こころ・想い」カテゴリーアーカイブ

マクロビオティックの自然な伝播に拍手!

私がマクロビオティックを知ってから、嬉しいことはいくつもありましたが、周りの人が良い方向に変化していく時が一番嬉しいです。
人には当然のことながら個人差がありますから、陰陽を深く理解したい人、陰陽はそれほどではなくても美味しいものを食べたい人、どちらも深く追究したい人、それぞれです。

多くの人が良い方向に変化して行くさまを見ていて、知識が確信に変わって行くのですが、それでもまだ油断はできません。
人は心にも体にも波があるからです。
何年にも亘って「その人」を見続けてこそ、陰陽の本当の力を感じることができますね。

上っ面の陽性と真の陽性の違い、陰性だと思える状態の蔭に潜む陽性。
そういうのを理解するのは、やはり時間の経過も必要です。
そうこうしているうちに、「その人」の変化を周りが感じるようになってきます。
そこで初めてマクロビオティックの伝播が自然な形で起きるのです。

性急に他人に押し薦めるものではありません。
自分と波長が合えば取り入れればよいし、合わなければ「一つの考え方」と思うだけです。
哲学や思想って本来そういうものですよね。



先日、嬉しいことがありました。
むそう塾生のKさんのお母様が愛クラスに申し込んでくださったのです。
Kさんは、2013年8月に玄米の炊き方を習いに来られて、翌2014年から「幸せコース」に通い始めました。
必要以上に緊張してしまうKさんは、愛クラスの時も幸せコースの授業日も緊張でお腹が痛くなってしまうほどでした。

でも、その後「上級幸せコース」「満足コース」と進むにつれて、嫌いだった食べ物が美味しく食べられるようになったり、彼女の作ったお料理をご家族が絶賛してくれたりして、陰陽でお料理することの凄さをジワジワと実感されたのでした。
そして、彼女はお料理の楽しさに目覚めて行きました。

それとともに体調もだんだん変化して、ついには精神面まで前向きに変化して、恋人が出来ました。
彼の方からおつき合いを申し込まれたのですが、彼はKさんのことを「いい顔してるなー こんな子がいたらいいなー と思ってた」とのこと。
彼女が「いい顔」でいられたのは、ひとえに心身が良い状態でいられたからですね。



そんな彼女の変化を見て、お母様も何かを感じ取ってくださったのでしょう。
これこそが、Kさんがご自分の身をもってマクロビオティックを伝えたことになります。
むそう塾にKさんが来られてから4年5か月。
納得しながら一歩ずつ前に進むKさんには、奥深くに存在する陽性の力を感じます。
その陽性さを、これからの日々に反映して素敵な人生になってくれると信じています。

そして、お母様との新しいご縁にも感謝しながら、一つひとつ心を紡いで行きたいと思います。



(菜の花のからし和え 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, からだ, こころ・想い | 3件のコメント

安全地帯と居場所

突然ですが、私、玉置浩二って好きなんです。
あのシャープさがいいですね。
でも、歌は限りなくやさしい。
(ここに陰陽があります)
「安全地帯」という名前がピッタリです。
(理由は後から)

小室哲哉さんの件もそうですが、過度な負担(=緊張=極陽性)に置かれると、人は束の間であっても癒やし(=緩み=陰性)を求めます。
これをマクロビオティックの陰陽で考えるなら、極陽性から極陰性の方向に向かうわけですが、その過程で、ある人はお酒を求め、ある人は甘いお菓子を求め、ある人は話し相手を求め、ある人は薬を求め、そうして人は陰陽バランスを取ろうとします。

誰にでも起こりうる状態。それが陰陽の偏りです。
それは偏りを知っていても解決できない生き癖のような面もありますが、せめて心に「安全地帯」があると、結果は大きく異なってきます。

