子育て中はお部屋が片付かなくても許されます

むそう塾生の緋乃さんからメールが届きました。
子育てのことが書かれていて、子育て中の人の参考になりますので記事にさせていただきます。

 
 

<緋乃さんのメールより>

中川さん、美風さん

こんにちは。
我が家の双子も来週で1歳5ヶ月になります。
大分、こちらの言ってることも理解してくれるようになり、
夜も寝てくれるようになりました。(一人が泣いても起きない)
反面、体力がメキメキとついてきて(ご飯も大人並みに食べるんです!)
エネルギーが有り余って、1日中家に居ると部屋中が荒れに荒れて、
片付けることを考えると毎日泣きたくなります(笑)
手が器用で、開けられないようにロックしても全部開けてしまい、
中からいろんなものを引きずり出して散らかします(泣)
また、2人の物の取り合いなどで喧嘩も増えて、てんやわんやです。

最近、私の体の調子が悪くて、体がだるいし、吐き気もするし、
育児ストレスで胃潰瘍にでもなったのか?と不安になっていたのですが、
ナント!!!!3人目を妊娠していました!!!!
双子が出来るまでも、中々妊娠せず、妊娠しても流産したりと、
自分は子供が出来ずらい身体だと思っていたので、夫婦でびっくりで
とても喜び合いました。
産後からずっとお世話になっている母乳マッサージの助産師さんに伝えたら、
「2回の生理が来ただけで直ぐできるなんて体が健康な証拠ですよ」
と言われました。

むそう塾に通う前、数年前のことですが、流産後に通院していた漢方医に
「こんなカチカチの冷えたお腹じゃ妊娠しませんよ、体が健康なら妊娠するんだからね」
と言われたのを思い出しました。
この数年で私の身体はどんどん健康になったのだなぁと実感しました。
むそう塾にご縁が無かったら、わたしは3人の子宝に恵まれることは無かったと
思います。本当にありがとうございます。

2歳差か〜、とか3人分のオムツか〜とか、
むそう塾のコースに通うのが先になっちゃうなー
とか、いろいろ思うところもあるのですが、
まずは今目の前のことを頑張ります。

双子育児は本当に1歳までは過酷でしたが、
マイナスのことを思ってしまった時、いつも中川さんの言葉を思い出してました。
確か、どなたかにTLで仰ってたのですが、
「子育ても、仕事も、お弁当も全部自分が決めたこと。だれも押し付けてない」
というような内容だったと思います。
わたしは、子供が欲しくて、欲しくて、子育てしたい!したい!といつも思ってましたから、
マイナス思考になった時、その言葉を思い出して
”自分が決めたこと、自分が選んだ道”といつも自問自答しています。

今は悪阻で食べ物の匂いが気持ち悪くて、
食欲もあまりなくて、
お弁当投稿も勝手に休んでしまっています、申し訳ありません。

悪阻が終わったら、また再開させて頂きますので見捨てずにどうぞよろしくお願いします。
出産予定日は1/24です。
産後、落ち着いたら煮物コースにも通いたいと思ってます。
その先にも!!!という気持ちもずっとありますので、
地道に時間を見つけて自己練習しておきます。

次は女の子がいいなぁと思ってます
(双子ではありませんでしたので安心しました)

またいろいろ報告させて頂きます。
取り急ぎ。

緋乃(Na 65-2)

 
 

マクロビオティック京料理教室 むそう塾 一卵性双生児

 
 

(むそう塾生 緋乃さんのお子さん)

*   *   *

<マクロ美風より>

緋乃ちゃん、こんにちは。
3人目のご妊娠、おめでとうございます!
愛クラスに来られた時のあなたのことを思うと、もう別人ですね。
むそう塾に来られる前にされていたマクロビオティック料理にサヨナラして、玄米ご飯からしっかり勉強し直して本当に良かったですね。
あなたに関する記事はたくさんあって、それらの記事を読んだ人は勇気をもらえることでしょう。
そして今回、めでたく3人目のお子さんを授かって、体が順調に変化しつつあるのをとても嬉しく思っています。

ところで、子育て中はお部屋が片付かなくても許されます。
添付してくださったお写真を見て笑ってしまいました。
お子さんのあっけらかんとした笑顔と、そばに転がっている泡立て器がもうすべてを許してくれますね(笑)
お子さんにとっては椅子も調理道具も食べ物もすべてが好奇心の対象なんですから、これでいいんです(^^)
あなたは上手に子育てをされていますよ。

