酢の物 和え物の復習 Naさん(69-4)です

写真 2
上手に出来ていますね。 盛り付けもバランス良く盛れています。
ただ、盛り付けに時間かけすぎです。 もっと速く手数を少なく盛りましょう。
時間は有限です。

写真 1
上手に出来ています。 タコも柔らかそうで甘そうで美味そうです。
辛子酢味噌はもっとエアレーションしてもっとホイップ感を出してください。
かける量はもう少し多いほうが美味いでしょう。

写真 3
茗荷の旬は夏から秋です。 蓮根の旬は冬です。
同じ甘酢漬けとして同時に教えましたが、実際に食卓に載せるときは同時に存在しないようにしてくださいね。 たまーに勘違いをされている方がおられますので言うておきます。 あなたは大丈夫ですね。
茗荷の手前のが垂直になっているのでもう少し反時計に回転させましょう。

写真 4
茹で加減はバッチリですね。 美しいです。
ごまの煎り加減が少し若いかもしれません。 いろいろ浅煎りから深煎りまで実験してみてくださいね。 対象物(野菜)の陰陽を考えて煎り方を変えるのです。
それが陰陽料理です。
器はこの量には合いません。 もう少し大きなお皿に盛りましょう。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. より:

    中川さま

    ありがとうございます。
    手際よく出来る様に、
    練習も日頃の意識もまだまだです。
    “時間は有限”
    何度もアドバイスを頂いています。
    お弁当もでも同じですので、
    頑張ります。

    アドバイス頂いたことを
    改善できるようにお料理いたします。
    胡麻の陰陽の深いお話、
    とても勉強になります、
    ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です