からだ」カテゴリーアーカイブ

あと半年!

最後の髪染めから4か月が経ち、長い髪をショートにしてから3か月が経ちました。
髪染めをやめたいと思った直接の動機は、耳の後ろの皮膚のただれが原因です。
皮膚がジュクジュクして汁が出てきていたので、そのまま髪を染めるのは嫌だから止めたのでした。
髪を染めなくなると、3週間で皮膚は綺麗に治ったのでヤレヤレです。

前の記事にも書きましたが、髪を染めない快感というのはかなりのもので、とても気持ちがスッキリしていいものです。
髪を染めているときには、どこかで「老けて見えないようにしたい」意識が働いていたのですが、今は「これが本当の私」みたいな、居直りにも似た気持ちが芽生えています。
まあ、居直りっていうとあまり表現はよくないのですが、どこかで割り切った感があるのは事実です。

過去に髪を染めた部分が残っていて、それが白くなるまで待つのは気が遠くなるので、思いっきり短くして早くケリをつけようと何度もカットをしていたのですが、先日は襟足を刈り上げて超短くしました。
季節柄、急にこんなことをすると襟足がスースーして寒いです・・・。
でも、自然の寒さなので、クーラーの風が当たる寒さよりはマシです。




後ろ側は黒い髪が多いのですが、前の方は真っ白なんですよ。
髪染めが残っている部分が約7cmなので、あと半年の辛抱です。
半年経ったら、髪染め部分よさようなら(^^)/~~~が出来ます。
そうしたらまた髪を伸ばそうと思っています。

別にお見せするようなものではないのですが、自分の記録(黒い髪の思い出)として写真を残しておこうと思いました。
教室でお会いする塾生さんには、しばらくお見苦しい姿をお見せしてしまいますが、お許し下さいね。


カテゴリー: からだ | コメントする

食事日記の効用

むそう塾の幸せコースでは、食事日記をつけてもらって、それに対する私のアドバイスが一人ずつにあるのですが、そのアドバイスを実践してくださった人は、ビックリするほど変化をされて、とても嬉しく思っています。

昨日も塾生さんとお話をしていたら、一番出汁をとってお料理をするようになってから、物凄く行動がしやすくなって、疲れが減ってきたと報告してくれました。
これは一番出汁のミネラルが効いてきた証拠ですね。
(本枯れの鰹節は発酵食品であることもお忘れなく。)

また、夜にはこんなメールも届いていました。
ご飯が美味しく炊けるようになり、毎食しっかりいただいていたら、
パンも甘い物も全然欲することがなくなりました。
エネルギーをつけて、良い方向に進めるようがんばります!

この塾生さんには、玄米ご飯を無理に少量炊くのではなく、基本の炊飯量に戻して、消化の良い玄米ご飯を食べるようにアドバイスをしたのです。
その結果、パンと甘いものへの欲求が変わりました。
これはもうマクロビオティックの教科書的な変化です。
ここから本物の健康へスタートするのです。

そんなこともあって、来年度は食事日記の指導を早い段階で行おうと思います。
そして、陰陽の指導方法も、より具体的にしようと考えています。
お料理指導もマンツーマン、食事指導もマンツーマン、そうして初めてマクロビオティックの陰陽を実感していただけると思うからです。




(南瓜の含め煮 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
「2018年度(第10期)幸せコース」授業日程のご案内
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる, からだ | コメントする

食事日記のアドバイス後

昨日、今日と、幸せコースの授業が終わった後、塾生さんとお話をしていたら、「食事日記の後から変わり始めた」というご報告が複数の方からありました。

食事日記のアドバイスで、ご飯の量が足りないと指摘されたAさんは、忙しいお仕事ではあるものの、頑張って玄米ご飯を炊くようになりました。
愛クラスも再受講してサードジェネレーションの炊き方をマスターしたり、一番出汁もせっせと取ってくれるようになりました。

すると、どうでしょう!
今月のAさんは、お肌がキレイになって、色が白く見えるようになりました。
ご本人も、「ぐっすり眠れるようになった」とおっしゃっていました。
「私、やっぱりご飯が足りなかったんですね」とご納得されていました。

次はBさんですが、Bさんの食事日記に対しては、かなり厳しいアドバイスをしました。
甘いものが多すぎるので、お出汁をしっかり摂ってお味噌汁を飲み、玄米ご飯もちゃんと召し上がってもらうようにアドバイスをしました。
すると、甘いものが格段に減り、甘いものへの味覚も変化してきたとのこと。
そして、体調がよくなって来たので、ご主人との仲も良くなったと話してくれました。
前にはご主人様との不仲を相談されていたので、このご報告がとても嬉しかったです。

*   *   *

食事日記を細かく見て指導して行くのは、とても大変な作業なのですが、こうして体調が良くなったというご報告を受けると、「ああ、やっぱりやって良かった」と思えるのです。

体調が悪くなるのも、良くなるのも、案外と単純なことなのです。
その単純なことを実行出来た人と、出来なかった人が明暗を分けるのです。
「むそう塾の三種の神器」は、間違いなく体調を良くしますから、騙されたと思って実行されると良いですね。

