桂剥き投稿2015 Saさん(64-5)です

YouTube Preview Image
Air桂剥きとリアル桂剥きを診るとき私が一番に注意するのはテンポ、面圧の有無、そして一番大事な左手の送りですね。あなたの缶を回すときの手首と大根を回すときの手首を比べてみましょう。どちらも包丁(定規)を上げきった時の手首です。
愕然とするでしょう? これでは上手にはなりません。
スクリーンショット 2015-06-27 6.12.21定規はご子息のものを拝借していたのでマジックで書けずにポストイットで印を着けたからピンクになりました云々の言い訳がかいてありました。 そもそも論の話しをすると、あなたは1月経って投稿しなくても良くなるのを最初から待っています。 でなければAir桂剥き用の定規くらい借りなくても買いますよね。 済んだらご子息に返したら無駄が無くて私ってなんて倹約家♬なんて思っているようでは上達はしません。 なかなか私の思いは伝わりませんね。人というのは難しいものです。

YouTube Preview Image
そしてこれが大根の時の手首です。
スクリーンショット 2015-06-27 6.12.43判りますね。どう直せばよいのかも判りますね。


YouTube Preview Image
まな板が薄いのは高さ調節でしょうか? この音ではどんどん刃が切れやみます。
柔らかい木のまな板で練習しましょう。 台に乗るとか高いサンダルを履くとかしましょう。

YouTube Preview Image
少し揺れていますが大丈夫です。もう少し丹田に力を入れて息を吐くときに押すようにすればもっと安定します。 大丈夫です。

YouTube Preview Image
完全に押さえ過ぎです。これは赤ペンと同じ動きではありませんね。赤ペンは砥石にこすりつけて居なかったでしょう? 包丁も同じです。

IMG_2179 IMG_2188 IMG_2186 IMG_2196 IMG_2194 IMG_2193 IMG_2195


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 64-5 のコメント:
    ご指導有難うございました。

    自分の余りの不器用さに途方にくれておりますが、少しでも進歩したいという気持ちはあるので、腰が引けているという自覚がなく、申し訳ありませんでした。

    中川さんの熱い思いを受け止めることができる様、腹を据えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です