桂剥き投稿2017   Kiさん(99-3)

Air桂剥きは正しくできています。
リアル大根は右手で左に剥き進んでいます。刃が飛んで左手親指を怪我する可能性があるので修正しましょう。 右手甲を真右では無く、すこし右上に向けます。
刻みは包丁を柔らかく持てていて良いですね。 有次を見ながら刻めるように角度を覚えてしまいましょう。
赤ペンは先が手前に倒れる癖があります。 ということは刃先が丸刃や二枚刃になる可能性があるということです。 垂直をキープして滑るように前後できるようになるまで練習しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ゆり(99-3) のコメント:
    中川さん、早速みて頂きありがとうございます。
    Air桂剥きが正しく出来ていたとの事で、ほっとしました。
    そして、刻みの包丁の持ち方に不安があったので、大変嬉しいです。
    訂正箇所を改善出来る様、動画に撮って客観的に見ながら練習します。
    ご指導ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です