今月の幸せコースは、煮物の授業です。
「里芋の炊いたん」「手綱蒟蒻直鰹煮」「中川式筑前煮」の三種類ですが、これまた最高に美味しいので、復習も楽しくなることでしょう。
煮物はとっても体に優しいお料理なので、どんどん復習してたっぷり召し上がってください。
ジワジワと体力がついてきますよ。




(中川式筑前煮 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
「2018年度(第10期)幸せコース」授業日程のご案内
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる, からだ | 4件のコメント

掛け布団の重さと腰・首・頭の関係を体験した日

私は「マクロ美風の家事アドバイス講座」で、眠りの環境と質をとても大事にしてアドバイスをしていますが、少し前に掛け布団のことで面白い体験をしました。

その日は10月だというのに11月下旬の寒さで、京都のマンションでも床暖房のスイッチを入れました。
仕事をしながら、今夜は寒いからお布団を冬用に替えなくちゃと思っていたのですが、仕事に集中していて、深夜の2時過ぎに寝室に行ったところ、お布団を替えるのをすっかり忘れていたことに気がつきました。

何日か前から季節外れの寒さだったので、夏掛けの上に綿のタオルケットを載せて寝ていたのですが、さすがにその夜の寒さは羽毛布団でなければ駄目だと思いました。
でも、その時間から羽毛布団を取り出してカバーをかける作業をするのが、その日は億劫に感じて、そのままベッドに潜り込んだのです。

でも、潜り込んだ途端に「あ、これは駄目だわ」という寒さだったので、息子が使っていた夏掛けをかけて、さらにタオルケットもかけました。
つまり夏掛け2枚+タオルケット2枚を掛けたわけです。

よしよし、これで大丈夫。
すぐ眠りに落ちたのですが、朝目がさめると何となく首と頭が重く感じます。
そして、腰も痛いのです。
変だなあと思いながらも一日仕事を続けていたのですが、お昼すぎまでそれらの違和感は治りませんでした。

そしてその日の夜も日付が変わって2時すぎにベッドに入ったのですが、寒さは前日と同じだったので、ズボラをしてそのまま昨夜と同じ物を掛けて眠りについたのでした。
いつもより寝心地が悪いような気がしながら。

4時間寝て目が覚めると、「あれ? 昨日と同じ感じだぞ?」という違和感です。
そしてやはりお昼すぎまでその重さは解消されません。
腰の痛みも同じです。
それでハタと気づきました!
原因は掛けたタオルケット2枚の重みだったのだと。

それで、3日目の夜はちゃんと羽毛布団を掛けて寝ました。
すると翌朝は、どこも重いところも痛いところもなく快調でした。

*   *   *

【結論】
体力のある人はタオルケット2枚の重さなんてと思われるでしょうが、私の場合はその重さでも体がベッドに沈む違いを腰が感じ取りました。
そして、そうなると首がいつも以上に曲がるために、首と頭が重い感じになったのだと思います。
首と頭の痺れているような重さは誠に不快で、いつもスッキリと目覚めて機嫌よく行動している私には初めての体験でした。
病人には重い布団を掛けないようにするのは、こういうことだったのかと思ったのです。

くだらない内容のように思えますが、もし寝起きが快調でない人がいたら、それがベッドやお布団や枕のせいだったりすることも考えられるので、少しでもご参考になればと思って書いてみました。

そういえば、義母はがん治療のために入院中、肩の下に敷いたバスタオルが1cmずれただけでも「痛いから直して」と何度も私に言っていました。
病気の時ってそういうものなんですよね。
枕の高さだって、ナーバスになり過ぎのような気もするけど、それがその人の体調でもあるわけです。

忙しさにかまけてズボラにしてしまった結果ですが、「掛け布団の重さと体調の関係」を体験することが出来て良かったです。
これは赤ちゃんの掛け布団についても同じように考えられますね。




(牡蠣の時雨煮 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
「2018年度(第10期)幸せコース」授業日程のご案内
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: からだ, マクロ美風の家事アドバイス講座 | コメントする

ママのエネルギーを奪って成長する赤ちゃん

昨日は「上級幸せコースのうどん出汁を使ったお料理7選」の講座がありました。
第5回目で、これが最終回になります。
(講座の様子はこちらからご覧ください。)
全部で50名の方に、あの絶品お出汁とお料理の数々をお伝えしました。
これからの季節にピッタリのお料理ばかりなので、早速ご家族様にも喜んでいただけることでしょう。

授業が終わった後、舞ちゃんが赤ちゃんを連れて教室に戻って来てくれました。
(私の頭は今、このくらい白くなりました^^; 髪染めを止めて3か月経ちました。)



大きくなったようちゃんは、ママのおっぱいをたっぷり飲んで、元気そのものでした。
あれ? ご機嫌ナナメだぞ。



今年の夏に、初めてようちゃんを託児施設に預けて、授業を受けた時の舞ちゃんは、こんなふうに教室で泣いていました。
ようちゃんと離れていることが心配で心配で・・・。
(菜花ちゃんが励ましています。それにしても菜花ちゃんは綺麗♡)



大丈夫ですよ。ちゃんと育っています。
たくましさも感じるくらい力も出てきたので、ハイハイももうすぐですね。

この美味しいお出汁と貝をたっぷり召し上がって、ママもパワーアップしてね。



(蛤うどん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
「2018年度(第10期)幸せコース」授業日程のご案内
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, からだ | 4件のコメント