昔から男の子のいる家は障子の桟がボロボロになっていたものです。
障子紙や襖の唐紙は無残に破られていても、それを日常の光景として子育てをしたものです。
ですから、散らかっていても気にしないで子育てを楽しんでください。
ただ、私が家事アドバイスで他の塾生さんにしたように、ハイハイをしている頃からでもお片付けをする方法を教えてあげるといいですね。
「遊びをおしまいにする時にはこの箱に入れようね」というように毎回教えると、子供は真似するようになります。
すぐ出来なくても親がお手本を示しておくのが大事ね。
子供の模倣本能をうまく利用するのです。

あなたと同じように今は子育てに専念して、むそう塾のコースはお休み中のお仲間が何人もいます。
そんな仲間もこれからそれぞれのコースに復帰してくれることでしょう。
お子さんの成長を待ちながら、お母さんのしたいことがあるってとても素敵なことです。
私と中川さんが元気でいる限りはむそう塾を続けるつもりでいますので、条件が許される時に戻ってきてくださいね。
お待ちしています。

 
 

<緋乃さんに関する過去記事>
貧血でフラフラだったのに双子を完全母乳で育てています(玄米とお味噌汁と糠漬けに感謝!) 2015.6.19
双子の赤ちゃんがやって来た! 東京→京都 2015.3.16
一卵性双生児が経膣分娩で産まれました! 2015.1.31
一卵性双生児をお腹に東京から京都日帰り授業の臨月 2015.1.19
妊婦がよくなる便秘や貧血などのトラブルが皆無です! 2014.11.7
流産を乗り越えて男児の一卵性双生児が6か月になりました 2014.10.8
包丁がちゃんと砥げるようになると玄米が柔らかく炊けるようになる 2014.3.2
緋乃ちゃんの変化 2014.4.19

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー パーマリンク

コメント

  1. 緋乃 より:

    美風さん

    こんばんわ。
    美風さんに「片付かなくていいんです」と言って頂き少し
    ホッとしました。
    この写真はまだいい方で、おもちゃ箱も全てひっくり返して、引き出しからも色々なものを引っ張り出し夕方までには足の踏み場が無くなります。
    部屋が散らかっていると落ち着かない私は、服や靴下を脱ぐ散らかす夫にも
    以前はイライラしてましたが、今はもうそんなの可愛い方で、気にならなくなりました(笑)
    もう一人産まれたら、もう諦められるかもしれません。
    子育てはいい意味で自分の中の頑なさや傲慢さを削いでくれる気がしてます。

    双子の上に兄弟がいる家庭は多いのですが(歳も離れている場合が多い)、
    中々、双子の下に兄弟がいる家庭にはお目にかかったことが無く、
    自分でもどうなるんだろうー?と想定外ですが、二人を育てた後だから意外と一人は
    楽に感じるのかな?と少し楽しみにしています。
    そして、中川さんから教えて頂いた手料理をたくさん作って食べてくれる人が増えることが
    とても嬉しいです(夫は仕事が忙しく、あまり夕食を共にすることは少ないので)
    双子も中川式の金平、切干、ひじき豆が大好きで、先日初めて煮麺を食べさせたら、
    ”おかわりする?”の声に歓声が湧きました(笑)
    肉よりも魚が好きで、夫も”自分が小さい頃苦手だったものばかり食べて凄い”と感心してました。二人が美味しそうに食べている姿を見ていると、本当にむそう塾でお料理を習っておいて良かったなーと思います。

    • マクロ美風 より:

      緋乃ちゃん、こんばんは。

      毎日の育児、ご苦労さまです。
      最初のお子さんがいきなり双子ちゃんで鍛えられましたよね〜。
      だから、3人目はもう大丈夫。
      育てる時には大変でも、続けて産んでしまった方が早く育児から解放されていいですよね。
      ですから、このくらいの年齢差でもよいのではないでしょうか。

      >子育てはいい意味で自分の中の頑なさや傲慢さを削いでくれる気がしてます。

      はい、私も子育てによって自分を変えられました。
      正しくは自分を変えないと現実と向き合っていられないという感じです。
      だから子育ては親育てとも言いますね。

      >肉よりも魚が好きで、夫も”自分が小さい頃苦手だったものばかり食べて凄い”と感心してました。

      理想的ですね。
      今はお魚料理が苦手な主婦が多い時代ですが、中川さんから美味しいお魚料理を教わったむそう塾生は、こうしてお子さんが喜んで食べてくれるお魚料理を作れます。
      これからも次々とお子さんが喜んでくれるお料理を講座にして行きますね。
      楽しみにしていてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です