Nさんにアドバイスをお願いできますか?

以前、下記ようなご相談メールがありました。
?????????????

 

7月に美風ゼミに申し込み、体調不良でキャンセルしたNです。
覚えてはいらっしゃらないかもしれませんが、ご相談をしたくてメールをしてしまいました。
あの後少しして、突然気持ち悪くて食べ物を受け付けなくなった日があり、その後一週間も毎日少しずつしか口に出来ず、とうとう起き上がって歩くのも難しくなり、入院することになりました。
内臓の値など危ないところだったらしく、点滴をしたりして、また食べられるようにはなりました。
先生によると今は体重が本当に足りず頭の回転も体力も十分でない、とにかく体重を増やさなければ元気に過ごせないとの事です。
マクロビオティックでは小食でも元気に過ごせると聞いているけれど私には当てはまらないのだろうかとか、元気になるためにこれからかなり体重を増やさなければならないなら高カロリー点滴するしかないのかとか、これからどうしたらいいのかわからなくなってしまいました。
本当は今度の美風ゼミにでも参加できたら一番良いのだと思うのですが、体力がなく行けないと思うのでメールでご相談してしまいました。
ご迷惑でなければお返事を下さい。

?????????????

 

1週間ほど自宅を留守にしていた時だったので、すぐにはお返事を差し上げられませんでした。
すると、次のようなメールが届きました。
?????????????
先日はあのようなメールを送ってしまいすみませんでした。
ほとんど知らない者なのにいきなりこちらのことを一方的にさらけ出してしまい、不快に思われたかも知れません。
マクロビオティックは自分で考えることが大事なのも分かっているのですが、今脳の栄養も十分でなくいろいろ考えられず、誰かに相談したくてついメールしてしまいました。
もしお嫌でなければ相談に乗ってもらえないでしょうか?

??????????????
遅くなってごめんなさいと言って、大急ぎでお返事をしました。
??????????????

お忙しい中お返事本当にありがとうございました。
そして、アドバイスもありがとうございます。
実は拒食になったりマクロビオティックを知ったりする前からベジタリアンで、それは揺らぐ事はないのですが、今は元氣になりたいので、食べ物に感謝して(入院して感謝の氣持ちを強く持つようになり、退院後も持つようにしています)、これが私の力になる、元氣になる、と思いながら頂いています。
ただ、やはり高カロリーの点滴はしたくないのと、今高校生なのですがちょっと母に料理を作ってもらう事が難しく、自分で作っているのですがどういったものが良いのか時々分からなくなってしまいます。
マクロビオティックで拒食から立ち直られた方のエピソードなどもしご存知でしたら教えてもらえないでしょうか?
…マクロビオティックから距離を置いた方がよいとのことですが全く考えずにいくことも私には難しそうです。
きちんと勉強しないと危険ということや、まだ今は私にはその力はないということもよく分かるのですが…

お時間がありましたらまたお返事を下さい。

???????????????
今晩、またお返事をしました。
でも、彼女はなかなか私のアドバイスを受け入れられないと思います。
そこでお願いです。
このブログをご覧になって下さる方から、彼女に何かのメッセージを送ってあげて欲しいのです。
ご自分の体験談でもいいし、Nさんのような人で元気になった人を知っていますよ?と言う情報でも結構です。
どうか、Nさんがお元気になってくれるために、お力をお貸しくださいませ。
関連記事
「Nさんにアドバイスをお願いできますか?」へのアドバイス
またまた、Nさんにアドバイスをお願いできますか?


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. N2 より:

    こんにちは。文面からNさんはしっかり物事を考えておられる方だと感じました。そして、高校生で感謝の気持ちをしっかり理解されていること、とてもすばらしいですね。今、混乱の中にいらっしゃることと思いますが、つらい思いをされている分、優しさ、思いやりの深い人になられていることと思います。私自身も大きな問題を抱えていますが、深い暗やみの中でもがくことにも疲れ、とりあえず今はこの暗やみの中で静かに暮らしています。あまりにも悲しみが深いと、突然プラス思考にはなれませんが、冷静に自分と向き合うことから、新しい何かが始まることと期待しています。無責任なことは言えませんが、Nさんはきっと回復する力を持っている方だと感じました。

  2. hibi_coco より:

    長文になることを許して下さい。(うまい文が書けないので恥ずかしいですが・・・)

    Nさんと似た状況だったので、苦しさが分かります。
    私は発達障害の不安定さのためと体型維持のためにベジタリアンから始めました。
    それから2年後にマクロビオティックに出会ったのですが、小食に囚われて、とにかく我慢して我慢して食べなかったり、知識もないのに断食などしてました。
    そしたら、どんどん食べるのが怖くもなってきてしまったんです。
    拒食症です。
    半年ほどでNさんと同じ状態になってしまいました。
    (今年の四月には30kgもなく、歩けなかったです。寒いし、お風呂も入るのが大変でした。内蔵の機能も低下していました。物事を考えられなくなっていました。)
    入院も勧められましたが、私の場合は自宅で徐々に体重を増やしました。
    一気に増やすと体にも悪いのは分かっていたので、まず1ヶ月程は一日5回ほどに分けて玄米のお粥をゆっくり自分が欲しいだけ味わいました。

