子育て・野口整体・アトピー」カテゴリーアーカイブ

少し早く産まれましたが、母子ともに元気です!

Aさんが初めて愛クラスに来てくれた時、つわりの真っ最中でいかにも体調が悪そうでした。
自己紹介の時に、「上のお子さん二人の妊娠・出産中にはマクロビオティックを知らなかったけれど、今度はマクロビオティックを実践していたから、どんなに軽くなるだろうかと楽しみにしていたのに・・・」という言葉が出てきました。
そして、流産の危険性もありました。

あ〜、可哀想ですねぇ。
Aさんはとても陰性に偏ったマクロビオティックをされていたので、もしかしたら本当に流産してしまうかもしれないと思い、大急ぎで陽性なお食事に変えるようアドバイスしました。
そしてAさんは、むそう塾から帰って翌日からピタリとつわりがなくなりました。
お味噌汁のお出汁も変えてもらい、せっせと玄米ご飯も食べてくれました。

その後、あの愛クラスでの体調不良は別人かと思わせるほどの変化を見せて、あのハードな桂剥き投稿期間中も毎日投稿して、見事「桂剥き美人」に選ばれて、まな板をゲットされたのでした。
単発講座にも東京から通ってくださって、元気な妊婦さんでホッとしました。

妊娠期間はいつも注意が必要ですが、Aさんは、8月3日に突然妊娠29週で出産されました。
予定日は10月17日だったので、赤ちゃんはまだ1,400gと小さく産まれたため、写真のようにいろいろな装置がついて保育器の中で成長中です。
お母さんのAさんは、8月8日に帰宅されて、翌日から上のお子さんのお弁当を作ったりしています。
これから本来の予定日近くまでは、病院におっぱいをお届けすることになりますが、上のお子さんを育てながらですから大変ですね。

お料理センスの良いAさんは、なかなか素敵なお弁当を作ってお弁当投稿も再開し、100点も取られていますが、ご出産のあとなので、ご自身のお体も労ってあげてほしいです。
くれぐれもご無理をなさいませんように。
これから早く、一家五人で揃って暮らせる日を、私も心待ちにしています。

*   *   *

Aさん、ご出産お疲れ様でした。
そして、お嬢ちゃんのご誕生、おめでとうございます。
流産せずに、無事に生きて産んであげられて本当に良かったですね。
あなたのメールに書かれていた文章を抜粋させていただいます。

玄米菜食が絶対と思っていた固定観念を打ち破られたように、
西洋医学を闇雲に否定してしまっていた頑なさもまた、
今回の妊娠が崩してくれたように思います。

上の子たちの時は
産まれた瞬間から必ず側に置いて
何が何でも完全母乳で…と
これまたものすごく頑固だったので、
子どもとの距離があり色んな方々からの助けを実感しつつの子育てはまた、
何かの思考に囚われてがんじがらめだった自分を解き放つことになりそうです。
育児とは、自分が視野を広げ成長させてもらうことなんだなと
改めて思います。

いつも子供は親に何かを伝えるために産まれて来るのだと思っています。
私はいまでも息子から無言に発信されるものを感じながら、日々をコントロールしながら生きています。
周りに存在する人すべてが、自分にとって意味のある存在なのだと思える時、心は穏やかになれるし、成長できると思っています。

お嬢ちゃんは、その身を以ってご両親に訴えたかったことがあるのかもしれません。
聡明なあなたは、そのことをすでに充分認識されていますが、時々むそう塾と一緒にそのことを想い出して行きましょう。
そうすると、子育てが楽になりますよ。
また京都でお会い出来る日を楽しみにしています。




{お母さんの手のひらに隠れてしまいそうな赤ちゃん)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 食べたもののようになる, 子育て・野口整体・アトピー | 2件のコメント

