マクロビオティック京料理教室 むそう塾 第14期幸せコース


筑前煮

今月の幸せコースは煮物の勉強でした。
筑前煮はおせちにも採用可能な本格的なものです。
すこし覗いてみましょう。

 






筑前煮の野菜の切り出しです


八方剥きの見本を触って確かめましょう

八方剥きのしかたをお教えしています

さぁ芋を剥いてみましょう

大根や栗の練習が活きてきます

手綱こんにゃくを作りましょう

くるりん♫


筑前煮を盛り付けます

できました! いただきま〜す!♫

おいしいね〜〜!♫   これが家でできるようになるなんて嬉しいです。

お疲れさまでした。
塾長手本のおかわりに行列ができました。
みなさんに気に入っていただけてよかったです。
煮物名人になってくださいね。
また来月お会いしましょう。


カテゴリー: 料理教室むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. Ki より:

    中川さん

    今朝、昨日のお土産をいただきました。
    白米派の娘が、中川さんの玄米ご飯を食べて
    「甘~い!」と大喜び。
    筑前煮は、繊維質の野菜をモグモグとよく噛んで
    モリモリ食べてました。

    中川さんが作られた筑前煮は、私が作ったものとは格が違いました。
    そして、統一感の味がある上に、素材を一つずついただくと
    そのものの味がするのです。
    これは、切るときに素材の細胞を壊していないからでしょうか。

    盛り付けでは、中川さんに少し修正をしていただいたら
    静物なのに、風を感じる盛り付けになりました。
    奥深さに胸を打たれました。

    美風さん

    陰陽のお話、勉強になりました。
    髪型やファッションから、意識的に変えていける部分もありますね。
    昨日の美風さんの口紅が、艶やかで見つめてしまいました。
    心を開く色を意識していきたいです。

    麗可さん

    講座のフォローからマルシェまで、お世話になりました。
    次回のむそう塾までの一か月間、お宝さんをお願いして
    麗可さんの元気パワーを分けていただこうと思っています。
    お宝さんの段ボールを開けると、ふわーっと感じるんです。
    よろしくお願いします。

    TAMOさん

    TAMOさんが食パンを桂剥きしている記事を見ました。
    音楽の強弱記号のpと一緒で
    弱く柔らかいものほど、緊張感と芯の強さと技術力がいりますよね、きっと。
    すごいなあ。

    • nakagawa より:

      Kiさん  コメントありがとうございます。
      お子様の味覚は正直ですねぇ。 
      あなたにお教えした炊飯法と同じ炊き方で炊いています。 なにもアレンジはしていません。
      お子様に食べてもらえる玄米ご飯を追求してください。 主食ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です