お酒と甘いものが止められないあなたへ 思いどおりの人生のために

こちらの記事にお酒がなかなか止められない人のコメントがありました。
このような人は他にもいらっしゃると思うので、改めて記事にしておきます。

そもそもお酒や甘いものは「止めよう」と思わないことです。
欲しければ摂れば良いのです。
この点をハッキリ自覚なさってほしいと思います。
その上でマクロビオティックの陰陽で考えてみましょう。

まずお酒も甘いものも陰性に分類されます。
この時点で「陰性だから摂っちゃダメ!」って思っている人は、考え方を変えてください。
(実は、マクロビオティックを始めたばかりの私は、まさにこの人だったのです。それもかなり長い間。笑)
お酒も甘いものも心身をゆるめます。
だから陰性に分類されることを確認してくださいね。

では、なぜお酒や甘いものがほしくなるか?
それは二つ原因があって、【一つは陽性になった時】です。
具体的には仕事をして疲れた時、人間関係でキュッと緊張した時、不満がある時などです。
【もう一つは習慣】です。
つまり、何となく飲んで(食べて)しまうんですね。

こう書くとすぐお分かりだと思いますが、二つ目の「習慣」になっている人は物理的にお酒や甘いものがそばにない環境にすれば良いわけです。
・家にはお酒も甘いものも買い置きしない。
・欲しくなったら買いに行く。(その前にお茶を飲んでみることをお奨めします。)
・なんとなく寄っていたお酒や甘いものを売っているお店に入らない。(そのうちにお店に入っても平気になります。)

問題なのは「陽性になった時」です。
陽性になる原因はいくつもありますが、これも二つに分けられます。
【一つは精神的な面】
具体的には上記のように仕事で緊張が続いた時、人間関係で緊張する場面があった時、ストレスが大きい時など。
【もう一つは食べ物が陽性な時】
具体的には塩分濃度が濃い時、お肉・お魚・卵などの量が多い時などが挙げられます。
しょっぱい物を食べた後で喉が乾いたり、甘いものを欲しくなったりした経験は多くの方があると思います。
これをマクロビオティックでは「陽は陰を引く」と言います。

食べ物で陽性になっている時は簡単です。
陽性になる食べ物を減らせば良いのですから。
厄介なのは一つ目の精神的に陽性になる場面です。
あ、ここで間違ってほしくないので念のためつけ加えておきますが、陰性も陽性も悪いことではありません。
「良い陰性 良い陽性」は体に良いのですが、「悪い陰性 悪い陽性」が体に負担なのです。
では、なにが「良い・悪い」を分けるのかといえば、体にとって「心地良い 心地良くない」程度の認識でもOKです。
細かくは個人差があるので、文章では書ききれないからです。

*   *   *

さてさて、精神的に陽性の話に戻ります。
まず、精神的に良い陽性になるのはある意味では理想的です。
しかし、陽性になりすぎた結果、本人もまわりも窮屈さを感じるのならそれは改善の余地があります。

ここで一番問題なのがストレスなのです。
結論からいってストレスをゼロにすることは出来ません。
またゼロにする必要もありません。
人によってストレスになるか頑張るエネルギー源にするかは、個人の受けとめ方の問題ですからね。
でも現代人はストレス耐性がなさ過ぎます。
これがお酒と甘いものを欲しがる最大の要因だと私は思っています。

ではストレス耐性を強くするにはどうしたら良いか?
それは体験しかありません。
一度経験したことは驚くほど免疫力が上がります。
多くのことを経験すれば免疫の種類も増えます。
そうして気がついたらストレスが減っていたということになります。

テレビやパソコンの前で疑似体験をしている暇があったら、外に出て知らない世界を見聞きしてこいと私は言いたいです。
挫折を恐れるのではなく、人生に挫折はつきものであって、それをどう乗り越えるかが人間の醍醐味であることを知ってほしいです。
・思いどおりには行かない=人生の原則
・思いどおりになる=例外

人生とはその例外を求めて生きる者達で溢れているのが現実ですが、原則と例外を入れ替えて考えただけでも心がグッと楽になったりします。
私はお酒も甘いものも「笑顔」でいただくものだと割り切ってほしいと思います。
決して「やけ酒・やけ食い」、あるいは現実からの逃避としてお酒や甘いものに走らないこと。
それが心身ともに健康になり、「思いどおり」を増やす道だと確信しています。

マクロビオティックではその「思いどおり」を増やす道として、陰陽という二つの視点で分かりやすく物事を解き明かしています。
普段何気なく口にするお酒や甘いものも、こうして自在にコントロールできるようになると、間違いなくあなたの体調と人生は変わります。
今から実行してみましょう。
人生はたった一度なのですから。

なお、ストレスに感じる個人差には満足度というのがあります。
つまり「足るを知る」がどの程度あるかどうか。
これが最終的にストレスを生み出すか否かにかかっています。
どんな状態であっても「足るを知る」者は救われます。
このことが一番お伝えしたいことです。

 

027A3603
 


カテゴリー: マクロビオティックの陰陽で考えてみよう パーマリンク

コメント

  1. しろうさ のコメント:
    こんにちは。
    大切なことを分かりやすく伝えていただき、ありがとうございます。

    私の夫は甘いものもお酒も両方好きです。
    尿酸値が高めで、膝に水が溜まって炎症を起こしやすい体質ですがビールもよく飲みます。

    仕事のストレスが強くなると、だんだん、家でビールを飲む回数や、
    甘いものの量が増え、毎日、食後にドーナツ2個やアイスクリームを食べていたこともあります。
    それでも痩せていくのですから、かなりのストレスだったのでしょう。
    膝に水が溜まるのは、余分な水分や老廃物がオーバーフーローしていしまうんでしょうね。

    昨年の5月、上級幸せコースが始まるのと同時に、仕事で厳しい状況になりました。
    数ヶ月後には、膝に水が溜まって腫れて長引く様子を見せました。
    食事では「良い陽性の取り入れ方」を心がけ、美風さんに教えていただいたお手当もして、
    中川さんには何度もメールでご飯の炊き方を見ていただきました。
    その節は、どうもありがとうございました。

    体調が回復してから、夫は自分から、
    「お酒と甘いものと激しい運動を、1日に3つ重ねない」ことを意識するようになり、
    夜、「あーなんか甘いものが食べたいなあ」と言っても、
    ソファでipadをいじっているうちにその気がなくなってしまうことが増えました。
    もともと、買い置きはしないことにしているので、
    食べるには買いに行くしかないのですが、かつてはわざわざ買いに行ってでも食べたかったんですね。

    後で本人から聞いたのですが、
    一番、精神的に辛いときには、鬱病になるのではないか、とも感じたそうです。
    アグレッシブで陽性になりやすい人ですが、くよくよ考える面もあり、
    そんな中でも、玄米ご飯と出汁で、
    「良い陽性」をしっかり摂っていたことで乗り切れたのではないかと思います。

    こんな経験をしていたので、前の記事の

    >そのための第一歩として、食べるものは陽性にもって行ってほしいのです。

    良い陽性が入ると、悪い陽性が減る、ということが、すとんと腑に落ちました。

    先日ご報告したように、新しい仕事が決まりましたが、
    それはそれで、緊張感が高いようなので、しっかり、サポートしたいと思います。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。
    • マクロ美風 のコメント:
      しろうささん、こんにちは。
      早速のコメントをありがとうございます。

      以前のご主人の食生活を思うと、仮に食後にアイスクリームを召し上がったとしても格段に別世界のような気がします(笑)
      それほどご主人のお仕事は相当神経を使うのだと思いますね。
      傍から見ると大変だと思っても、案外当の本人はそこにやり甲斐を感じていたりするので、外野からはなんとも言えませんが体は正直に反映してくれます。

      まだ転職されたばかりで緊張の連続でしょうが、帰宅されたら最初は陰を、そしてメインは陽を、最後はまた陰で締めくくったら落ち着いた食後になると思います。

      それにしてもしろうささんのサポートは見事なものでした。
      先日のちらし寿司のお弁当で、ご主人のビジネスパートナーが言われたように、「君のワイフが作ったのか?君は幸せものだ!」の言葉は最高のご褒美でしたね。

      緊張の連続のご主人がホッとして良い陰性に浸れる瞬間。
      それがお弁当の時ですね。
      ぜひこれからもご主人に良い陰性のひとときをプレゼントしてあげてください。
      中川さんの「自分を持って行ってもらう」お弁当を実行されているしろうささんを嬉しく思っています。
      今後の事後報告も楽しみにお待ちしております。
      • しろうさ のコメント:
        返信ありがとうございます。

        >まだ転職されたばかりで緊張の連続でしょうが、帰宅されたら最初は陰を、そしてメインは陽を、最後はまた陰で締めくくったら落ち着いた食後になると思います。

        アドバイスありがとうございます。
        転職前よりも2時間ほど帰宅が遅くなりました。
        今のところ、帰宅後21時くらいに軽めに食べてもらっていますが、昼食後の時間が長くなるので、夕方用のおむすびを持って行こうか、など2人で話し合っています。

        昔は夫が私の作った料理を食べるのは、週末だけでしたから、今は責任の重みを受け止めつつ、
        頼りにされるのは幸せです。
        先日のちらし寿司の件は、本当にうれしかったです。
        これも本物を教えていただいているおかげ、と感謝しています。
        またご報告させていただきます。
        • マクロ美風 のコメント:
          おやおや、ご帰宅が2時間も遅くなったのですね。
          それはちょっと困りましたね。
          それでも日本の働き蜂サラリーマンよりは良い方ですけどね。

