桂剥き道」カテゴリーアーカイブ

桂剥き投稿2019   Irさん(125-4)

刃先はなんとか傷が減ってきてまともな刃になってきましたね。
今日は桂剥きのときの右手がグリップを握りすぎていたようです。 懐が無かったでしょう?   包丁と前腕でできるライ角が大きすぎました。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2019  Kaさん(塾生番号忘れ)

桂剥き時に左手の送りが大根の回転に平行に送れていませんね。この動画のときは人差し指側が強く送られて大根がねじれています。 不安定と書かれていたので小指側が力がはいって大根が奥に倒れることもあるのでしょう。
画像に何サク目かの番号が振っていないのであなたがどれくらい練習をされているのかわかりません。 100さく剥いてこの状態でしたら練習法や認識が間違っているかもしれませんし、10さく剥いてこの状態でしたら単なる練習不足です。 どちらでしょうね。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2019  Hoさん(3-3)

包丁砥ぎの動きはよくなってきましたね 泥が出ていないのでやはり傷が目立ちます。
泥で砥ぎましょう。
桂剥きは包丁が陽性にねじれなくなったのでOKです。 あとは集中力を保つことですね。
今日気づいたこと  それは正解です そして先日伝えたことですw

 
 

 


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2019  Isさん(120-2)

だいぶ美しく剥けるようになってきました。 両脇の力みもなくなって来たので安心して見ていられます。 まだマッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻むが均一でないのですこし心配ですが刻みも上手なので次に行ってみましょう。
マッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む そしてぴら〜ん&ヨコケン&水に放った瞬間&ウール玉です。 先輩や先達の手本をよく見て投稿しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2019  Yaさん(123-3)

あなたもAir桂剥きのときから上げると送るを同時スタートさせていますね。 上げ始めてから送り始めるのです。 刃がまだ大根の細胞を切り始めていないのにどんどん大根が送り込まれて来たらつまるでしょう? 切り始めたのを確認してからたっぷりじっくり送るのです。
赤ペンと包丁がある意味同じに上下動していますね。 揺れ揺れを止めて前後に滑らせましょう。
だいぶ肩が下がってきましたね。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント