満を持して~大森一慧先生の新刊本~

私の恩師、大森英櫻先生。
その奥様でいらっしゃる大森一慧先生。
満を持して素晴らしい本が出ました。
◆書名:からだの自然治癒力をひきだす生きかた
◆出版社:サンマーク出版
◆定価:1,400円+税

ここには、私がお伝えしたかったことが、大森一慧先生の言葉で書かれています。
私もこんな生き方を皆さんに提案します。
                *    *    *    *
<まえがき>より

「玄米菜食に変えたら、最初のうちはいろいろなことが思いどおりになってきた。
続けていたら、今度は思ってもみなかったいいことが起こるようになってきた」
これは、玄米菜食を実践している人の、ほとんどが体験していることです。
おいしいものがいくらでも食べられる現代社会で、ストイックな食事ともとられる食事をあえて続けたいと思うのは、健康でいられるからだけではないということです。
それは、玄米に霊的な不思議なパワーがあるからでしょうか? 
それとも、玄米教のような宗教があって、信じれば救われるといった世界なのでしょうか? 
いえいえ、そうではありません。
食事を見直したことで、まず体の健康が得られます。
すると、それまでいやなことが起こると落ち込んだり怒ったりしていたのが、たいしたことではないと思えるようになるのです。
体に余裕が出てくると、心にも余裕が出てくるからです。
あらゆるストレスから解放されていく、いつも穏やかな気持ちでいられるようになっていく。
こういうことが、人間にとって「正しい食事」をすることでもたらされるのです。
そうなると、いままで身のまわりで起こっていた「思いどおりでないこと」も、「必要があって起こっていること」ととらえることができるようになります。
そして、気がつけば、すべてが「思いどおりになっている」のです。
そうわかったら、毎日が楽しくてたまりません、。
いつだって笑顔でいられます。
そんな人に出会ったら、だれだっていい対応をしたくなりますから、その人のまわりにはいいことばかりが起こるようになる。
つまり、玄米菜食は、生き方や運命までをも変えてしまうのです。
この本では、一八歳で玄米に出会ってから七六歳になった今日までに、私の身の上に起こったたくさんのいいことと、そのいいことがどうして起こったかのからくりをお伝えしたいと思います。
玄米菜食に変えたことで私に最初に起こったいいことは、食養指導者の夫、大森英櫻と出会ったことでした。
大森と過ごした五〇年余りの日々は、同時に多くの病気と触れ合った日々でもありました。
私がみなさんに料理教室や本を通して、玄米菜食のすばらしさをお伝えできるのは、食養による病気治しの研究と実際に病人を救うこと、そして健康になるための「食の理論と実践法」の確立に一生をかけた大森のおかげです。
そんな私たち夫婦の軌跡を追い、さらに玄米菜食を実践していくうえでの手引きとなるようにと、この本はまとめました。
毎日の暮らしに本書でお伝えする「食の理論と実践法」を取り入れて、「食は運命を変える」ということを、「人は幸せになるために生まれてきた」ということを、ぜひ体感していただきたいと思います。
大森一慧


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 本の紹介 パーマリンク

コメント

  1. 陰陽(1-10) より:

    美風さん、こんばんは。
    本が届いたので読みました。
    とても読みやすく分かりやすいのですぐに読み終わりました。
    ひとり立ち講座に参加できているうちにこの本が読めてよかったと思います。これからも繰り返し、読みたいと思っています。

  2. マクロ美風 より:

    1-10さん、おはようございます。
    素晴らしい本でしょ?
    この本は大森一慧先生の集大成だと編集者さんがおっしゃっていました。
    私も著者の一慧先生のことや、亡くなられた英櫻先生のことを、懐かしく思いながら拝読しました。
    私のマクロビオティックは、このお二人によって土台が出来上がりました。
    お二人から伺った貴重なお話もこの本には書かれています。
    どうぞ感動を味わってください。

  3. うな より:

    予約購入して読みました(*^^)v
    何と言いましょうか・・・
    とにかく,大森一慧先生の信念を感じました。
    マクロを築き広めさらに次の世代に伝えようとするとてもとても強い信念。
    「ぶれない」とはこういうことを言うのかもしれないと思いました。
    とにかく感動しました。
    一度お会いしてみたいものです。

  4. Yu(8-10) より:

    良い本をご紹介いただきありがとうございます。

    すぐに注文し、昨日入手できましたので
    早速読ませてもらっています。
    タイムリーで勉強になります。

    一慧先生に手相を見ていただいた時のことが
    思い出されます。2007年5月のことです。
    親からいろいろもらえなかったのに、よくここまで自分で頑張って生きてきたね、といわれて泣きそうでした。
    包容力があって素敵な方ですよねぇ。
    もっとゆっくりいろんなお話を伺いたいと思ったことでした。

  5. マクロ美風 より:

    うなさん、お久しぶりです。
    私が尊敬するご夫婦が大森ご夫妻です。
    ズドーンとした柱。
    この強さと心地良さ。
    そして美学。
    私が大森ご夫妻に教えられなかったら、マクロビオティックの美学は知らないままだったかも知れません。
    大森英櫻先生のご存命中に教えを受けることが出来て、本当に私は幸せ者だと思っています。
    英櫻先生の功績を一慧先生が新しい形でお伝えするこの本は、夫婦愛の結晶でもあります。
    素晴らしいですね~。

  6. マクロ美風 より:

    おっ!
    Yuさんは受講されたことがあるのね。
    姓名判断の講座かな?
    あの安定感は、玄米とともに歩んだ人生だからこそ出て来るものだと思います。
    そしてあの力強さの源は、おびただしい体験の数々です。
    体験は人を優しくもしてくれます。
    つまり「ゆとり」が生まれるんですね。
    現代人にとても不足しているものです。

陰陽(1-10) へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です