          そうなったらやはり途中で1食を軽めに召し上がってもらった方が体には良いですね。
          その時間帯なら陽を入れるのが理想なので、おにぎりはベストな選択だと思います。
          ほんまもんのおにぎりも中川さんから習っているので安心ですね(^O^)v
  2. あやか のコメント:
    はじめまして、美風さま。
    以前よりブログを拝見していたものです。
    ご面識も無いのに突然のコメントで恐縮ですが変な話をさせてください。

    昨日、歯科医院に定期検診に行き、虫歯が見つかりました。
    私は、幼少の頃から虫歯に本当に悩まされてきました。
    歯磨きは自分でもきちんとしている自信があり、歯石もほとんど無いのに
    定期検診の度に虫歯が見つかり、絶望的な気分になることがしばしばです。
    昨日も帰り道、ひどく落ち込み、涙が出てきました。

    虫歯も含めて今の「自分の思い通りにいかないこと」の原因のひとつが、
    砂糖の摂り過ぎであるということはなんとなく感じ取れます。
    甘いものの摂取量がとにかく多いのです。
    チョコレートも1粒2粒ではなく、1袋平気で食べます。
    一度、当時通っていた整体の先生に勧められておやつを2週間食べない生活を送ったことがあります。
    3kg痩せ、精神的な不安定さも減りました。
    それでも、どうしても、やはり甘いものが止められないのです。
    完全に支配されている感じです。

    そんな日に、この記事に出会ったので思わずコメントさせて頂きました。
    突然、自分の話ばかりして申し訳ありません。
    今年中にぜひ愛クラスを受講したいと思います。お会いできた暁にはどうぞよろしくお願いいたします。
    • マクロ美風 のコメント:
      あやかさん、初めまして。
      以前からお読みくださっているとのこと。
      ありがとうございます。
      コメントをいただきまして嬉しかったです。

      甘いものがそんなにお好きなのは必ず私が書いた中のどれかに思い当たることがあるはずです。
      おそらく精神面から来ていると思います。
      虫歯になる原因はさまざまですが、歯磨き云々の問題とともに「歯や歯茎の質」も影響します。
      精神面は口腔内の環境まで変えてしまいますので怖いですよ。

      よく噛まないと歯には汚れが溜まりやすいので、左右まんべんなく噛むことも重要です。
      甘いものはあまり噛まなくても良いものが多いのも問題ですね。

      穀類や野菜を噛みしめて得られる穏やかな甘味で満足出来ると、静かな幸せがやってきますよ。
      過剰な刺激が過剰な味を求めるのでね。

      愛クラスでお目にかかれたら、いっぱい伝授して差し上げます。
      楽しみにお待ちしていますね♪
      • あやか のコメント:
        美風さま

        あたたかいコメントを頂き、ありがとうございます。
        精神的なものは勿論ですが、まず習慣になっている部分も大きいと思いますので、そちらだけでも頑張ってみようと思います。
        家と職場にお菓子は置かないように・・・。

        早く愛クラスを受講して、美風さんと中川さんにお会いしたいです!
        ありがとうございました。
        • マクロ美風 のコメント:
          そうですね。
          まずは習慣を変えることから始めてみましょう。
          案外とそれだけでも変化が出てきたりして、そのうえ欲も出てきたらしめたものです。
          応援していますから頑張ってみてください!
  3. さっこ のコメント:
    美風さん
    こんにちは。

    ありがとうございます。
    夜になって、子供が眠って静かになると
    ほっとして甘いものが食べたくなります。
    自分でも、原因はストレスなんだなってわかっています。

    お仕事、家事、子育て、
    どれも自分が好きでやっていることなのに
    それでもストレスが溜まることがあります。
    贅沢だなって思います。
    おうちの中が好きだけれど
    毎日外へ出て気分転換しないとやっていられず
    散歩して外の空気を吸うと、さぁまたおうちに帰ってがんばれるぞ、という気持ちになります。

    いつも心地よくいられるように
    今からまた改めます。
    まだまだ余計なものをたくさん抱えているような気がしているので
    もう少しシンプルで身軽な自分になりたいです。
    • マクロ美風 のコメント:
      さっこちゃん、こんにちは。

      育児中はなにかとストレスが溜まるものです。
      それで普通です。
      だからたまには自分へのご褒美として甘いものを堂々と食べてください。
      ただし、食べ過ぎるとボディラインにツケがまわって来ますからご注意を(笑)

      一日に一回は外へ。
      いいじゃないですか。
      こうちゃんのためにも外に出てあげましょう。
      一日に一回は天井のないところで発想の転換をはかりましょう。
      こうすることによってスケールの大きい気持ちになれます。
      陰陽の切り替えですね。
      まだまださっこちゃんはポッケにいっぱい入っている(笑)ので、どんどん捨てちゃってください。
      ポーン! ポーン!
  4. のコメント:
    美風さん、こんばんは。
    大切なことを改めてわかりやすく、ありがとうございます。
    他の方へのお返事、とくにしろうささんへのお返事も読ませて頂きました。