この人の前なら自分のすべてをさらけ出せる安全地帯。
この人なら絶対自分を包み込んでくれる安全地帯。

そういう人が一人いるだけで人は生きられます。
安全地帯とは居場所でもありますね。

誰しも誰かの居場所になれるのですが、夫婦間、親子間では絶対あって欲しい場所ですね。

おまけ ワインレッドの心



(教室の置き花:マクロビオティック京料理教室  むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: こころ・想い | 4件のコメント

「夫婦の時間を大切に育んで行きます」 塾生さんのメールより

今朝は嬉しいメールが届きました。
塾生のKさんは、お仕事が大好きな有能な女性です。
昨年結婚されたのですが、お帰りはご主人様より遅くなることも多く、胃腸の調子が良くない日々が続いていました。

ご本人から相談を受けていたので、私は厳しいアドバイスをしました。
そして、このままでは破局につながることも伝えました。
利口なKさんは、すぐ食生活を見直してくれて一週間が経ちました。
マクロビオティックでは、食べ物が精神面に及ぼす影響を説いていますが、まさにKさんはそれを一週間で体験されました。
Kさんからのメールがとても参考になりますので、ご紹介しましょう。

<Kさんからのメール>  

美風さん、

おはようございます。

先日のむそう塾の翌日から、昼は手製玄米弁当、夜も手作りのご飯を毎日頂いたら、かなり落ち着き、いい感じです。

夫と同じお弁当を食べているのは、何とも気持ちが温かく、こうして夫婦は作られていくんだな、と思いました。

いかに早く効率よく仕事を切り上げるかを考え、献立を考えながら、買出しと家事リストを書き出すことで、あっ、あれ忘れた、ということも減り、何より家事がストレスではなく、楽しい時間になりました。そして、この隙間時間にこれをやりたい、もっと動きたい、と思うようになりました。

深夜まで働き、お酒を飲んで廃人と化していた日々とは別人です。

夫からも落ち着いていてかなりいいね、お弁当もありがとう!美味しいよ、と嬉しい言葉。
早く帰ることで落ち着き、食べ物で性格がこんなに変わるんだね、と話しています。

昨日は久々に葉山の海に二人で行き、挙式をした八幡様にお礼参りをして、これまでなら外で飲んでいたところを、家でご飯を食べて、たくさん話をして、とってもすっきり、穏やかな時間でした。

おかげで今朝も元気で、両親に届けるために玄米を幸せな気分で炊きました。こんなにも、平日も週末も疲れを覚えず、ずっと穏やかに過ごせたのはどのくらいぶりでしょうか。

まだ一週間、されど一週間
この生活スタイルを維持しながら、夫婦の時間を大切に育んで行きます。

いつも中川さんや美風さんに見守っていただき、麗可ちゃんやTAMOさん、クラスメイトに応援してもらえて、本当にありがとうございます。

K

*   *   *

<マクロ美風より>

Kさん、良かった! 本当に良かった!
独身の頃から、どうしても仕事に傾きがちになってしまうKさんの性格を知っていたからこそ、健康を、そしてご家庭を大事にしてほしいと伝えたのですが、見事に頑張ってくれましたね。
食べ物の影響が健康面だけでなく、精神面まで及ぶことをしっかり体験されて、結果としては良かったと思います。

私がとても嬉しかったのは、玄米のお弁当をご夫婦で召し上がってくれたことです。
夫と同じお弁当を食べているのは、何とも気持ちが温かく、こうして夫婦は作られていくんだな、と思いました。

そうなんです。
「お弁当とは自分を持って行ってもらうものである。」というのがむそう塾の教えですが、お昼にご夫婦が離れた所でそれぞれのお弁当を召し上がっても、心はちゃんとつながっているのです。
お昼にご主人様は、心にあなたの存在を確認して、「結婚して良かったな」と思われたことでしょう。

