9月21日の玄米投稿

塾生さんの中川式玄米炊飯投稿は
先ずはNaさん(38-9)からです。

a0037120_239873

滋賀県産のお米も新米の季節になりましたね。
少し浸水時間が足りないようです。もう少し延ばして下さい。
1時間で良いでしょう。水は840が良いようです。
無農薬のお米を探して居られるようですが、農協で探しても
なかなか無いでしょう。 農協では農家さんに農薬や化学肥料
を買ってもらう事も事業の一環だからです。
そうしてその農薬や化学肥料を使ってできた米を供選といって
買い上げて農家さんにお金を払う仕組みになっているのです。
探す場所を間違っていますね。

次はHaさん(29-3)です。

a0037120_23203913

う〜む、なかなか安定しませんね。
正しく炊ける時と今回のように炊ける時との違いを正確に
分析しておかないといつまでもマグレとハズレの間をうろうろ
と迷う毎日になってしまいます。
マグレの確立を上げるとそれは実力になります。
なぜ上手く炊けるか、なぜ炊けないのかをもうそろそろ
解らなければいけません。

次はKaさん(40-4)です。

a0037120_23251983

炊飯を通じてご自分を見つめ直す事ができたのですね。
とても素晴らしい経験をされました。 いいですね。
早くパスを取って、さらにその上を目指して下さい。
弱火は弱過ぎる事はありません。この火加減で良いでしょう。
もっともっとふうわり白米のような炊き上がりを目指しましょう。
次回は塩を1つ減らしてみて下さい。

終わります。
みなさん、いつかは、
どんなに悲しい事や腹立たしい事があっても、いつでも
ふうわり優しい もの凄く美味い玄米を炊けるようになって
下さい。
でないと炊く人の感情の起伏で美味い不味いが決められて
は、半年もかかってこの世に産まれ出て来た米が可哀想
です。
そうは思いませんか?
私は思います。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. マクロ美風 のコメント:
    中川さん、こんばんは。
    玄米投稿ありがとうございます。

    >半年もかかってこの世に産まれ出て来た米が可哀想です。

    新米の出回る季節になって来ただけに、このメッセージが心に響きます。
  2. kyoro のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    お米の気持ちを考えて炊飯しているつもりでしたが、やはりそれは『つもり』でただの自己満足でした。

    お米も私たち人間と同じ命を持っていることを心に刻んで、これから炊飯します。
    新たな氣づきをありがとうございました。
  3. ふみよ丸 のコメント:
    >半年もかかってこの世に産まれ出て来た米が可哀想です。
    本当にそうですねぇ。
    うちのお米は、生産者さんが我が子のように慈しんで育ててこられた
    お米です。
    送っていただく度に、いつもそんなふうに感じ、心が温まるのです。
    中川さんのメッセージから、そんなお米を私に売ってくださること、
    それ自体がとてもあり難いと感じました。
    そして、愛情込めて作られたものは、むげにできない力を持っていると炊飯しながらいつも感じるのです。
  4. おはる のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    〉いつでもふうわり優しいもの凄く美味い玄米を炊ける

    それがどんな時もしっかりと
    生きていくことなのですね。
    自分のイノチ、周りのイノチ。
    大切にしていきますね。
  5. ふみよ丸 のコメント:
    中川さん、おはようございます♪
    (↑コメントご挨拶が抜けていました 汗)
    陽性すぎ→くにゃくにゃの陰性に振り過ぎのようです(笑)
    やっぱり私って、猪突猛進型ですね クスクス*^-^*
  6. まい2 のコメント:
    中川さんおはようございます。
    浸水しながら、「このまま火にかけなかれば、
    芽が出て万倍のお米になるんだなぁ」と思っていました。

    命を頂いているのですね。
    >いつでもふうわり優しい もの凄く美味い玄米
    炊けるよう、精進します。
    ありがとうございました。

    投稿者のみなさま、先にコメント失礼いたしました。
    一緒にがんばりましょう!
  7. マクロ美風 のコメント:
    >まい2さんへ

    まい2さん、こんにちは。
    現在投稿中の方への気配り、嬉しいですね。
    でも、大丈夫よ。
    玄米投稿の記事は現在投稿中の方だけのものではありませんから。
    こうしてパスポート取得者も、むそう塾に参加されたことのない人も、みんなで思い思いのコメントをしていただく場です。
    ですから、どうぞご遠慮なさらずにどしどしコメントをなさってください。
    Twitterでつぶやくより、こちらにコメントを下さる方が、多くの方と共有することが出来ます。
    また、あなたの経験はこれからパスポートを取得される方にも参考になります。
    みんなで楽しい場を作りましょう。
    ここはあなたの故郷ですからね。

