京都の人はやたらとお揚げさんを食べますね きつね丼 衣笠丼

きつねどんぶり京都むそう塾 中川善博上田のお揚げを涼麺のつゆでサッと煮て火が通ったら九条ねぎの柳を加え、色が出たらご飯に載せて出来上がり。 つゆさえあれば専門店よりも美味しいきつね丼がご家庭で。
ちなみにこのきつね丼に火を止める直前に溶き卵を回し入れ、ひと呼吸蒸らして半熟で丼ご飯に載せたものを衣笠丼と呼びます。


カテゴリー: 飯物 パーマリンク

コメント

  1. 夏目 のコメント:
    手早くて、お店以上の美味しさが
    家庭で出来るのが、とっても嬉しいです。
    衣笠丼という言葉もはじめて知りました。
    いつもありがとうございますm(__)m
    • nakagawa のコメント:
      夏目さん こんにちは
      コメントありがとうございます。
      衣笠丼は今夏、なか卯がメニューインして話題になりました。
      お揚げが問題ですね。
  2. De(66-3) のコメント:
    中川さん、こんにちは。
    九条ねぎが色鮮やかで艶があってとっても美味しそうです♪
    衣笠丼というのも食べてみたい。
  3. のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    ううう、美味しそう。。
    あの絶品のおつゆできつね丼なんて、なんて贅沢な。。
    衣笠丼も美味しそうです。

    昨晩ちょうど涼麺だったのです。
    おつゆが半人前くらい残っているのでやってみますー!
  4. のコメント:
    中川さん
    こんばんは。

    きつね丼作ってみました。
    中川さんお勧めの上田さんのお揚げを買っていましたので
    夜ご飯に父、母と頂きました。
    美味しくて、父も母も
    初めて食べたけど美味しいねーと。

    ん、
    また食べたくなってきてしましました。
    お料理のご紹介をありがとうございました!
    • nakagawa のコメント:
      好さん こんばんは
      コメントありがとうございます。
      フレスコの場所を聞いておられましたものね〜。w
      手に入ってよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です