甘いものと人生、どちらが大事?

「甘いもの」。
この影響で苦しんでおられるかたが、日本全国にどれくらいいらっしゃることか・・・。
いや、世界規模でも・・・。
多くの人を体調不良に陥れる可能性のある甘いものは、ホッと一息つける格好の嗜好品でもあります。
でもその食べ物が、体にどのような影響を及ぼすかを知って食べている人はどのくらいいるでしょうか?
ほとんどの人が「気分的」に摂っているのではないかしらね?
そう、それでいいんです。
だって、嗜好品なんですから。
しかし、嗜好品って習慣性があるんですよね?。
あの香り、甘さ、歯ざわり、舌ざわり、のど越し・・・。
このように書くと、ヨダレの出る人も多いのでは?
嗜好品って厄介ものです。
習慣性があるから。。。
アルコール・タバコ・コーヒー・麻薬・・・。
甘いものをこれらと同列に考えたことがありますか?
              *    *    *    *
甘いものは、摂り方によっては人生を狂わせます。
体をボロボロにします。
麻薬と同じですね。
甘いものと人生、どちらが大事でしょう?
甘いものに対しては、しっかりとした認識が必要なのに、学校では教えてくれません。
スーパーやデパートでは、お野菜より圧倒的にお菓子売り場の方が広い面積を占めます。
こんな光景は異常です。
でも、それを当たり前として育ってしまった今の若者達。
その人達に、私は声を大にして叫びたい。
甘いものについて一緒に考えよう!
子育ては真剣勝負です。
やり直しがききません。
味覚を育てる大事な時期でもあります。
だからこそ、しっかりした情報を手にして、毎日毎日を大切に生きましょう。
そのためにも、甘いものは最初に越えてほしいハードルです。
宣伝のようになってしまいましたが、甘いものに対する熱き想いが、ついついこぼれてしまいました。
2月1日(金)に開催する「親子de美風ゼミ@東京」でも、甘いものについて取り上げます。
ご一緒に考えてみましょうね。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. ぢゅん より:

    美風さんの記事を拝見し、日本は健康を害するものに対してなんて甘いんだと思いました。
    “知らない”ということが一番罪なのですよね。

    わたしもいまものすごく反省しながら山村塾に通っています。
    “気持ち”で食べてたものがいかに多かったか!
    やはり“体の声”を聞かなきゃと思いました。

  2. なんででも より:

    美風ゼミ以降、甘いものを極力絶っております。

    自分で言うのもなんですが、イライラしたりせず気分や精神的にも落ち着いている気がします。

    甘いものって、惑溺性がありますよね、ホントにー。動物性を摂らず、陽性っぽい食べ物ばかり摂っていた結果、身体が陰性を欲していたのかもしれないし、何にしても常習性がありますね。絶ってみて、少なくともタバコと一緒だと思いました。全然口にしない方がほっとするんです、不思議な事に。白砂糖等は、食べてすぐ頭と歯が痛くなりますし~。

    甘い野菜のスープとかとてもホッとするので、代用するといいと思いました。マクロビオティックをやってる女の人が乗り越えないといけない課題のようですね。頑張らなきゃ!

  3. うな より:

    いやいや,もう,本当に「甘い物大魔神」な私には耳が痛い限りです。
    この中毒性はまさに麻薬と同じだとつくづく感じます。
    小さい頃から白砂糖にどっぷりつかった生活でしたが,
    親も私もそれが悪いとはこれっぽっちも思っていませんでした。
    知らないというのは怖いことですね。
    これから何とか甘い物の呪縛から解放されるよう
    頑張っていきたいと思います。

  4. nao より:

     昨日はありがとうございました♪いろいろお話をすることができ、勉強になりました。
     甘いもの。。。ちょっと耳が痛いですね。私はあまり摂りませんし、私の作るものはあまり甘くはありませんが、、、。でも甘いものですね(笑)
     でも昨日はなしていたように自分なりのポリシーで作っていきたいなと思っています。

