マクロビオティックのとり入れ方(2)

マクロビオティックとは?
私がマクロビオティックを始めた頃は、舌を噛みそうなこのカタカナ文字を正しく復唱
してくれる人は皆無でした。
でも、最近は「あ?、聞いたことがある」という反応もチラホラで、たま?に正しく発音
してくれる人も現われました。
しかし、それらの人が話すマクロビオティックは、私の教わったマクロビオティックと
少し違ったり、あるいは笑ってしまう内容のものまで、多々あります。
ブログ上でも、多くの情報に混乱している人を見受けますので、マクロビオティックを
正しく理解していただくために、この文章を参考にしていただけると有難いです。
         
     *    *    *    *
マクロビオティックを最も難しくいうと、A:「幸せに生きるための原理、あるいは法則
」、最も易しくいうとB:「幸せに生きるための考え方」、最も身近にいうとC:「幸せに
生きるための食事法」であると、私は理解しています。
ここでいう「幸せ」とは、人類的規模・地球的規模を指すのですが、それではピンと来
なかったり、距離を感じる人は、「元気」におきかえても結構です。
そもそも「幸せ」って元気でなければ味わえないし、「他人の幸せ」も自分が元気でな
ければ願ってあげるゆとりがないからです。
「自分が、あるいはみんなが元気に生きるための法則」

「えっ、そんなの学校で習わなかったけれど、あるなら知りたい」と思いませんか?
それが、マクロビオティックなのです。
ところが、巷で今話題になっているのは、「長寿食」・「ダイエット食」などがメインで、
本来のマクロビオティックのほんの一部分だけがひとり歩きしているように感じます。
「長寿食」も「ダイエット食」も、マクロビオティックを実践した結果の一部分に過ぎま
せん。
さらに、実践の仕方も数多くの教え方があるので、どの方法によったかも明らかで
ありません。
しかし、大事なのは、それだけ広範囲な内容をもつマクロビオティックの一部分だけ
実行しても、何らかの効果が得られるという事実が、数多く存在するということです。
最近では、本屋さんに行けば何冊ものマクロビオティック書が入手できますので、
マクロビオティックの解説はそちらに譲りますが、大切なのは、マクロビオティックに
理論実践があることです。
それは車の両輪と同じく、どちらが欠けても正しいマクロビオティックとは言えませ
ん。
理論なき実践(主に食事法・手当て法)は、むしろ危険ですらあります。
また、実践なき理論は、机上の空論と同じです。
最近、前者の人々が増えて来ているように感じ、空しさを覚えます。
マクロビオティックの醍醐味は「原理を実践で感じる」ことにあり、食事法はその導
入部分ですが、最後に行き着くのも食事法です。
ですから、マクロビオティックという考え方は、どんな学問よりも、食事を大切にする
のです。
そして、「食事が人間の体や精神をつくるので、宇宙の秩序に従った食事をして、
個人はもとより、人間が構成するところの社会世界を平和にしましょう」と考える
のです。
決して怪しい宗教ではなく、団体でもありません。
「個人から人類、そして世界が一つになるために、日本に受け継がれてきた伝統
や文化を見直しましょう
」と、日本に里帰りしてきた二十一世紀のための考え方で
す。
日本より、アメリカやヨーロッパの方で先に認知されて、最近やっと日本でもブーム
になりつつあります。
どうですか? 安心していただけましたか?
と同時に、マクロビオティックの素晴らしさを認識していただけましたでしょうか?


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. hina より:

    マクロ美風さんこんにちは。hinaです。

    心がつながっているような気がしてちょっとビックリ。

    私も「食養料理法」という記事を書いたところです。

    「自分が、あるいはみんなが元気に生きるための法則」ですね!

  2. マクロ美風 より:

    さすが!

    hinaさんは、やっぱり凄い!

    私が一番いいたいことを、見事にキャッチしてくれました。

    ありがとうございます!

    「自分が、あるいはみんなが元気に生きるための法則」

    を合言葉に、心も体も元気に暮らしましょう。

  3. ぢゅん より:

    マクロ美風さん、こんばんは!

    『理論と実践は車の車輪』という言葉。

    今の私にググッときました。必要な言葉でした。

    新しい電化製品でも取扱説明書を読まないで使うようなせっかちなところがある私なので、マクロビも実践を先走っていたような気がします。

    その結果現れたことにどぎまぎしたり。

    この言葉を教えていただけて、初心に戻りました。ありがとうございました!

  4. マクロ美風 より:

    はっきり申し上げて、実践のみではマクロビオティックの真髄を知ることは、不可能です。

    是非とも理論を深めて、ご一緒に最高判断ができる人間を目指しませんか?

    ぢゅんさんは、それが出きるかただと確信しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です