鱧骨切り特訓講座の復習  Waさん(43-2)

いつもと違う小さい鱧で違った練習になったと思います。
開くときにミンチがいろんなところで出るように思ったでしょう。
(いつもは出ないのに)
それはこの鱧が昨日しめて送ってもらった鱧だからです。
気にすることはありません。
骨切りも良い速度で力まずに打てています。
ミンチ飛んでないってことは刃の角度が揃っているということです。
昨日の鱧ならば焼けば流線がでるんじゃないかな?
鱧蕎麦にも使えそうですね。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ようこ より:

    中川さん
    ご指導ありがとうございます。
    いつもとは違う鱧、とても学びになりました。
    特に無意識に力で対抗していた部分が明るみに出たように感じました。
    おろす時にいろんなところからミンチが出て焦りましたが、しめたタイミングの違いが頭から抜けていました。ここは気にしないようにします。
    活け鱧ではないため焼くことを考えていませんでしたが、次回は試してみます。

    • nakagawa より:

      ようこさん  コメントありがとうございます。
      たくやさんのところから送られる鱧は鮮度が良いので うまく保存すれば翌日でも流線が出せることが多いです。
      細胞の活性を落とさないように保温保湿することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です