桂剥き投稿2015 Taさん(37-5)です

YouTube Preview Image
いいですね 腰が不動なのが良いです ふらふらしていません いかにも硬い動きですが・・・

YouTube Preview Image
これで良いでしょう。右手が安定していないので刃があたったりあたらなかったり峰近くが擦れたりいろんな音がします。でも押し付けなくなってきました。右手が安定してきたら急に泥が出てきます。予言しておきます。

YouTube Preview Image
リカバリするとき(包丁を上げきって次の準備をするために下ろすとき)面圧が消えています。面圧は剥き始めたら最初から最後まで上げても下げてもかけっぱなしです。できていないとこのぴら〜んのように切れたり縦線が無数に入ります。横線はずっと消えない力みです。 縦も横も線は入っては行けません。私のは入っていないでしょう?
かつらむき のコピー
YouTube Preview Image
上手に刻めています。刃に仕事をさせようとしているのが判ります。 細かいことですがまな板の下に敷くタオルの折り重ね方でまな板が前上がりになっているのに気づきますか? これは刻むときに刃が食い込む原因になります。 繊細にね。
力むと僅かなこと微妙なこと繊細なことに気づかずに大股でズカズカ進んでしまいます。
普段からそういうことの無いように生きましょう。

(ぴら〜ん) 刻み 桂剥き ウール玉 mizu包丁① 包丁④ 包丁③ 包丁②


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ひかる のコメント:
    中川さん
    おはようございます
    ご指導ありがとうございます。
    圧面のこと、指摘いただきありがとうございます!

    生活にも繊細さを。変えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です