桂剥き投稿2015 Saさん(83-1)です

YouTube Preview Image
やはりあなたは「押す方」よりも「引く方」の方が安定していますね。

YouTube Preview Image
押さえすぎですねぇ。 赤ペンのちから加減で砥げていません。 赤ペンと砥石と2種類の練習をしています。

YouTube Preview Image
もっともっと押さえる力を抜いてください。残酷な音がしています。

YouTube Preview Image
あなたは定規を1センチしか上げていません。 もっと上げましょう。

YouTube Preview Image
包丁になると2センチくらい上げています。 そのかわり面圧があたっていないので厚さがどんどん厚くなっていき、薪割りのような音になるというわけです。
薄く薄く剥きましょう。 面圧を理解しましょう。

YouTube Preview Image
おばあさん復活です。せっかくリズミカルに刻め欠けていたのですが・・・

YouTube Preview Image
右手首の話しをします。 右手首はあなたのように「くの字」に曲がるのでは無く、手首も使って柔らかく送ると「逆くの字」になるのです。そうすると大根を押し込むのではなく引くという感覚が掴めるのです。 今の段階では難しいでしょうが、お教えしておきます。

YouTube Preview Image
刻みに耐えないくらい切れやんでいます。しっかり砥ぎましょう。
残酷な音を出さないように、しっかり砥ぎましょう。

20150703_㈰桂剥き (640x360) 20150703_㈰刻み横 (640x360) 20150703_㈰刻み上 (640x360) 20150703_㈪桂剥き (640x360) 20150703_㈪刻み横 (640x360) 20150703_㈪刻み上 (640x360) 20150703_包丁研ぎ_むそう塾㈰ (640x360) 20150703_包丁研ぎ_むそう塾㈪ (640x360) 20150703_包丁研ぎ_むそう塾㈫ (640x360) 20150703_包丁研ぎ_有次㈰ (640x360) 20150703_包丁研ぎ_有次㈪ (640x360) 20150703_包丁研ぎ_有次㈫ (640x360)


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です