マクロ美風の体験的マクロビオティック 痩せたいなら玄米を 太りたいなら白米を

物事には必ず例外というものがありますが、経験的にいって玄米を食べると痩せるケースが圧倒的に多いです。
そして、白米を食べると玄米より太る傾向があります。
これは玄米の持つ排出力の影響なのですが、同じ玄米でも炊き方によってこの効果には差が出ます。

炭水化物抜きダイエットというのがありますが、これはかなり危険です。
一時的には効果があったとしても、ほどなく体調不良を招きます。
食べ物のもつ特性を考えれば当然のことなので、マクロビオティックを知っていらっしゃる人は、間違ってもこのようなダイエット法には手を出さないと思いますが。

むそう塾には痩せたい相談や太りたい相談が寄せられます。
どちらの場合も食べ物を調整することによって、ある程度のところまでは短期間で到達します。
しかし、最後の一歩は食べ物ではなく精神的な面が鍵を握ります。
とことんつき合ってアドバイスをしていると、もう業といいますか、カルマといいますか、短期間ではどうにもならないものを引きずっている人がいます。
時間をかけて根本的なところから絡まった糸をほぐすような作業が必要になります。

そんな大変な作業でも、本人に変わろうとする真摯な姿勢さえあれば期待が見込めます。
しかし、何かに頼ろうとする他力本願ではその壁を突破することはできません。
私個人としては、痩せていても太っていても、本人が前向きで元気であるなら体型はどうであっても良いと思っています。
ただ、体調が今ひとつなら、ベストな状態に持って行く努力はされた方が良いと思います。

そのための参考として、冒頭の玄米と白米の違いを書いたのでした。
他にもパン・パスタ・素麺・冷麦・ラーメンなどの小麦粉製品も太る方向に作用します。
水分や果物の摂り方も影響します。
マクロビオティックの陰陽は、それらを分かりやすく分類しているので、希望の体型にするための指針になります。

体型はその人の心の表れでもありますので、食べ物や精神面をコントロールして、自在な人生を愉しむのも良いかと思います。

 

027A9339

 
怪しげなダイエットをするくらいなら、写真のような糠漬けを食べる方がよっぽど体のためになります。
腸を整えてこそ、本当の健康があるのですから。

 


カテゴリー: マクロ美風の体験的マクロビオティック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です