「つらい不妊治療をやめたい=回答者・高橋源一郎」さんの記事から

よく「子供を育てる」といいますが、子供を産んだことのある人なら誰しも「子供から教えられる」経験をされていると思います。
「子供は親の写し鏡」とはよく言ったもので、子供の状態は親の状態そのものでもあるわけです。
小さな乳飲み子でさえ、親の精神的不安をキャッチしてしまうほど子供は敏感ですね。
思うように口がきけないからこそ、体中の細胞を全部耳にして、口にして訴えているのだと思います。

そういう子供と接していると、確かに大人はもう一度子供目線で物事を見たり考えたりするようになって、親自身が生き直しを出来るところが子育ての醍醐味のように思います。
なぜなら、子供の純粋さは、大人の手垢で汚れた常識や論理など、あっさりと見破って、容赦なく体当たりで主張してくるので、それに応えようとすると、親自身がもう一度無垢な思考まで戻る必要があって、そのことがとても意義のあることだからです。

子供がいたらそういうチャンスがありますが、子供がいなくてもとても尊敬できる人格者は世の中にゴロゴロいらっしゃるわけで、私はいつもそのことを素敵だなと思っていました。
そのことをとても上手く表現して回答されている文章に出会いました。

必要なのは、「子ども」ではなく、「子ども」の役割をしてくれる「鏡」なのかもしれません。

*   *   *

【つらい不妊治療をやめたい=回答者・高橋源一郎】2017.7.24の毎日新聞より転載

 毎日が楽しく仲が良い夫婦です。ただ子どもができず不妊治療で意見の違いが出ています。夫は結婚前から子どもが欲しく、子ども=幸せという考えです。私は授かりもので、人の手を加えてまでは欲しくないし、不妊治療で精神がおかしくなりそうです。大好きな夫を父親にしてあげたいですが、心と体が拒否します。もうつらい不妊治療をやめて、二人で穏やかに暮らしたい。離婚しかないのでしょうか。(32歳・女性)



                       (回答者の高橋源一郎さん)

いま、わたしの手元には中学1年と小学校6年の子どもがいます。振り返れば、彼らのおかげで、わたしたち夫婦は生きてこられたように思います。

 子どもは、親にとって「鏡」のような存在です。幼いときには、わたしたち自身の子どもの頃を思い出させ、また、あるときには、わたし自身の親を思い出させてくれました。成長する毎(ごと)に、わたしもまた、そのように成長してきたし、成長し続けるためにはどうすればいいか考えました。そして、いまでは、こう考えています。子どもは親を成長させるためにやって来たのであり、子どもこそ、わたしの親なのではないかと。

 わたしにとって、子どもは生きてゆくために必要な存在でした。けれど、そんな存在は子どもだけではありません。

 知人夫婦には子どもがいませんが、わたしの知る限り、ほんとうに充実した生活を送っています。それは、互いが互いの「鏡」になり、お互いを成長させてゆくために必須の存在になっているからだと思います。必要なのは、「子ども」ではなく、「子ども」の役割をしてくれる「鏡」なのかもしれません。

 相談者ご夫婦は、お互いを見つめ合う必要があるように思います。「子ども」は素晴らしい存在ですが、夫婦にとってもっとも大切なのは、目の前の相手ではないでしょうか。相談者の思いを真っ直(す)ぐ夫に伝えることからすべては始まると思います。(作家)


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, こころ・想い | コメントする

輝けるあなたになるために「成長」を意識してみましょう

7月5日、塾生の舞ちゃんが赤ちゃんを連れてサンドイッチ講座を受けに来てくれました。
まだ1か月ちょっとなので、授乳を頻繁にしなければなりません。
でも、講座のデモは見なければいけないし・・・。
座って授乳を優先しようとした舞ちゃんに、私は立って授乳することを勧めました。
「え? 立って?」と目を丸くしていた舞ちゃんですが、忙しい時には立って授乳することだってあります。

ということで、初めての挑戦です。
ようちゃんはちゃんとママにしがみついています(笑)
子供の生命力は凄いから、口はきけなくてもおっぱいは離しません(^^)




(授乳中の母子 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


ママがサンドイッチの実習をしていたら、ようちゃんが泣きました。
甘えて泣いているのが泣き声で伝わって来ます。
子育てベテランの中川さんもそれを見抜いて、ようちゃんのそばに行って氣を送っています。
氣はかけるけど抱き上げない。
これですね。
育児には「氣をかける」というのが大事です。




*   *   *

子供はどんどん成長しながら、「昨日はできなかったことが、今日は出来るようになる」ことを繰り返して行きます。
人生で一番成長する時ですね。

でも、大人になってしまったらどうでしょう?
成長とは無縁の生活で、むしろ退化の方向に進んでいる人もいることでしょうね。
仮にそんなときでも、人間は「成長したい」本能を持っているものです。
そしてその本能が開花しているときって、素晴らしく輝いています。

育児中であっても、お仕事で忙しい人でも、自分を成長させることを意識していると、疲れることが減ります。
意識の陰陽バランスに陽性さが増すからですね。

そういえば、かつて“きんさんぎんさん”という双子の高齢者がいて話題になりましたが、多くの人からサインを求められて字を書いているうちに、その字が上手になって来たそうです。
つまり、100歳をすぎてもなお成長し続けたわけですね。

それほど反復の力は大きいです。
ですから、成長のために反復は必須ですね。
成長のために、あなたのできる反復はありますか?
そういうものを持っている人は、ぜひ続けてみましょう。
輝けるあなたになるために。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 子育て・野口整体・アトピー, こころ・想い | 2件のコメント

子育てに完璧主義は不要です パパも協力してね

子育てのことで悩む人はとても多いですね。
何を隠そう、この私も39歳で息子を産んだとき、何も分からなくて判断に困ったものです。
そんな時に頼りにしていたのは、野口整体と本でした。
独身時代から本部道場に通ったり、友人も指導室を開いたり、野口晴哉氏の本を全部読んで、将来子供が出来たらこの方法で子供を育てようと思っていたので、あとは実践するのみでした。

しかし、いざ子供が産まれて、整体どおりに泣かせないようにしていたら、家事が滞ってしまいます(泣)
息子は2,560gで産まれたので、直接母乳を飲めず、搾乳してから飲ませていましたので、手で搾乳する時間も余分でした。
3,000gになったら吸う力もついてきたので、やっと搾乳から解放されましたが、それと同時に皮膚が怪しげな状態になってきて、重度のアトピーの始まりでした。

アトピーでの苦労話は他にも記事がありますので、ここでは触れませんが、子供を10人育てるぐらい精神的に苦労したのは事実です。
何事も初めてなので、年齢が39歳であっても知らないものは知らないのです。

*   *   *

妊娠中に息子のお布団を頼みに街の寝具屋さんに行ったときのこと。
そこの奥さんは店番をしながら4人の子供を育てたそうですが、最初の子供の時には要領が分からなくて、授乳の時間もなかなか取れず苦労したそうです。
寝返りが打てるようになったら、天井から吊るした紐に哺乳瓶を結び、自分で飲めるようにしてみたり、直接授乳できないのがつらかったとのこと。

そこまでは行かなくても、商売をしている人や忙しい人は、子供を泣かせないで育児するのはとても大変です。
子供が泣く原因は、お腹が空いているかオムツが汚れているか、痛みや不安があるときが多いので、お母さんが不安になっていると、そのまま子供を不安にさせます。
この時からもう子育ての極意は始まっているんですね。
「氣はかけても手はかけない」

原初体験として、赤ちゃんが泣いて求めても親がそれに応えないことを繰り返すと、やがて子供は無気力になって求めようとしなくなるという考え方がありますが、ちょっとだけ泣かせてしまったからといって、すぐ無気力になるわけではありません。

私の身の回りで、ピーピー泣いて育てられても立派な大人になっている人がゴロゴロいます。
昔から「子供は泣くのが商売」なんていうお年寄りもいたりして呑気なものです。
泣きながら呼吸器が発達するのだという意見もあったりして、子供が泣くのは当たり前という感じですね。

