バースデーのあと半分


娘が買ってきてくれた鯖を片身は〆鯖にしておいた。自分でしめた鯖はやっぱり美味しい。 ごちそうさま。


カテゴリー: sakana パーマリンク

コメント

  1. copo3 より:

    しめさば美味しそうですね。
    しかも綺麗に光り輝いてる!!
    しめさば見たらバッテラが食べたくなりました(笑)

  2. mari_don より:

    きらきらしてきれい~。
    鯖好きだったんですよね。
    しばらく食べていないなぁ。。

  3. shizuer より:

    zen様、こんばんわ!
    お嬢様にパパと呼ばれ、ニンマリする善さまを想像しております☆父と娘。イイですね♪
    〆鯖かぁ~。とっても美味しい画像ですね!鯖寿司とかにも変身できるのかしら?

  4. RBCの後輩・・・・・Y より:

    何と美味しそうな輝きの〆鯖でしょう!!こう言うのをほっぺが落ちると言うのでしょうね。藤井大丸のデパ地下へ愛するパパさんにプレゼントを・・・・と息せき切って・・・・いいお嬢さんです。
    腕によりを掛けて作られたのでしょう!!
    残念ながら、煮た鯖以外を食べると何故か蕁麻疹が・・・・!!焼き鯖、〆鯖もダメなのです。口惜しいのでいつも鯖寿司は鯖を泣く泣くはずして美味しいごはんだけを食べます。蕁麻疹が出て高熱に魘されます。しかし、この〆鯖を見たら何十年振りかで食べたくなります。蕁麻疹は苦しいですが「もう、それでもいいから・・・・食べたい!!」です。
    あ~あ、食べた~い!!
    切り口の冴えもごちそうですね!!

  5. zenemon より:

    copo3さん おはようございます。  旨い鯖でした。 自分の好みの酢加減でしめるからよけいに美味しいんですね。 好物なんです。
    バッテラ好きなんて大阪のお生まれですか?

  6. zenemon より:

    mari_donさん おはようございます。
    きれいに光ってるでしょ? ヒカリモノの代表ですからね。うんうん。
    一切れに三回包丁が入っているんですよ。

  7. zenemon より:

    shizuerさん おはようございます。
    もう父娘ネタは恥ずかしいですー(笑)
    しめさばは鯖寿司、バッテラ、磯巻きなんかに化けますね。
    笹巻きすしや奈良の柿の葉すしなんかが有名です。

  8. zenemon より:

    RBCの後輩・・・・・Yさん おはようございます。
    切り口を褒めていただけるなんて、お目が高い(笑)
    アレルゲンができてしまったのでしょうね。 ほんの少しずつ食べて行くと治ったりします。  無理せずお試しくださいね。

  9. ソラ より:

    遅ればせながら…、しめさば美し?。もう芸術ですね。
    しめさば大好きなんですけど、これはことのほかオイシソウです。
    そうそう、お家でしめた方がお酢加減がいいんですよね。
    昔昔、福岡の叔母が振る舞ってくれたお手製のしめさばがホンットおいしかったのを覚えています。新鮮なお魚を手に入れられる時だけの贅沢ですね。
    ムスメさんの愛情もたっぷりだからいつもの何倍も美味しかったんじゃないですか??あは。

  10. zenemon より:

    ソラさん おはようございます。 京都は雨でございます。
    福岡・若狭・焼津と有名な鯖の産地ですね。 近海ではどこでも捕れる魚ですが、加工技術や食べさせ方の長けた地域が有名になった歴史があるのですね。

  11. マクロ美風 より:

    3年半も前の記事にコメントをしてごめんなさい。
    なぜか今朝は、この記事にマウスが吸い寄せられたようで(笑)

    それにしても見事な切り口ですね~。
    まるで、まだ鯖が生きているようです。
    お箸を向けるとシュッと動きそうな錯覚を感じました。
    お料理の腕もさることながら、携帯でこんなに素晴らしい写真が撮れるものなんですね~。
    中川さんの実力に改めて唸りました。

  12. zenemon より:

    美風さん こんばんは コメントありがとうございます。
    まぁ、懐かしい記事に目を通して下さいましてありがとうございます。
    やはり一番の理解者だと改めて感じ入りました。
    早く調理場が欲しいですね。
    あますところなくお見せしたいです。

  13. より:

    中川さん、こんにちは。
    しめ鯖の作り方、教えていただいてありがとうございました。
    まるまる一匹お魚を下ろすこと自体が、
    今月の幸せコースがはじめてだったわたしが、
    まさか憧れのしめ鯖を作るなんて!

    この画像、何度も見させていただいてからつくったのですが、
    やってみて初めて、このお写真のすごさがわかりました。。
    迷う事無き面の直線と角、ぴしっと締まった身、
    ほんとうにうつくしいです。
    かっこいい。

    わたしも、ふにゃふにゃしない、身もわれていない、
    カッコイイしめ鯖を作れるようにがんばります!

  14. zenemon より:

    舞さん こんにちは
    コメントありがとうございます。
    7年も前の記事や画像からでも学べることがあるのです。
    残しておいてよかったです。
    あなたの進歩に少しでも役だったら本望です。
    これはたしか有次の三徳で切ったと思います。まだ平常一品が世に出ていない頃ですので。
    びしっとした造りを切れるようになってくださいね。 応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です