    主人が、けっこう大酒飲みです。
    お酒が好き、飲むのが好きなたのしいお酒なので
    陽性なおつまみをちょっと用意しておいて眺めているのですが、
    本音を言うと、もうちょっと必要なくなるといいなぁと思っています。
    朝も起きにくそうだし・・・。

    帰宅が23時を超える週に何日かあるので
    そういう時はなるべく消化によくてほっとできるものを、と
    麺類にすることが多いです。
    早くても21時は過ぎるのでごはんとお味噌汁の日でも、
    やっぱりなるべく消化よいものにしようとすると、だいこんやお豆腐など陰性めになることが多くなっています。(プラス、陽性なおつまみすこし)

    そのかわり陽性なものは朝のお味噌汁や、お弁当に動物性のものを入れて摂るようにしたり
    夕方食べるようのおにぎり(約200gのを2つ持って行っています)に鉄火味噌を使ったり、と
    1日の中でバランスがとれるように、と思っているのですが、
    これでいいのかいまいち自信がありません。。
    (動物性の毒消しや鉄火味噌のとりすぎは、気をつけています)

    本人は、調子よさそうなんですけど、
    やっぱりお酒の量が多い気がするし、冬でもまずビール!だし、
    楽しそうだからいいのかなぁと思いつつも、疑問は尽きないです。
    • マクロ美風 のコメント:
      舞ちゃん、こんばんは。

      おお、色々考えて作っていますね〜。
      それでいいですよ〜。
      一日のうちにバランスが取れれば上出来です。
      ご主人の場合は自営だから、使われている人より責任とお金のことがストレスになるんですよ。
      それを夜のお酒で和らげたいのだと思います。
      それにきっとおつまみが美味しいからよけい量が増えるのかも(^^)

      もともとお酒が好きな人は、そのお酒が楽しみで働く面もあります。
      ですから、一日頑張ったご主人へのご褒美として、気持よく飲ませてあげましょう。
      飲めなくなったら具合が悪い証拠です。
      それからね、お家で飲むお酒は安いものです。
      外で飲むお酒よりう〜んとね。
      だから大目にみてあげましょう。

      まずビール、というのは飲物の軽さとしていいんです。
      何にでも合うというのもありますね。
      今はそのままで良いのではないでしょうか。
  5. おはる のコメント:
    美風さん、こんばんは。
    あれこれ探し物をしていたら、こちらにたどり着きました。
    思えば、以前一人暮らしの時は、家ではお酒も甘いものも皆無に近く、
    半年に1回もあったかどうか、、も記憶にもなく、、だったのが、
    3年ほど前に家族と同居してからは、家でも職場でもいただくようになってしまいました。
    朝の寝起きも一人暮らしの時は苦労した記憶も全くなくて何も覚えてないのが、
    今では朝、布団から出られなくて、まさしくその通りだと思いました。
    自覚していないストレスのせいにしてましたが、元を辿れば、ストレス耐性のなさ、
    「足るを知る」を忘れた不満の心だったのだと、心当たりありです。
    そして甘いものに頼って、無限のループにはまってました。

    先日からの記事の即断即決、瞬時の判断を適確なものにしていくためにも、
    お酒と甘いもの、よくよく考えてつきあって行きます。
    欲しくなった時は「もうどーでもいいから、とにかく緩めたい!」という心境なのですが、
    その時に発想を変えて、踏みとどまらなければ、と思いました。

    この前後の記事も併せ、改めて今だからこそ、ぐっと新鮮に腑に落ちました。
    みなさんのコメントも、勉強になりました。
    貴重な記事をありがとうございました。
    • マクロ美風 のコメント:
      おはるちゃん、こんばんは。

      まあ、懐かしい記事をよく見つけてくださいましたね。
      甘いものが入る生活と入らない生活を体験できてよかったのではないでしょうか。
      ご家族様との関係で甘いものをいただくこともあるでしょうが、最後はお約束の糠漬けを2、3切れ食べておきましょう。

      >欲しくなった時は「もうどーでもいいから、とにかく緩めたい!」

      こんな時には、グレープフルーツジュースを飲んでみるのも良いのではないでしょうか?
      液体は早く効果が出ますので、30分くらいで陽性がゆるむのを実感できますよ。
      でもね、精神的なストレスは、原因の根本解決が必要ですから、それなくしては一時的な気休めにしかなりません。

      不満はストレスの自家発電機です。
      ぜひ発想の転換を図りながら、不満を減らして行きましょう。
      陰陽の考え方は、不満の解消に大いに役立ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です