軒干し


空模様が少し怪しいので窓際に仮干ししよう。 荒縄があればもっとお洒落なのだが。


カテゴリー: 甘い物 パーマリンク

コメント

  1. kimcake より:

    師匠様、一足お先に干し柿を作りました。
    今日はさっそくタルトに仕上げました。
    是非お味見して頂きたいものです。
    師匠の干し柿作品も今から楽しみにお待ちしております。
    どんな変貌を遂げるのでしょね。

  2. zenemon より:

    kimcakeさん こんにちは。 TBありがとうございました。
    美味しそうなタルトに仕上がっていましたね。
    干し柿のたるーーい甘さがどうタルトに仕上がっているのでしょう?
    食べてみたいですねー。 豆腐チーズケーキの部分にレモンを多く入れてサワークリーム風にしてるのかな? 興味あります。 

  3. 娘。 より:

    楽しみにしてまーす。ふふふ(笑)

  4. zenemon より:

    おーマイ娘よ、君には干し柿食べ放題チケットをあげませう(笑)

  5. ソラ より:

    きれいですね。オブジェみたいです。
    実は干し柿、ちゃんと食べたことがありません(^^;)
    でも、善右衛門さんの干し柿作りを見てたらとてもおいしそうで自分でも作ってみたくなりました。
    凛と冷たい冬の空気の中で渋々が甘々に変化していくなんて、なんだか素敵な食べ物だなー、なんて。

  6. zenemon より:

    ソラさん こんにちは。
    干し柿と言えば、お正月の鏡餅に載せる串柿を思い出しますね。
    子孫繁栄の大家族を表し、ユズリハは子孫に残せる資産を表します。
    昔から大事にされてきた干し柿ですが、サトウキビから作る砂糖やコーンシロップにより、その地味な甘さは棄て置かれるようになってしまったのです。
    大事にしましょう。 ゆっくりゆっくり甘くなる柿。時間も調味料なんですね。
    マクロビで言うと時間をかけると言う事は陽の力を加える事になります。冬の食べ物なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です