上級幸せコース6月の復習  Hyさん(82-2)


上手にできましたねぇ  疾走感があります あなたから疾走感のある料理が生まれ出るなんて、私は感動しています。  けっこう自分でも急いで作りましたね。
それでいいのです  速さは旨さです。 丁寧に速く これですね。  合格です


課題である茗荷の300刻みもかなり良いところまで薄く刻めています。
シルキーな歯ざわりを楽しめたでしょう。 梅ソースも煮詰まらずになめらかに作れましたね。 この夏にお楽しみください。  合格です


コーンの茹で方も確認できて 美味しく正しく作れています。
盛り付けの腕が上がっています。 OBENTERS™参加されているわけでも無いのに盛り付けが上手くなっていくというのはお家での復習をしっかりされている証拠です。
うーーん 盛り付け上手いなぁ。   合格です


カテゴリー: 今日の復習 | コメントする

桂剥き投稿2022  Teさん(140-1)   9

上手になってきましたねぇ。
今日は一つ質問しますね。
赤ペン練習で手のひらやペンの尻が触れるか触れないかのところを上手に前後させることができるようになりましたね すごいです。
では!(ここで質問)
ペンを包丁に持ち替えた瞬間になぜ包丁を砥石に押し当ててこすりつけるのですか?
答えを待ちます。 コメント欄でもiMessageでもよいですよ。お答えください。

Air桂剥きをみていると「この人絶対パイロン量産者だねぇ」とすぐにわかります。
その根拠がこれです

厚みセンサーを兼ねた大事な親指が2本とも缶の下方に集まっていて缶の上の方は放置されていますね。 これが上と下の厚みが変わる原因です。 すぐに直せますね。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2022  Yuさん(94-4)   16

右手でぐいぐい剥いています。 センサーが使えていないのでパイロンが治らないのです。 ここに来て急に何日分も退化してしまうのは謎です。
初日からずっと言っている「力み癖」がここに来て進化を阻んでいます。

パイロンが治らないのも力み、刻みがリズミカルに刻め無いのも力みです。
思い切って自分を変えないと 小さい変化も得られませんよと言うてからもまだ力みが消えていません。
自分でも後退していると感じられたのかタテケン&断面正方形投稿に仕切り直されているのは良いですが 力んでいるのは治っていません。 さぁ ここからどうします?

私がもし力んでいるとうるさい指導者からやいのやいの言われらとしたら(笑)
んならこれでどうじゃ!とばかり剥きながら脱力して包丁をまな板の上に落としてやります。 刻みながら手から包丁が抜けてまな板の上に落ちる動画を撮ってやります。
そして指導者に「おいおいそれはやりすぎやで」と言わせてやります。
でもあなたは何かを怖がって「おいおいそれはやりすぎやで」というところまでできない。 できないならどうすればマッチ棒の1/3の厚さに剥いてマッチ棒の1/3の幅に刻むまで期限内にできるようになるかを徹底的に考えて実行しましょう。

次回からは右身 押す方の画像は不要です 引く方の荒れた面の画像を添付しましょう


うつくしい

マッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻む ができています


カテゴリー: 桂剥き道 | 2件のコメント

桂剥き投稿2022   Kiさん(142-1)   15

すばらしい! ついに正統進化してきましたね。 たくさんのチェックポイントを一生懸命クリアしながら統一感のある動きに仕立てています。 良い練習をしています。
さぁどうどうと次のステージに登りましょう。
次はマッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む です。 できないときは1段戻ってまた登ります。 ヤミクモ禁止でいきましょう そのほうが上達が早いのは身を持って証明していますよね。
つぎからはヨコケンでぴら〜ん画像とボール水に放ったところの画像と 小皿にウール玉に盛った画像を添付してください。 タテケン画像やサクッと切った断面画像はいりません。
包丁砥ぎも正しいので 特別診てほしい時意外は動画も画像もいりません。
桂剥きと刻みに集中しましょう。 楽しみです。


カテゴリー: 桂剥き道 | 2件のコメント

桂剥き投稿2022  Kiさん(142-1)  14

どんどん刃先が食い込んで分厚くなっていくのは 両親指のセンサーが働いて居ないからです。 その証に 何度も上と下の厚みを目視そいています。
目で見るのではなくセンサーで感じられるようになりましょう。
刃境を大根に面圧するというのを理解できるともっと薄く剥けるようになるでしょう。
同じ厚みでずっと剥けるのは あなたなら何ミリくらいですか? 自問して答えを出しておきましょう。

まだまだもっと剥けます  新品のチョークくらいになるまで剥きましょう


カテゴリー: 桂剥き道 | 2件のコメント