マクロビオティックのとり入れ方(1)

マクロビオティックと情報
最近はどうもマクロビバブルのような気がします。
というのも、本屋さんではマクロビオティックの本がドッカリ平積みにされ、著者も
実に沢山。
さらに、きれいな写真がいっぱい散りばめられ、見ているだけでウットリするような
仕上がりの本もあって、私がマクロビオティックの勉強を始めた時とは、隔世の感
がします。
さらに、テレビや雑誌が“マクロビオティック特集”なるものを企画すると、マクロビ
オティックの一部分だけがすべてのように取り上げられ、誤解を生む元になって
いることも否定できません。
インターネットのホームページでも同様のことが言えます。
しかし、多くなれば必然的に、“元祖”とか“本物”とか、他と区別するための言葉が
見え隠れします。
そしてそのことが、初めてマクロビオティックを学ぼうとする人達に“迷い”と“混乱”
を生じさせているのも事実です。
もっと言えば、それらにはスポンサーという強力なバックがあって、そのために
マクロビオティックの真髄を理解してもらえない可能性があります。
ところが、そのような状況下で流される情報を鵜呑みにし、信じ込んでしまう人の
何と多いことか!
現在は“情報化社会”だと言います。
確かに年々情報の“量”は多くなっているかも知れません。
しかし、自分にとって本当に必要な情報が比例して増えているでしょうか?
私はむしろ“不必要”な情報の方が増えていると思います。
情報洪水の中で、純粋に真面目にマクロビオティックの普及と取り組んでいる人達
は、案外目立たない存在のような気がします。
資本主義経済の中で目立とうとすると、多くは“金”が必要になります。
でも皆さん、お金ってそんなに入って来ますか?
コツコツと真面目に働いても、左団扇で一生楽々とはなかなかいかないものです。
そんな中で、納得のいく生き方としてマクロビオティックを実践し、地道に普及活動
をしている人達が全国に沢山います。
しかし、お金をかけていないから目立たないだけなのです。
そういう情報はなかなか派手には伝わって来ないので、ともすると埋もれがちに
なりますが、最近では“ブログ”という強力な助っ人もあります。
これを使わない手はありません。
私は、テレビ・新聞・折込広告など、一方的に流れて来る情報は、まず“不必要な
情報”だと思っています。
そして、それらは“不安”の情報でもあります。
それに対して、“自分にとって必要な情報”は、やはり原始的に自分から求めて、
自分の五感を使って収集する
ものだと信じています。
    *    *    *    *
このブログは、マクロビオティックの情報に迷っている人達のために、中立な立場
で情報を提供したり、マクロビオティックに出会いはしたものの、挫折しそうになって
いる人達
“一緒に解決しましょう”というスタンスで運営しています。
ですから、この度、私の尊敬するkodamacro netさんや、なかなかさんがラジオに
出演すると知って、とても喜んでいます。
なぜなら、彼らはマクロビオティックの真髄を知り尽くしているので、間違ったことは
絶対に言わないからです。
これを機会に、多くの方々が正しいマクロビオティックと出会い、真の健康真の
幸福
を手にすることが出来るように、願って止みません。
そして、最後はやはり“世界の平和”を祈ります。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. 善右衛門 より:

    おはようございます。善右衛門です。

    まさにその通りですね。

    大手資本や、大量生産のスケールにはめようとすると「?」な調理法や保存法を採用しておきながら、お手軽マクロ云々が登場します。 

    CKでドカッとできるなら苦労はしません。 マクロで一山当てようとしている人間がウジャウジャ居ります。 発展では無く退行にならないように。

  2. マクロ美風 より:

    善右衛門さん、的を得たコメントをありがとうございます。

    “発展では無く退行にならないように”。

    私はまさにこのことを危惧しています。

    すでに、マクロ界では大御所的に思われている人の悪い噂も入ってきます。

    これからマクロビオティックを始めようとする人達が、彼らの餌食になってしまい、最終的にマクロビオティックが“怪しい考え方”として排除されることがないように、私達が連携して正しい情報を発信する必要性を感じます。

    私は、この素晴らしいマクロビオティックを正しく理解してもらって、一人でも多くの方に“マクロビオティックに出会って良かった”と思ってもらえるために残りの人生を捧げたいと思っています。

    私の“ライフワーク”ですね。

    これからもどうぞご指導いただけますよう、よろしくお願いいたします。

  3. なかなか より:

    マクロ美風さんのご指摘は鋭いです。

    「資本主義の中で目立つには金が必要」

    これは至言ですね。

    この状況の中、小さな個人の小さな声をみんなに伝えるメディアが不可欠だと思っています。

    そのひとつがおっしゃるとおりブログです。

    まずはこの輪を良い「波動」でつなげていきましょう。

  4. rei より:

    初めてコメントさせていただきます。

    私はマクロビオティックの初心者で、まさに不必要な情報の荒波に飲み込まれそうになりました。

    ですが、マクロビ座談会に出席された方々のブログに出会い、改めて続けていけるという確信を持てました。

    そこでやっとブログを始めることも出来ました。本当に感謝しています!

    自分から情報を求めるため、年明けよりリマ・クッキングスクールに通うことにいたしました。

    今後もご指導のほどよろしくお願いします。

  5. マクロ美風 より:

    なかなかさん、こんばんは。

    この輪は、みんなとてもよい波動でつながっているので、どんな風に成長するのか、とても楽しみですね。

  6. マクロ美風 より:

    reiさん、いらっしゃいませ!!

    このブログにたどり着いて、ラッキーでしたね。

    私は素敵なマクロビオティック仲間に助けられながら、やっとブログの面白さが分かりかけて来たところです。

    この素敵な仲間たちが、reiさんをサポートしてくれますから、安心してマクロビオティックの道を走って下さいね。

    1月からリマ・クッキングスクールにも通われるそうですね。

    良い選択をなさいました。

    お料理は目で見ながら、臭いを嗅ぎながら、感触を確かめながら、味をみながら覚えるのが一番ですから。

    これからに期待しています。

  7. なかなか より:

    いつも応援してくださって、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です