1食1食の積み重ねは、心の会話でもあります。
食事を通じて本物の夫婦になるべく、むそう塾仕込みの美味しさを大切にしてくださいね。
上級幸せコースでは美味しいものがズラリと並んでいますので、今から楽しみにしておきましょう♪




(小松菜とお揚げさんの煮浸し 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

あっという間に作れて、忙しい人には大助かりのメニューです。
煮汁がとても美味しいので、お味噌汁やお吸い物が作れなかった時でも汁物代わりにもなります。
(上級幸せコースのメニューより)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, 食べたもののようになる, からだ, こころ・想い | 2件のコメント

「牡蠣効果が、凄いです!」 塾生さんの体験より

先日開催した「牡蠣料理五種」の講座を受講してくださった皆さんは、その美味しさに圧倒されて、すぐ復習されているようです。
すでにお弁当に「牡蠣ご飯」を入れたり、「牡蠣パスタ」の美味しさに酔いしれているTweetも見受けられます。
当日の記事へのコメントからも、感動ぶりが伝わって来ます。

今朝も“おはる”さんからメールが届きました。
体調を綴ってくれているので、ご紹介させていただきます。

<おはるさんからのメール> 抜粋

美風さん、おはようございます。

牡蠣効果が、凄いです!

朝の目覚めもとても良くなりましたし、
いろんな悩みや不安も吹っ飛んで、
同じ注意を家族から受けても、くよくよせずに
さらっと受け入れ、又は聞き流したり、
自然にできてます。

今までいろんなストレスを、甘いものふわふわしたものに逃げて、
どんどんミネラルを失ってたと、。

同じ陽性でも、
牡蠣のミネラルが必要だったんだと。

幸い近場で新鮮な牡蠣が採れるので、
毎日楽しくいただきます!

昨夜はウワサ通り?!パスタに倒れそうでした。汗。

牡蠣講座開催までに至った、みなさんに感謝です。

ありがとうございます。

牡蠣で陰陽が変わって、
いろんな流れが良くなる予感です。

おはるより

*   *   *

<マクロ美風より>

おはるさんには牡蠣のミネラル成分がバッチリ合ったようです。
陽性というと、すぐ塩分をイメージしてしまう癖がおはるさんにはあるのですが、塩より優しい陽性の牡蠣には、現代人の多くが不足しているミネラルがたっぷりなので、このような効果が出てきたのでしょう。

精神面での効果がおはるさんらしいと思いました。
陽性さが増えた結果、今までとは違う精神状態になっていることが分かります。
食べ物の影響って本当に凄いものです。

中川さんが何気なく作ってくれた牡蠣のパスタ。
その美味しさにビックリした私が、ぜひ塾生さんにお伝えしたいと思って講座にしたのですが、想像どおりの反応に安堵しています。
食材の旨味というのは、こういうふうに引き出すのか!という学びがあって、皆さんがビックリされていました。

あんなに食べたのに、また欲しくなる美味しさの牡蠣パスタ。
一生のお楽しみメニューになることでしょう。

ちなみに、息子は牡蠣が嫌いだったのですが、「おいしい^^」と言って食べておりましたよ\(^o^)/




(牡蠣パスタ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, からだ, こころ・想い | 4件のコメント

4年8か月をかけて変化した玄米ご飯の炊き上がりと物事の終わり方

先日玄米投稿で54点を叩き出したむそう塾生の“こつぶ”さんからメールをいただきました。
その中にご自分の歩みを書かれた部分があって、懐かしく読ませてもらいました。

愛クラスに初めて参加した2013年5月3日の写真、パスを頂いた2013年8月27日のご飯の写真、そして昨日の54点の400炊きの写真。
それぞれ見返すと、美風さんがおっしゃっていた「螺旋階段」がよくわかりました。
あれからもうすぐ5年、少しは成長したようです。お二人や麗可ちゃん、皆さんのおかげです^^

