投稿者「nakagawa」のアーカイブ

桂剥き投稿2018  名前忘れさん(110-1)



赤ペンのときに砥石と手が触れていませんか?触れてはいけないのです。
包丁砥ぎのときの包丁と砥石の間の隙間は10円玉1枚分です。あなたの場合は50円以上隙間がありますね。これはすぐに直しましょう包丁が台無しになります。2枚刃になってしまうのです。
桂剥きは大根が向こうに倒れているので視線と大根が直角になるように持ちましょう。
切れ味チェックがまな板でできていますか? 包丁砥ぎの間違いをはやく直して正しく砥げるようになりましょう。



カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2018  Fuさん(塾生番号忘れ)



包丁砥ぎは刃を砥石に押し付け過ぎです。 残酷な音がしていますね。 砥石に包丁を触れさせてはいけません。 そろそろ気付きましょう。 うそやん!というくらいに徹底的にしないと結果はだせません。
赤ペンはペンが手前に倒れる癖があるのに気付きましょう。
剥くときに親指付け根の関節が尺取り虫になっています。これを直して合谷の筋肉を使えるようになりましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Saさん(115-2)



剥きはまだまだ右手親指と人差し指の股がゆるいですね もっとV字を狭めてください。
逆パイロンも直っていくでしょう。
刻みは直っていたジョジョ立ちが復活してきていますので注意です。
包丁砥ぎは砥石と包丁が45度に交わるように砥ぎましょう。

包丁砥ぎの成果を確認するにはもっともっと「寄り」の画像が必要です。
片面を3分割したくらいに近づけてピントを合わせて撮影しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018 Waさん(111-3)



包丁砥ぎは動きがゆっくりすぎますのでもっとテンポ良く動かしましょう。
Air桂剥きは大根と同じテンポで回します。2種類の動きを練習しないようにしましょう。
まだまだ力んでいます。 柔らかい大根を剥くのに力は不要なのです。 それに気がつけるように。


 


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Kaさん(110-2)



どんどん上手になって来ましたね。 素晴らしいです。 力みも前回よりもはるかに減ってきました。  が、まだまだ力んでいます。
右手の包丁の握り方をすこし直しましょう。深く握り込み過ぎているので浅く握りましょう。
包丁の背がaに近いのでbに近づけてください。 もっと薄く剥きやすくなります。

刻みのときに5打ちした直後に刃を時計回りにねじる動作は止めましょう。刃先がまな板に刺さって折れて刃こぼれします。



カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする