子育て・野口整体・アトピー」カテゴリーアーカイブ

玄米ご飯を食べたら、ウンチが3倍出る!

先日、息子が外でお肉を食べてから京都のマンションに来たので、毒消しのスープを作ろうと思っていたところ、「お肉を食べても大丈夫!」というので、どうして?と聞きました。
すると、「玄米ご飯を食べたら、ウンチが3倍出る! あれが白米だったら体の中に溜まるんだから、怖いよね。」というではありませんか。
単純すぎるけど、彼の体ではそういう反応をしているようで、面白かったです。

彼にはマクロビオティックのことをアレコレうるさくは言っていないけれど、京都に通って中川さんの玄米ご飯を多くいただくようになって、お通じの変化を通して玄米ご飯の良さを実感したのでしょう。
息子に何も残してやれない親だけど、玄米ご飯の効果を実感させられただけでも、良かったなと思えたことでした。




(中川式玄米ご飯 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, からだ | コメントする

寄生虫の卵のんで、皮膚や腸を治療 慈恵医大が臨床試験

昔は寄生虫がいても、それは日常的なことだった。
余りにも多いと問題になるけれど。
でも、衛生向上を目指して、寄生虫は目の敵にされて今の世の中がある。
たまたま読んだ朝日新聞の記事に、「寄生虫の卵を飲む」というのがあった。
もう20年以上前に、藤田紘一郎先生にお目にかかったとき、「寄生虫をお腹に飼っているんだ」と笑顔で語られてビックリしたけれど、この記事を読んでふと藤田先生の話を想い出した。

「寄生虫のいる発展途上国には花粉症なんてない。花粉症は文明病だ。」と話されていて、「私はトイレに行っても手を洗わないから、学生たちが私の部屋のドアノブに触るのをいやがるんだ。私は不潔な人なんだ。」と笑っておられた。
私は子育ても清潔になりすぎないように気をつけていたので、すごく納得できたものだ。

でも、そうやって育てたのに、今の息子は手を洗いすぎ。
どこかで誰かの影響を受けたとみえる・・・。

 朝日新聞の記事より
<寄生虫の卵のんで、皮膚や腸を治療 慈恵医大が臨床試験>

*   *   *

かつてむそう塾に、「潰瘍性大腸炎」を患っている人が沖縄から来られて、玄米ご飯とお味噌汁と糠漬けをメインにした食生活を続けてもらったところ、1年後の幸せコースの修了を待たずにすっかり良くなった。
最後の授業日には青パパイヤの糠漬けを持参して来てくれた。
とても美味しくてビックリ!
沖縄ならではの食材を糠漬けにされて、身土不二が彼女の腸を整えてくれたのは言うまでもないが、やはり腸の改善が有効であると再確認した。

今こうして、医学界でも腸から病気を治して行く動きがあって、とても納得している。
マクロビオティックを知っている人たちは、腸の状態によって体調が左右されることは、当然のこととして受け止めているが、西洋医学の立場でも腸内環境に注目し始めたところに大きな前進がある。

あ、そうそう。
10月すぎから甘いもの乳製品を控え、無駄な水分(主に炭酸飲料)を摂らないようにしておくと、来年の花粉症の季節には症状が少し楽になって、それを1年間続けると、再来年は花粉症の症状が緩和される人が多い。
20年越しのひどい花粉症患者であった私が、マクロビオティックに出会って食事を変えたら、花粉症にサヨナラできたのだから、口にするものの影響は大きい。
それは結局、腸に影響するからだ。

息子のアトピーも、腸を改善することで良くなった。
これは実はすごい朗報なのだ。


カテゴリー: 食べたもののようになる, 子育て・野口整体・アトピー, からだ | コメントする

離乳食の信号をキャッチ! 玄米にガッと手を伸ばす赤ちゃん

むそう塾生の舞ちゃんの赤ちゃんが、ついに離乳食の信号を発したそうです。
舞ちゃんのメールから引用させていただきます。




(主人と私が食卓を囲んでいたら寄ってきたので、抱っこしたらガッときました。)

玄米に手を伸ばして、よだれたらりとしながら掴んで、そのまま口に運んでいました・・・@@!
その時食べたわけではなさそうだったのですが(今朝のお通じはいつも通りでした)、
今朝もお茶碗とその中の玄米に興味津々だったようなので
これはやっぱり・・・!ついに・・・!?と、

6ヶ月と14日、太ももの弾力もまだ十分だし、3週間早く産まれた割には早いのかな、とも思ったのですが
お通じの様子を見ながら、始めてみようと思います。
ドキドキわくわくです



(今朝、主人と私が朝ごはん食べている時。)






*   *   *

<マクロ美風より>

これからは夫婦二人でゆっくりお食事なんて出来なくなるねぇ。
でも、それも成長の一過程なので、楽しみながら、翻弄されながら、楽しく通過してください。
ママがボロボロになってしまわないように、神経質になりすぎないように気をつけてね。
あ、それから、清潔にしすぎもダメだよ〜。

子育ては体力勝負なので、ママもパワーを注入しよう!


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー | 2件のコメント

4歳の子供が鱧の骨切りままごとを!

昨夜むそう塾生から楽しい動画が送られて来ました。
4歳になるお嬢ちゃんが、ママの真似をして鱧の骨切りをしているではありませんか!
観察力のするどいお子さんで、ママより手つきが良いほどです(笑)

ところで、最近はおままごとをしない子どもたちが増えてきているのだとか。
それは言い換えると、家庭で台所に立っているお母さんの姿が減りつつあることを意味しているのでしょう。
幸いにむそう塾生は、お子さんがこんなにも高度な内容のままごとが出来る環境を作り出しているので、自信をもって練習に励みましょう。

【鱧の骨切りままごと 菜花さんのお嬢ちゃん)】


【骨切りを終えたあとの、嬉しそうな笑顔】


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー | 4件のコメント

ママのエネルギーを奪って成長する赤ちゃん

昨日は「上級幸せコースのうどん出汁を使ったお料理7選」の講座がありました。
第5回目で、これが最終回になります。
(講座の様子はこちらからご覧ください。)
全部で50名の方に、あの絶品お出汁とお料理の数々をお伝えしました。
これからの季節にピッタリのお料理ばかりなので、早速ご家族様にも喜んでいただけることでしょう。

授業が終わった後、舞ちゃんが赤ちゃんを連れて教室に戻って来てくれました。
(私の頭は今、このくらい白くなりました^^; 髪染めを止めて3か月経ちました。)



大きくなったようちゃんは、ママのおっぱいをたっぷり飲んで、元気そのものでした。
あれ? ご機嫌ナナメだぞ。



今年の夏に、初めてようちゃんを託児施設に預けて、授業を受けた時の舞ちゃんは、こんなふうに教室で泣いていました。
ようちゃんと離れていることが心配で心配で・・・。
(菜花ちゃんが励ましています。それにしても菜花ちゃんは綺麗♡)



大丈夫ですよ。ちゃんと育っています。
たくましさも感じるくらい力も出てきたので、ハイハイももうすぐですね。

この美味しいお出汁と貝をたっぷり召し上がって、ママもパワーアップしてね。



(蛤うどん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
「2018年度(第10期)幸せコース」授業日程のご案内
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, からだ | 4件のコメント