    それから徐々に固形物に移行していきました。
    外出があまりできない体だったので、あれこれ作れなくて、結局
    玄米とお味噌汁と蒸し野菜とかを簡単に作って食べていました。
    マクロビオティックの理論とかはよくわからなかったので、
    とにかく自分が食べたいものを自分と相談するようにしてみました。

    途中、ちょっと過食気味になったりしましたが、
    今は毎日15km走れるくらい元気にやっています。

    Nさんは食事をとるのが怖くないようなので、きっと大丈夫です。
    小食は二の次にして、よく噛みながら自分がおいしく食べられる量を食べてみたらいいかもしれません。

    高カロリー点滴は、私もできませんでした。
    なかなか体重が増えなくて、かなりの間、苦しかったです。
    もし、Nさんが痩せすぎていて、生活が楽しめないのがツラくて苦しかったら、体重を適度に戻すために点滴を利用するのは悪くないと思います。

    私自身も、まだまだなので、アドバイスなんて恐れ多いですが、マクロビオティックで拒食は治ると思いますし、マクロビオティックは楽しいですよ!!
    でももし、マクロがつらいと感じたら、離れた方がいいかと思います。Nさんの目標は「マクロを完璧に実践すること」ではないと思うからです。

    私でも何とか生きています。
    Nさんもきっときっと大丈夫です。
    きっと元気になれます。
    私も頑張りますから!!

  3. 中川善博 より:

    美風さん ご苦労様です。
    お返事のアドバイスを受け入れて貰えないときの口惜しさにはご同情申し上げます。

    私はこのお子さんの中には食では解決できないものがあるように見えます。
    社会の中の自分なのか、家庭の中の自分なのか、学校の中の自分なのか。
    会っていない私には計り知れませんが、食べ物や食べ方では無くそのもっと上層のゆがみや崩れが無いでしょうか? あるのであれば先にそれを解決すべきですね。 無責任なでしゃばりをお許し下さいませ。

  4. min より:

    こんばんわ。いつも美風さんのブログを拝見しているものです。
    Nさんの言葉についても直接お話を伺っていませんし、美風さんがNさんにどういった内容の御返事を書いていらっしゃったのか、わからない部分も多い中で書かせていただきます。

    私も中川さんと同じように、マクロビオティックだけで、この問題からの回復を考えるのは少々無理があるように思っております。
    「突然気持ち悪くて食べ物を受け付けなくなった日があり・・・」とありますが、その受け付けなくなった原因が何かしらあると思うのです。変な言い方ですが食中毒とかそういったことで食べられないのとは違う、精神的に何か受け入れられない体験や感情を拒否する=食を拒否する、に繋がっているように感じました。

    その「突然」とはいえ、その時期に何か家族や車内生活の場で、つらいことや苦しいこと、しかも1人で悩んでいることはありませんか?もしもそのことが思い当たれば、そして話をすることができるなら、信頼できる方に言葉にしてみるといいかもしれません。

    1人でよく頑張ってこられましたね。
    私がもしもNさんとお会いできるなら、
    ハグをして差し上げたい気持ちでいっぱいです。

    そしてご自分でも自分に対して
    「愛しているよ」と声をかけてあげてください。

  5. min より:

    上記の投稿で字の謝りがありました。

    車内生活 → 社会生活

    です。失礼致しました。

  6. 鍼美人 より:

    >食べ物に感謝して・・・これが私の力になる、元氣になる、と思いながら頂いています。

    との思いは、本当に大切ですよね。
    その気持ちをこれからも大切にして下さいね。

    今、お医者様に『禁止されている食べ物』があれば、それを除いた物の中で、
    Nさんが、食事として『食べたい』と思う物のを「感謝して」「よく噛んで」召し上がってみてたら如何でしょうか?

    頭で考え過ぎず、心だけに聞くのもでなく、身体にも聞きながら少しずつ・・・。

    高カロリー点滴も、頭から「拒否」せず、選択肢の一つと考えて残して下さい。

    鍼灸師として、少しだけアドバイスさせて頂きました。

  7. マクロ美風 より:

    N2さん、コメンを頂きましてありがとうございました。

  8. マクロ美風 より:

    中川善博さん、コメントを頂きましてありがとうございました。

  9. マクロ美風 より:

    minさん、コメントを頂きましてありがとうございました。

  10. マクロ美風 より:

    hibi_cocoさん、順序を間違えてしまいました。
    ごめんなさい。
    コメントを頂きまして、ありがとうございました。

  11. マクロ美風 より:

    minさんは几帳面な性格のようですね。
    ご丁寧にありがとうございました。

  12. マクロ美風 より:

    鍼美人さん、コメントをありがとうございました。

  13. Maple♪ より:

    アドバイスになるかどうかわかりませんが、
    私は、マクロうんぬんではなく、
    問題はそれ以外にあるように感じました。(本人が気づいているかはわかりませんが)
    マクロに一生懸命になることにより、
    本当は他にある問題から目をそらしているのではないでしょうか?
    マクロは全てではないので、本当に抱えている問題を自分で自覚し解決への方法を模索し、ちょっと改善してきて余裕が出てきてからマクロに取り組んでもよいのではないでしょうか?
    マクロにすがっても、薬の代わりにはなってくれません。

  14. マクロ美風 より:

    Maple♪さん、こんにちは。
    コメントを頂きまして、ありがとうございました。

    新しいアドバイスを頂きましたので、下記の記事を書いてみました。
    http://blog.goo.ne.jp/macro21/e/de6524175496fc547d0a7e4ce0adc505

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です