結婚することは妻が夫の奴隷になることではない

結婚をすると、時々「自分」をなくしてしまう人がいます。
相手(夫)の言うとおりにするのが結婚だと勘違いしている人がいます。
でも、それはおかしいと思いませんか?
結婚は両者の共同生活ですから、どちらの個性も歪められてはいけません。
1+1=2以上が結婚。
1+1=2以下なら考え直しましょう。
1+1=1に満たないなら離婚しましょう。

よく、ご主人のお給料だけで暮らしていると、まるで家政婦のようになってしまう奥様を見かけますが、それは大間違いですね。
昔は「俺が食わしてやっている」なんて考え方がありましたが、それは相手の人権を無視しています。
家で家事全般と子育てをしている人は、立派な労働をしているのですから、自信をもって暮らしましょう。
子供がいない人であっても自信をもってください。
外に出るだけが仕事ではありません。

もっと風通しの良い夫婦になるには、お互いを一人の人間として尊重し合える気持ちがないと駄目です。
妻を自分の所有物みたいに思っている夫がいたら、絶対改めてほしいです。

マクロビオティックの陰陽で考えた場合、夫婦間であっても陰陽バランスが崩れている場合はうまくいきません。
もし夫婦間にギクシャクしたところがある場合は、マクロビオティックの陰陽で考えてみましょう。
感情論ではなく、お互いのエネルギーバランスとして考えると、解決に向かうことが多いですよ。

マクロビオティックは食べることばかりだと思っておられる方は、まだまだマクロビオティックの一部分しか知っていません。
森羅万象すべてを陰陽で考えて、自分が心地よく生きることを目指すのがマクロビオティックなんですよ。
これからは陰陽で物事を考える癖をつけてみてください。
楽しくて楽しくて、人生が何倍にも充実してきますよ。




(鶯菜 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

みんなそれぞれの個性で、みんな違っていい。
そこにあるのは陰陽バランスのみ。
生き方の軸を押さえよう。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です