「マクロビオティックの陰陽を活かした家事アドバイス」を始めるにあたって

明日から「マクロビオティックの陰陽を活かした家事アドバイス」を始めます。
この講座の目的はいくつもありますが、その中心に流れる私の想いをここでちょっと書いておきます。

思えば人間って地球と一緒にずいぶん崩壊への道を歩んでいるなあと感じるこの頃ですが、その大きなきっかけの一つは電気の普及にあると思います。
電気が果たす役割には功罪両面ありますが、こと人間の生き方に関しては崩壊への道を助長したと言えるでしょうね。
電気はものづくりに大いなる貢献をしたかのように感じますが、その一方で人間の力では果たし得ないスピードと量産を可能にしました。

たとえば食べ物でいうなら、玄米はあっという間に白米にできるし、玄小麦はあっという間に小麦粉にできます。
もし玄小麦を手でゴロゴロと挽いて粉にするなら、そんなにしょっちゅう小麦粉を使ったお料理はしませんね。
水車の力を借りて玄米を精米する方法もありますが、それは時間のかかることです。

それからもう一つは、あまりにも生産から消費に職業が移りすぎた問題もあります。
たとえば私達が何かを判断する時、迷わなくても良いことで迷っている人がいます。
それは現代人は「生産」の場から離れすぎてしまったため、本当のモノの価値が分からなくなっているのです。
目の前にあるモノがどれだけの手間をかけて作り上げられているのか?
そのことに思いがいたらずに、単に値段だけで右往左往している情けない光景が多すぎます。

食べ物でも道具でも、それが完成するまでの工程を考えると、自分なら果たしてその値段で手放すだろうかと考えると良いでしょう。
お料理一つとってもそうです。
仕上げるまでに費やす時間より、多くの場合は食べる時間の方が圧倒的に少ないです。
高級料理店で「高い!」と目を丸くするより、どんな食材とどんな方法で作り上げられたお料理なのかを吟味する目があってもいいですね。
その値段にふさわしい仕事がしてあったなら、それは正当に評価して支持する姿勢を持つべきだと思います。

生産という原点から距離をおいてしまった現代は、どんどん間違いを重ねて、あってはならない方向に突き進んでいます。
暮らし方においても生き方においても、核家族化のもたらした影響は甚大であり、アメリカの望むとおりの方向に誘導されています。
文化や考え方の伝承も途切れ、子孫の継承まで危うい事態になっています。
その不自然な姿があまりにも多くなっていることに、私は心を痛める毎日です。

私一人の力でどうなるものではありませんが、何もしないより何かをする行動に出たいと思っているのがこの家事アドバイス講座です。
人数は少なくても、確実に大切なことをお伝え出来る相手が存在する環境に感謝して、明日からの講座の準備しているところです。
ご縁のあった方々に、判断のより処を伝授し、混沌としたこの時代であっても、希望を失うことなく元気に生きてほしいと思ってこの講座を始めます。

多くの皆さんに考え方の中心軸が出来ますように。


むそう塾 マクロ美風の家事アドバイス講座

(2015年3月31日の桜 撮影:中川善博)


カテゴリー: マクロ美風の家事アドバイス講座 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です