9月28日の玄米投稿

塾生さんの中川式玄米炊飯投稿は


先ずはKuさん(41-4)からです。

新米を130%で炊いてこの硬さと言うのはおそらく
火が強すぎて炊飯中にしゅーしゅー言っていたので
しょう。 大事な米に鋳込むべき水がしゅーしゅー
と逃げていったのですね。
30分間はしゅーしゅー言わさずに炊飯しましょう。
焦げは薄くしか付かないように炊いて下さい。
それでも圧は30分保ちます。保たない場合は圧力
調節弁の汚れを疑いましょう。
次はYaさん(41-3)です。

今日の投稿データに「ん?」という部分を見つけました。
ピン落ちまでの時間の項に30分と書いてあるので
てっきり蒸らしの圧が30分保っているのかと思って
おりましたが、そのあとに(覆いを外したとき)と
ありました。 これでは正しい情報は伝わりませんね。
ピンが落ちた時の経過時間を書くのです。
早くに(おそらく20分くらいで)ピンは落ちている
はずです。 そしてそのまま米袋をかぶせておくから
蓋の裏で結露が起こり、鍋肌を伝わって水滴が飯に滴り
飯がべちゃべちゃになり、さらには鍋肌を伝わり鍋底
にまで至り、底に水分が溜まるのです。
30分蒸らしの圧が保つように保温して下さい。
ひょっとしたら圧力調節弁がふきこぼれ等で汚れたまま
ではないですか? または正しく装着されていないか。
直ちにチェックして次の炊飯に備えましょう。
次はNaさん(38-9)です。

すこーし飯が硬いですね。浸水時間を90分にしましょう。
しゅーしゅーが長く続かないように火加減調節を正しく
行って下さい。
ブラックボックスの部分の行程を忘れていませんか?
しっかり思いだして我流が入らないように確認しましょう。
体調がましになってきたのは少し良い陽が入ってきたから
ですね。 鎮痛剤も極陰性な悪いものですから身体には
影響が多いです。 しっかりした主食をとる事で飲まずに
居られるならそれにこしたことはありませんね。
次はKoさん(41-8)です。

もう少し火加減を弱めて下さい。 強すぎます。
火が強いから圧が保たないという事実を理解できているか。
どうでしょう? 逆もまた真也。
圧をかけたくて火を強めたら圧が下がってしまう。
炊飯の面白いところです。
過ぎたるは及ばざるがごとし。を理解できると良いですね。
集中しましょう。 
次はOoさん(37-7)です。

精神的に弱っておられますね。
あなたが疑心暗鬼に陰性な気持ちになっておられるほどは
悪い炊き上がりではありません。
玄米を美味しく消化吸収よく炊ければ全てが解決するかと
いうとそれは無理です。 食物が責任を持てる割合など
しれたものなのです。
マクロビオティックは玄米を食う事なんて思ってはいません
よね? 違いますよ。
玄米菜食をすれば廃れた食生活が正されてマクロビオティック
を勉強しやすくなる体調に近付けますよというものです。
氣持ち、心、感謝、信頼、憂う心、はばかる心などを忘れて
いませんか? これらが欠けると玄米はたちまち不味くなり
ます。 今一度自分を見直してみましょう。 応援しています。
終わります。
玄米ご飯と言うのはドラゴンボールの「仙豆」ではありません。
ポパイのほうれん草でもありません。 
どちらかと言えば青い空、蒼い海、澄んだ空気、頬をなでる風
のようなものなのです。
いつもあたりまえのように傍に在る。
その当たり前に感謝できる人の玄米は開きます。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Ya(41-3) のコメント:
    中川さんこんばんは。
    さっそく拝見しました。

    ピン落ちまでの時間30分というのは、その通りで
    30分経ったので覆いを外したら、シューと鳴ってピンが落ちたのです。

    圧力調整弁は、毎回確認しているし、キレイです。

    おネバと呼ばれるものが吹いたことも今のところありません。

    ひとつ気になる点があるので、メールで質問させてください。
  2. 秋乃(37-10) のコメント:
    中川さん、こんばんは。
    投稿中のみなさま、お先にコメント失礼します。

    自分の足で立つ、歩む。
    あらためて、その大切さに氣付かせていただきました。

    投稿中のみなさま、失敗は美味しく炊くための道筋を教えてくれます。ですから、悲観するのではなく、楽しんでください。
    必要以上にナーバスになっておられるように思いましたので、気になってしまいました。差し出がましい発言、お許しくださいね。
    これからも一緒に学ばせてください。
    ありがとうございました。
  3. てんこ(Is27-9) のコメント:
    中川さん、こんにちは。

    最後の文章、あ、そうか。。と思いました。
    玄米は強烈な存在じゃなくて、やさしい物なのだ。

    娘が、前より玄米がおいしくなった、と言ってくれました(涙)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です