こつぶさんは愛クラスを受講される前(2013年3月)に、当時営業していた中川さんのお店である“なかがわ”で福ZENを召し上がっていたのでした。
そして2013年の5月に愛クラスを受講され、2014年の5月から「第6期幸せコース」に通われました。

2016年には「第3期満足コース」に通われたのですが、とても熱心に練習されて、途中から出汁巻き玉子の上達が目を見張るように変化していきました。
彼女はどこかに「自分で納得して進む」進度計のようなものがあって、それがピタッと噛み合わないと進歩しない特徴がありました。

*   *   *

そのような彼女が、2017年12月24日に愛クラスを再受講されました。
目的はサードジェネレーションの玄米の炊き方を知りたいからでしたが、教室でも玄米投稿でも54点の高得点でした。
特に3回目の玄米投稿は、400ccの玄米ご飯を炊くという難易度の高い挑戦でしたが、見事に54点の玄米ご飯を炊き上げたのです。

彼女はご自分でも述懐されているように、何かを会得するとき時間のかかるタイプでした。
玄米炊きのパスポートを取得されるまで、実に4か月、50回以上の玄米投稿を経たのでした。
でも、今回は見事な炊き上がりを見せてくれたのです。
これは彼女が心からコトンと納得した結果だと私は思っています。

彼女が玄米炊飯にここまでかけた4年8か月の年月。
それは彼女の進歩の歴史でもありました。
過去にはできないことから逃げる面があったのですが、今彼女の中には陽性のエネルギーが動き始めています。
つまり挑戦欲ですね。
少しずつ彼女に陽性さが増してきたのが伝わって来ます。

そして、間違いなく彼女はこれから変わって行けると思います。
彼女には粘り強さがあるので、そこを理解してくれる男性がそばにいれば、笑顔の溢れる家庭が築けます。
彼女の笑顔には純粋さがあって大好きです。
過去に2度使わせていただいたお写真ですが、大好きなのでもう一度使わせていただきます。




お料理をすると人生の不安が減ります(むそう塾生の実例) 2015.11.5
お料理には不安を安心に変える力があります 2016.11.5

*   *   *

なお、気持ちが変化して行くと、玄米ご飯の炊き上がりも変わって来ます。
炊く人の陰陽度が炊飯に反映されるからですね。
ちなみにこつぶさんの玄米ご飯の写真は次のように変化しています。

【2013年5月初投稿時】45点

DVC00694


【2013年8月パスポート取得時】52点


【2018年1月愛クラス再受講時】54点


いかがですか?
最後の54点のご飯は、まるで白米かと思うような炊き上がりですね。

こつぶさんが最初の引用文章の中で螺旋階段のことに触れていましたが、それはこちらのコメントの中で登場します。
まるで螺旋階段を1段1段上がって行くように、見慣れた景色であっても、徐々に見え方が変化して行くことを意味しています。
それは完全に同じ位置に戻って来ているわけではないからです。

目に見える進歩がないと諦めモードになってしまう人も多いのですが、その進歩のないときをいかに過ごすかがその人の内面の力です。
むそう塾の「幸せコース」には、桂剥きや出汁巻き玉子という本気で練習する必要のある内容が含まれています。
練習して楽しくなって行く人、うまく出来なくて練習がストップしてしまった人、色々ですが練習すれば間違いなく上達します。

*   *   *

物事は終わり方が大事です。
目標を達成して終えるか、逃げて終えるかで、その後の生き方を左右するくらい影響します。
それは心の持ちようが正反対だからですね。

成功体験で終えるか、不成功体験でトラウマを作って終えるか。
それはマクロビオティックの陰陽の観点から考えても一目瞭然ですね。
陽性(成功体験)で終える方が自信もついて、後々良い影響を及ぼします。
目標達成ができなかった人は、これからでも良いので自信に置き換えられるようにしてみましょう。
不成功を上書きしておくのです。

こつぶさんは玄米炊飯の上書きをされました。
素敵ですね。


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, こころ・想い | 4件のコメント