  5. マクロ美風 より:

    日本って、健康を害するあらゆるものに対して、野放しに近い状態ですよね。
    テレビや政府のいうことなんて信じていたら、とんでもないことになってしまいます。
    真実を知らないと怖いです。
    自分のことは自分で守る。
    この姿勢が不可欠ですね~。

    往々にして「気持ち」で食べてしまいがちですが、そこに一つのフィルターを設けることで、驚くほど体が変わり、人生が変わると思います。
    私はすっかりその味をしめてしまいましたよ~(^^)

  6. マクロ美風 より:

    オー!
    甘いもの断ちですかぁ~。
    一気に実行出来るところが、さすが陽性のなんででもさんですね~。
    でも、反動が来ないように、上手に通り抜けてくださいね。

    動物性を摂ると間違いなく陰性のものを欲しくなります。
    さらに、植物性のものであっても、陽性食品が体に合っていないと陰性を求めます。
    面白いほど良く判りますよ~。

  7. マクロ美風 より:

    おやおや、うなさんは「甘い物大魔神」ですかぁ~。

    >親も私もそれが悪いとはこれっぽっちも思っていませんでした。

    圧倒的多く(ほとんど)の国民が、そう思っているでしょうね。
    でもでも、ホントは違うんですよね~。

    >これから何とか甘い物の呪縛から解放されるよう
    頑張っていきたいと思います。

    頑張るとダメよ~。
    何事も自然体でね。
    そのコツはちょっとした考え方の違いなんです。
    人生を大切に考える人なら、誰でも実行できる方法です。
    反対に、人生に投げやりな人は実行出来ません。
    あ~、近くだったら口頭でご説明できるのに・・・。

  8. マクロ美風 より:

    naoさん、こんにちは。
    コメントをいただきまして、ありがとうございました。

    naoさんのお作りになる甘いものは、人助けになっているので、よろしいのではないでしょうか?
    「甘いものは絶対にダメなのではなく、体と相談して上手にいただきましょう」というのが私のスタンスです。
    その時にも、体に負担の少ない食材で作られている甘いものなら、どんなに嬉しいことでしょう。
    堂々と胸を張って、ご自分の信じる道を歩んでくださいね。
    応援しています!

  9. ジュンコ より:

    いつになったら この甘いものから開放されるのかな~と思います。日々葛藤ですよ。

    自分がきちんとできないのに 子供たちに強く言えないんです。

    でも 以前はバターや白砂糖がたくさんのお菓子を作ることが好きでしたが 今はナチュラルスイーツに移行しました。 いつか これも 必要ない日がくると信じてみようと思います。

    甘いもの 粉物の依存から いつかは脱したい そう思っています。

  10. nao より:

     美風さんにそう言っていただけたらとても心強いです!
     美風さんの包み込むような笑顔が頭に浮かびました✻

  11. マクロ美風 より:

    ジュンコさん、こんばんは。
    コメントをいただきまして、ありがとうございました。

    お返事を書いていたのですが、長くなってしまいました。
    記事としてお返事をさせていただきましたので、どうぞよろしくお願いいたしますね。

  12. マクロ美風 より:

    naoさんのお菓子を待っている人がいます。
    心を込めて、作ってあげましょう♪
    でも、体調管理には気をつけて。

  13. とも より:

    はじめまして 携帯から失礼します。 毎回 ブログをこっそり見てます。砂糖は中毒ですね お菓子以外にもパンやお惣菜など見えない砂糖を知らないで摂取したりもしてるし 消費者が気をつけないといけませんね。 さて 私はマクロビをしたいのですが もう30代なんで顔がしわしわになったりしないか凄く心配です 。 マクロ美さんは マクロビをしたのは 何歳くらいですか? 肌とか良くなってきたのは 何年目でしたか 教えていただきませんか よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。