鱧骨切り特訓講座の復習  Haさん(107-5)

まず先に、鱧のぬめりが取り切れていません。 まな板の上で滑る状態で骨切り包丁で押すものですから鱧が前に動いています。
しっかりぬめりを取ってまな板に貼り付けてから骨切りしましょう。
そしてその前に、おろしてすぐに骨切りしていませんか? だから余計にぬるぬるなのでは?
冷蔵寝かせ時間を必ず確保しましょう。
Air骨切りをしてください。 力んで前にずずーーと押す癖が付いていますのですぐに直しましょう。
とにかくこれだけをまっさきに直しましょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です