ある塾生さんと身だしなみやお行儀のこと

むそう塾はマクロビオティックをベースにしたお料理教室ですが、日本文化の伝承ということも大切な役目と考えて、カリキュラムにも盛り込んであります。
今月は12月ということもあって、お正月を迎えるためのお料理が各コースで展開されています。
それぞれの習熟度に合わせて、お伝えするお料理のレベルが違いますが、あとは秘伝コースさんのおせち料理を残すだけとなりました。
むそう塾初の試みである京料理人中川善博のおせち料理が、塾生全員の関心の的かと思いますが、ここで難題が・・・。
それは、塾生さん(素人)の腕でも作れるように、料理方法をアレンジするという課題が待ち受けています。
それを実現可能にするため、忙しい毎日の合間に、中川さんは着々と準備を進めています。

さて、その日本文化ですが、ここ京都にはさすがに東京にはない文化が脈々と生き続けています。
普段の暮らし方や街全体を包み込む雰囲気の中に、日本人が忘れかけている大切なものが残っていて、それを感じるときに私はとても幸せな気持ちになります。
その幸せな気持ちをもっと感じたくて、京都にお部屋を借りた私ですが、住んでみると見えてくる京都を、そして日本文化を、塾生の皆さんを通じて伝え続けて行きたいと思っています。

今月の上級幸せコースの授業は、中川式お雑煮の作り方でした。
授業では京都の白味噌お雑煮も試食していただいたり、鴨の治部煮丼まで登場して、皆さんをビックリさせました。
そんな中でふと感じたこと。
京都生まれの京都育ち、何代も続く生粋の京都人である塾生(ふみよ丸)さんのしぐさが、いつも綺麗だなあと思って見ていたのです。
ちょっと写真を探してみました。

最近では治部煮丼を持っているところや白味噌お雑煮のお汁を飲んでいるところがありました。
マクロビオティック京料理教室 むそう塾1

 
 

お椀の持ち方が美しいですね。
マクロビオティック京料理教室 むそう塾2

 
 

試食中のお皿の持ち方も綺麗です。
綺麗にアイロンのかかったエプロンと可愛い模様のお手拭きも清潔感が溢れていて美しいです。
吸水性の良い素材を選択されていますね。
マクロビオティック京料理教室 むそう塾3

 
 

食べ物をいただくとき、そっと手を添えたり、お洋服を汚さないしぐさが日本女性としての立ち居振る舞いですが、彼女は無意識にそれが出来ているだけでなく、見た目に美しい所作になっています。
ブラウスの選び方にもセンスがありますね。
マクロビオティック京料理教室 むそう塾4

 
 

いつも明るめのお洋服で、イヤリングも上手に気配りされています。
清潔感が漂うのは、ブラウスに無粋なシワがないからです。
そして、スカートの上に置かれたハンカチ。これが日本女性の美しいところですね。
マクロビオティック京料理教室 むそう塾5

 
 

彼女はご家庭での躾が厳しかったと話していたことがありました。
それがこんなふうに色々な場面で自然にできているので、その躾は大成功です。
お父様やお母様に感謝ですね。
そしてまた、彼女はなで肩で和服がとても似合う肩とお顔立ちです。
(ましておちょぼ口)
和服姿を一度拝見したいなあと思うほどです。

話し方や考え方に京都には独特のやさしさがあって、その良いところを彼女は存分に受け取って育ったのだと思います。
まさに京都の文化と日本の文化を理解できる本場にお住まいなのですから、これからお料理の腕を上げて、中川さんのお料理を受け取れる人になって欲しいと思います。
そのためには、克服すべき課題はたくさんありますが、まずは玄米ご飯と糠漬けと包丁砥ぎが合格でしたから、最初の難関は越えましたね。
これからの成長を楽しみにしています。

おまけ。
写真を探していたら、こんな楽しい写真がありました。
中川式ラーメンのスープがあまりにも美味しくて、全員で完食したときのものですね。
皆さんが良い笑顔をされています。
美味しいって笑顔になれる魔法ですね。

マクロビオティック京料理教室 むそう塾7

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, マクロビオティックの指導現場からシリーズ パーマリンク

コメント

  1. ふみよ丸 のコメント:
    美風さん、こんばんは。
    記事にしていただいて、ありがとうございます。

    こんな何気ない小さな仕草を、
    宝物のように書いてくださり…
    その温かい言葉が沁みてきて、涙が出てきました (T ^ T)

    本当に、ありがとうございます。

    そして…、今まで氣づいてなかったのですが、
    「 普段の暮らしの習慣から、大切なものを受け継いだんやなぁ」と。
    祖父母と両親、そして生まれ育った環境に、感謝の念が湧いてきました。

    けれど一番の理由は、
    中川さんのお料理が感動するほど美味しいから。
    いただいた後も、その余韻がしばらく続いて、
    食べ物に敬意を払う気持ちが、自然と生まれてきます。
    だから、こんなふうに持ったり、味わったり、
    自然とそうなっているのだと思います。

    来期もむそう塾で学ばせていただけることが、嬉しくてなりません。
    このご縁を無駄にしないように、しっかり受け取ります。

    そして私も受け継いだ日本文化を、伝えていきます。

    これからも、どうぞよろしくお願い致します。
    • マクロ美風 のコメント:
      ふみよ丸ちゃん、こんばんは。

      ずっとずっとふみよ丸ちゃんからは、そのやわらかい話し方やしぐさに京都の女性を感じていました。
      ですから、私も学ぶべきところがあるんですよ。
      中川さんのお料理は本当に美味しいので、食べ物に敬意を払いたくなるお気持ちが私にも理解できます。
      本物の力って凄いですよね。

      来期も一緒に学び合いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です