政府と反政府

また若い大事な命が失われた。
彼は戦いに行ったわけでも商売にいったわけでもない。
戦わなくても食べていけるように、荒野を緑にすべく農を伝えに行っていたのだ。
麻薬を作っても不幸な人が増えるだけ。その思いでふるさとから遠く離れた地
まで人が幸せになれる物を、畑から得るための方法を教えに行った。
それなのに殺された。
現地の言葉も理解し話せた彼は怖かっただろう。恐ろしかっただろう。
現政府に協力している人間は反政府側の人間からは敵なのか。
裏と表、陰と陽を悲しい思いで知らされた。
玄米菜食を実践してからは怒りや憤りが抑えられて、静かな男になってきたと
思っていたのだがこのニュースには拳を硬くさせられた。
心からご冥福をお祈りします。
人間の為に尽くしたのにちっぽけな対立の犠牲になった青年へ。
黙祷。


カテゴリー: 思い パーマリンク

コメント

  1. asa より:

    初めまして!本当に心痛む出来事です。物の溢れて水も蛇口をひねればすぐいただけるこの国から、何もかも足りない国に出向き地元の人たちの暮しを少しでも良くする為に頑張ってこられた人なのに・・・・
    あまりに、酷すぎます。ご冥福を祈ります。

  2. oreo より:

    こんにちわ。

    最悪な一報を聞いた時、無力感でいっぱいになってしまいました。

    地球上には、多くの民族・神・宗教・価値観があって
    人類皆兄弟なんて現実にはりあり得ないと思うのです。

    でも一方で、普遍的でシンプルな善意は万国共通…と信じていたんですが
    もはや、そんなレベルの事態ではなくなってきているのでしょうか。
    …希望を捨ててはいけない…いや、でも、しかし…と
    憤りと悲しみと絶望感が堂々回りをしてしまうのです。

    合掌

  3. zenemon より:

    asa さん はじめまして ようこそです。
    まさに同感です。
    簡単に平和を望むと人はいいますが、そのために何ができるのでしょう。
    平和の為に何かをやろうとした青年が死ぬのは耐えられません。
    二度とこんなことの無いように我々は何ができるか考えましょう。

  4. zenemon より:

    oreoさん こんばんは コメントありがとうございます。
    つらいですね。
    生きてる価値が無いような悪者が街のどこかでのうのうと弱者を
    虐めて生きているのに、大事な大事な青年の命は簡単にゲーム
    のように何発もの銃弾を撃ち込まれて惨殺されました。
    おかしいですよね。 絶対に。

  5. maki より:

    こんにちは、はじめまして。
    今オーストラリアに留学しているmakiと言います。
    この日記を読んで、悲しみとやるせなさに胸がいっぱいになりました。
    どうして同じ人間同士、いがみあって、憎み合って、殺し合わないといけないんだろう、と今の現実に苦しくなります。
    それを変えて行くも行かないも私たち自身。
    難しい時代に生きているけれど、少しでもその変化の過程に貢献したい、
    そう思っています。

  6. zenemon より:

    maki さん こんにちは。 コメントありがとうございます。
    留学されていることから maki さんはお若い方だと察します。
    次の時代を作っていく若い方が命を落とすのはたくさんです。
    どうぞご自分の命を大切に、無理をされませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です