    中川さん、コメント欄をお借りしました。
  8. まい2 のコメント:
    美風さん、おはようございます。
    そうですね。共有していただけるこの場があったから、
    わたしも勇気を出してむそう塾生になることができました。
    そして共有できることにいまでもずっと助けていただいています。

    >ここはあなたの故郷ですからね。
    うれしくって泣けてきます〜。
    みんなの故郷ですね。

    あらためて、ありがとうございました。
    これからもよろしくお願いいたします♪
    中川さん、コメント欄お借りしました。
  9. Yu(40-5) のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    ありがとうございます。
    炊飯回数が増えるにつれ、自分の状態が炊きあがりに表れているのを
    感じておりました。
    >半年もかかってこの世に産まれ出て来た米が可哀想です。 
    貴重な教えが、心に響きます。
  10. Bu(40-2) のコメント:
    中川さん

    こんにちは

    まだまだ炊くだけでいっぱいいっぱいですが、

    >どんなに悲しい事や腹立たしい事があっても、いつでも
    ふうわり優しい もの凄く美味い玄米を炊けるように

    私もなりたいです。

    お米の命
    意識して炊いていきます
    ありがとうございます
  11. mariko2212 のコメント:
    中川さん、こんばんは。
    パスポートをいただいてから、振り返ると、
    悲しいときほど、苦しいときほど、おいしく炊きたいと願い炊いてきました。
    そしてその炊きあがりのおいしさにいつも救われてきました。
    「ふうわり優しい もの凄く美味い玄米」は無敵です。
    炊き手のよろこびが食べる人みんなに伝わるような玄米がいいですね。中川さんの玄米みたいに。
    そんな玄米めざします。
  12. zenemon のコメント:
    美風さん こんばんは
    コメントありがとうございました。
    このごろ良く考えるのです。
    米を喰らう人種って、なんて素晴らしいのだろうと。
    主食があるという幸せ。
    これを少しでも若い人にお伝えしてから死のうと思っています。
    一緒にどこまでもお願い致します。
    いつも頼りっぱなしで申し訳ないです。
  13. zenemon のコメント:
    kyoroさん こんばんは
    だいたい がんばっている人は頭に正しい事を持っています。
    はたしてそれを実行できているかと言うと?が残りますよね。
    1個でもその?を無くしていくのが実学じゃないかと思っています。
    机上の知識なんてクソクラエ!ですね。
  14. zenemon のコメント:
    ふみよ丸さん こんばんは
    お米を大事に、食べられる事に感謝をしていればいつも幸せです。
    それを実感されたあなたはもう大丈夫ですね。
    にこにこふっくらになりましょう。
    げっそりカスカスはダメですよ。 ふっくら美人ね。
  15. zenemon のコメント:
    おはるさん こんばんは
    本当に大切にして下さいね。
    いたずらに無駄に時を過ごさないように。
    自分から前に前に出るのです。
    少しでも自分と周りが生きやすくなるように動くのです。
    じーっとしていたって何も変わりません。
    動くのです。 動物ですから。
  16. zenemon のコメント:
    まい2さん こんばんは
    控えめで消極的な投稿者さんへの心配りや見事です。
    ありがとうございます。
    あなたは塾生の手本となれる人です。
    もっともっとむそう塾魂を吹き込みたいです。
  17. zenemon のコメント:
    Yu(40-5)さん こんばんは
    米は作った人の心根の通りに育ちます。
    飯は炊いた人の心根の通りに炊けるのです。
    怖いです。
    でもそれが何より楽しくて幸せなのです。
    あなたにもそれを伝えたかった私です。
  18. zenemon のコメント:
    Bu(40-2)さん こんばんは
    氣を込めるということは、慈しむということです。
    生きた米を戴くと言う幸せを感じて下さい。
    それだけで飯は美味くなります。
    一緒に感じていきましょう。
  19. zenemon のコメント:
    mariko2212さん こんばんは
    おもえばあなたはもう長く中川式玄米を炊いて下さっていますね。
    私と同じ血潮が体中を流れているのです。
    どーりで、考え方が似て来るはずだ(笑)
    もっともっと命を考えて幸せになりましょうね。
    なるぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です