桂剥き投稿2017  Suさん(102-1)

砥石の手前側も全面使えるように砥ぎましょう。砥石が偏って減るので丸刃の原因になります。 もっともっと浮かせて、水にしか包丁が触れないように前後させましょう。
剥きは右手(左手もですが)に力が入りすぎています。剥きながら上げながら刃先が大根の中心に向けて食い込んでいってるのが見えますね。これだけ刃が波打って動くと薄く均一に剥くのは不可能なのです。
あなたも、包丁に手鏡が貼ってあって、その手鏡にずっとあなたの顔が映っているように上下させてください。 波打ち、厚い薄いが治ってくるでしょう。
右手の動きをシンプルに。
刻みは形はできていますが、この薄い重ねでキレていない音がしているのでやはり包丁砥ぎがまだ出来ていないことが判ります。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 102-1Su(苑) のコメント:
    右手の動きをシンプルに。
    やってみます。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です