マクロ美風さんのCanon EOS 5D から 第5期幸せコースAクラス

鯵のお造り

027A9595

まずは自分のお造り用のケンを剥きましょう
412A9714
春からの練習の成果がここに!
412A9716
・・・どこに!? w
412A9717

え〜っと、 ノーコメントで 汗
412A9719 412A9725 412A9724 412A9723 412A9722 412A9721 412A9720 412A9727

ほんとにも〜〜〜〜 (T_T)
412A9735

さぁ新鮮な鯵をさばきます 包丁を入れて頭や腸を除くところです
412A9737
はい! こんなに簡単です!
412A9743

さぁ みんなもおろしてみよう!
412A9750
えーと、どうだっけかな?  もう忘れる? 数十秒で!w
412A9751
そんなに身をめくらな〜い! 身割れします
412A9759
その包丁の持ち方は生姜をへぎ切りする時の持ち方です 間違ってますよー 引くときは?
412A9767

大丈夫かな? おそるおそる
412A9765

そんなに覗きこまなくても大丈夫 刃先の感覚で見るのです
412A9764

荒いなめろうができてしまいますw
412A9763

お骨にたくさん身が残っていますねー リッチなあら(笑)
412A9762

左手はいい手つきです 右手は人差し指が間違ってまーす
412A9761

腹腔の骨を切るのが難しいのかな?
412A9760
はーい、もう一度三枚おろしから デモしますよー
412A9776

平造りの包丁のキレについて力説する塾長 伝わったかどうかは定かでは無い
412A9782

この片身が このテーパーが
027A9575
こうなります 幅の細い尻尾から頭側まで同じ長さの造りの集まりになっているところに注目
027A9577

これがキレだ! できるか!?
027A9583

出来ました!
盛り付けA
027A9589

盛り付けB
027A9588
こういう紅白も
027A9615

なめろう入りも
027A9624

片身を塩焼きにしましょう
027A9627

できました! 大根おろしをたっぷり添えて
027A9644

カラスガレイの煮付け
027A9632
こんな絵も描いて説明しましたが 伝わったかどうかは定かでは無い
027A9573

お疲れさまでした。

 


カテゴリー: 料理教室むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. 緋乃 のコメント:
    中川さん

    本日はありがとうございました。
    苦手だったカレイの煮付けの美味しさに驚き、鯵の塩焼きの美しい焼き姿に惚れ惚れし、お造りのキレの良さに感動した1日でした。
    魚料理、とっても奥深いです。
    日本人として、魚の構造、捌き方、調理の仕方を知れて良かったです。
    包丁の持ち方が間違っていたのが写真から分かったので、再度復習して治します。
    • nakagawa のコメント:
      緋乃さん お疲れさまでした。
      難しそうなお魚の扱いですが、理屈が判ってしまえば簡単です。
      数をこなすしか美味くなる方法はありません。 まずは復習を自己撮りしてください。
      もちろん動画です。
  2. Te(55-5) のコメント:
    中川さん、美風さん
    本日もありがとうございました。

    魚をおろすことは時々母の姿を見ていたものの、きちんと教わったことがなかったので、今日を楽しみに迎えました。
    実際に自分でおろした魚は何とも痛ましい状態にしてしまい、キレには程遠かったのですが、練習するしかない!ですね。
    魚の煮付けは家族が大好きで、母に教わった方法で作っていました。今回習った煮付けも、喜んでくれるだろうな〜と、帰りながらニヤニヤしています。

    座学「今を生きる」では、今の私にはもっと芯のある陽が必要だと再確認しました。課題も見えているので、新年度に向けてグンっと変えていきます。

    麗可さん、たくさんの洗い物と細かな配慮に支えていただき、ありがとうございました。

    また来月も、よろしくお願いいたします。
    • nakagawa のコメント:
      Teさん お疲れさまでした。
      お母様の仕事がしらないうちに身体に染みているのです。それが親の教育だと私は思っています。
      あなたも美味しいものを作る姿をなるべくお子様に見てもらってください。
      背中でものをおしえるのです。
  3. 麻莉 のコメント:
    中川さん、美風さん、おはようございます。
    昨日もありがとうございました。

    魚のおろし方もさばき方も前回の幸せコースで教えていただいていたはずなのにトホホな鯵になってしまいました。せっかくお魚の美味しい土地に住んでいるので今回はできるまであきらめずに練習したいと思います。桂剥きも頑張ります。
    座学では「今を生きる」。スマートに決断できるように。周りを氣にせず自分がどうなのか、をもう少し大事にしたいと思います。

    昨日は朝から終わるまでぐずぐず・めそめそですみませんでした。
    まだまだすっきりとはいきませんが今月いっぱい待ってみます。
    昨日お二人に心の内を話せたことが今日の私の安心感です。
    本当にありがとうございました。

    麗可ちゃん、昨日もありがとうございました。いつも助けられています。

    来月もよろしくお願いいたします。
    • nakagawa のコメント:
      麻莉さん お疲れさまでした。
      どうして2回めなのにできないのか? それは前回復習をしなかったからです。
      覚えるまで復習をすれば、自転車に乗るのと同じですから忘れません。
  4. のコメント:
    中川さん 美風さん
    昨日もありがとうございました。

    お魚をおろすことの無い生活を送ってきましたが、せっかく新鮮なお魚が手に入りやすい地域に住んでいますので、家で美味しく食べられるよう、しっかり復習します。脱 荒いなめろうを目指して、そして桂剥きも頑張ります!!

    煮付けは、簡単なのにとても美味しくて食べやすくて感動でした。
    今まで、私が作った煮付けに箸が伸びなかった夫に、早く食べてもらいたいです。

    また座学では、いつも鈍臭く過ごしてしまっている原因がよく理解できました。自分では気づいていない点でしたので、とてもありがたいです。
    まずは一ヶ月間、気をつけて過ごします。
    • nakagawa のコメント:
      愛さん お疲れさまでした。
      あなたも麻莉さんもお魚の豊富な土地にお住いなのですから海からの恵みを大事にいただきましょう。
      マクロビオティックだから魚を食べないのではありません。
      マクロビオティックだから正しい魚の食べ方を学ぶのです。
  5. 姫(69-1) のコメント:
    中川さん、美風さん、昨日もありがとうございました。
    父親が大の魚好きで、幼い頃から魚料理に慣れ親しんでいたものの、いつもさばくのは父親任せで、正しいさばき方を知りませんでした。
    ずっとキチンと学びたかったお魚の扱い方でしたので、しっかりモノにできるように頑張ります。
    魚料理は、キレが命。キレを大切に身につけたいと思います。
    カラスカレイの優しいお味。これはきっと子供も大好きになってくれそうでワクワクします。

    座学の「今を生きる」は、まさにマクロビオティックな生き方の真髄に感じました。毎日懸命に過ごす事は、自然と「今を生きる」に繋がるように感じています。打ち込めることがあるのは、人生の悦びでもあります。
    改めてむそう塾に出会えた幸せを感じたお話でした。
    もっと意識して過ごしてみます。

    スタッフの麗可さんも、いつもフォローして下さりありがとうございます。気持ち良く学ばせて頂く事ができました。

    今期最後の実習でしたが、本当にありがとうございました。
    • nakagawa のコメント:
      姫さん お疲れさまでした。
      綺麗に美味しく魚を料理できるおかあさんになってください。
      だいたいの子供の魚きらいの原因はお母さんが料理しないかヘタかなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です