敬意を表します。
きのうはご主人と息子さんが、授業が終わってから教室に遊びにいらしてくれました。
ご主人はあけねーさんが幸せコースの時に一度いらしてくれたので今回は再会です。
その後あの大震災があって本当に心配しましたが、当時妊娠中だったあけねーさんはこうして素晴らしい男の子を出産し、幸せなご一家の様子を見せてくれました。
嬉しかったです。
本当に嬉しかったです。
お忙しい日々なのに、こうして京都までお出でくださったご主人様に感謝申し上げます。

それにしても何と神々しいお子さんでしょう。
このお子さんが無事に産まれただけでも素晴らしいことなのに、こんなに氣の綺麗なお子さんってなかなか見かけません。
やっぱりこのお子さんは、あの大震災の後の希望を失った人たちへの神様からのプレゼントだったのだと思います。
あけねーさんご夫婦だけでなく、日本人全体に対するプレゼントだと思います。

妊娠前から玄米ご飯を食べていたご夫婦から生まれたトシちゃんは、玄米ご飯が大好きです。
お箸でご機嫌に遊んでいたのですが、試食用のご飯を見つけると一気に気持ちがご飯に向かいます。

ん?
どれどれ、食べてみる?
中川さんから玄米ご飯を食べさせてもらうトシくん。

子供って周りの人を笑顔にさせますね。
そして多くの人を惹きつけます。
陽性の見本です。
いつまで見ていても飽きません。
でもね、育てている人は大変なんです。
こんなに可愛いトシくんでも、泣き止まなかったり、思うように行かなかったりすると、負担に思える瞬間があるのです。
そんなふうに思ってしまう自分に母親は自己嫌悪になりながら、また気を取り直して子供に向き合うのです。

完璧を目指したら子育中の母親はボロボロになります。
そんな雑巾のような妻は夫にとったら悲しいのです。
お掃除ができていなくても、おかずが少し足りなくても、笑顔でいてくれる妻が嬉しいのです。
子育て中でも綺麗に住もうなんて思ったら子供が可哀想です。
雑然としていても良いから笑顔がある。
そしてお釜にはあったかいご飯が入っている。
それだけで充分です。
肩の力を抜いてね、あけねー。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. あけねー より:

    美風さん こんばんは。

    息子がやっと眠ってくれて、この合間にコメントを…!!!

    先日は念願叶って、息子をむそう塾に連れて行くことが出来て本当に本当に嬉しかったです。
    息子にとって、今回の京都行は初めての体験ばかりでどうなることかと心配していましたが
    親の心配を余所に、本人にとっては楽しい経験だったんだなぁーと、むそう塾での彼の笑顔を見て思いました。

    震災前、主人と二人でむそう塾へ伺った時は、お腹の中に息子がいた時でした。
    そして震災が起きた時は妊娠5ヶ月で、出産までの日々は不安と楽しみが共存する毎日でしたが
    息子が無事に生まれ、先日1歳になり、これまでスクスクと育ってくれたことを思うと
    むそう塾の皆さんをはじめ、沢山の方々に支えて頂いて今があるのだと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    育児中は、思うように物事が進まないことは頭の中では分かっているつもりでも
    あれもこれも…と詰め込みすぎて自分を追い込んでは出来ないことに落ち込むという繰り返しでした。
    そんな慌ただしい気持ちは息子にも、勿論主人にも伝わっていました。
    母としても妻としても、もっと大らかにいられたら、家族に笑顔が増えるんだなぁと痛感しております。

    美風さん 温かいメッセージをありがとうございました。
    家族が増えた時の喜びを思い返しながら、家族と過ごす日々の生活を大切にしていこうと思います。

  2. マクロ美風 より:

    あけねーさん、おはようございます。

    お子さんが寝ている間のコメントをありがとうございます。
    先日は遠いところをご一家でいらしてくださり、本当に嬉しかったです。
    ご主人のお元気な姿に再会できて、なんだか心から安心しました。
    ご主人が一層逞しくなっておられて、頼もしく思えましたよ。

    そしてそして待ちに待ったトシくんにやっと会えて、どれだけ嬉しかったことか!
    写真どおりの可愛いらしさを超越して、私たちにいっぱいエネルギーをいただきました。
    あんなに笑顔でいられるお子さんって滅多にいません。
    誰にでも抱かれて、それでいて嫌な顔もしないで、自由に遊べるなんて、あの子は相当肝の座った子ですね。
    それもそのはず、あの大震災を乗り越えて産まれて来たんですものね。

    そして玄米っ子特有の「場がよめる」お子さんでした。
    幼くても玄米っ子はうるさくなくて空気がよめるのが特長です。
    見事な玄米っ子を目の前にして感動しました。
    ありがとうございます。

    妊娠前から玄米を食べ、玄米で出来た母乳を飲ませ、それだけで充分母親として最も大事なことをしていますよ。
    だからもう大きな顔をしていてください(笑)
    それ以上はオマケだと思って、気軽に日々を楽しめるようにお暮らしくださいね。

    子育てに完璧主義は弊害になりますから、絶対捨てること。
    私は元々完璧主義の人間でしたが、子育て中にそれを修正することができて今があります。
    子供が私を育ててくれたんです。
    だから子供に感謝です。
    これからも一緒に子育てを楽しみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です