私も野口整体の影響で、極力泣かせないように育てましたが、人手がない中での実践は大変な面もありました。
お弟子さんがたくさんいて、その中で子育てをした野口昭子さんは、お弟子さんが勉強と称して子守りをしていたのですから、新米ママさんが一人ぽっちでそれと同じ子育てを目指さなくてもよいと私は思います。

育児書どおりに子育てが出来ないのは世の常ですが、それでも理想の子育てをしようとするあまり、母親がヘトヘトになったり、ノイローゼになったりするのなら、そのとおりにしない方がよいのです。

手間のかかるお料理は出来ないにしても、そこそこ日常のお食事の用意くらいは出来るようにならないと、母親自身の健康と母乳の質に影響が出ます。
質の悪い母乳で赤ちゃんはご機嫌にはなりませんので、まずは母親が気持ちよく暮らせるように妥協も考えましょう。
夫婦も子育てもそこそこの妥協が必要ですからね。

*   *   *

マクロビオティックの本を読んで、あれダメこれダメと排除食を実行して、精神的にヘトヘトになっている人がいるのですが、子育てもこれと似たところがあって、理想を貫こうと思って精神的に疲れ果てている人がいます。
完璧主義的傾向のある人に多いですね。

もし今、子育てに疲れている人がいたら、理想を求めるより、目の前の現実を直視されたらいいと思います。
泣き止まない我が子を抱いて、一晩中外を歩いていた私の経験は、人手があればしなくて良いものだったでしょう。
でも今の時代は核家族で家も狭くて、子育てにはとても不利な状況です。

赤ちゃんだけでなく、母親だって泣きたいのです。
ですから、世のご主人様たちは、そんな母親の気持ちを察して、この時期を一緒に過ごしてあげてほしいと思います。
自分の趣味に時間を使ったり、同僚と飲みに行くのではなく、せめて早めに帰宅してあげてほしいです。

育児は男性が想像する以上に母親には負担になります。
産後の体も労ってあげてほしいですし、母乳の元になる良質の血液も作るためにも、しっかりしたお食事を摂ってほしいです。
そのためにご主人様が買い物をしてくれるだけでも大助かりです。

出産前と出産後の妻に同じことを求めないで、男性も父親として変化しましょう。
子供に接しながら、新たなエネルギーも子供からもらえるのですから。




(舞ちゃん、完璧でなくていいんだよ〜。のーちゃん、ありがとう。)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー | 2件のコメント

産まれて1週間経ちました

むそう塾生の舞ちゃんの赤ちゃんが産まれてから1週間が経って、写真と動画を送ってくれました。
私が一人で見ているのは勿体ないので、記事にしますね。
舞ちゃんは産後3日目あたりから涙もろくなって、マタニティブルーそのもののに陥っています。
私も経験しましたが、あれは困りますよね。
急激なホルモン変化に体がついていけないのですが、そんな時に支えてくれる仲間がいると嬉しいですよね。

舞ちゃんにはお母さんがいないので、肉親に産後の生活を甘えることはできません。
ですから、今は精神的にも不安定になると思いますので、むそう塾の先輩ママたちが応援してあげてくれると嬉しいです。


1週間でキリッとしてきました。
なかなかハンサムで、女の子にモテそうですねぇ。
口元が舞ちゃん似かな?


福耳ではありませんでした、と書いてあったのですが、福耳を持っていながらひどい人生を送っている人は結構いるので、これはあまり気にしない方がいいですよ。
なかなか強情なお耳をされていますので、むしろこちらの方が楽しみかな
(笑)
男の子だから良いのではないでしょうか。


手足の指が長いそうです。
舞ちゃんの背が高いので、当然かなと思います。(ご主人様の身長は知らないので。)
あ! ということは、この指で桂むきをしたら、ママ譲りの素晴らしい桂むきができるのでは?
パパも手先を使うお仕事だから、器用かもしれないね。


昨日の朝のようちゃんです。

舞ちゃんのお父さんも孫に会いに来てくれました。
メロメロだったようですよ。
嬉しかったでしょうねぇ。


ところで、こんな動画もあります。
お目々がパッチリ開いて来ました。



カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー | 5件のコメント