玄米炊飯投稿  659

Noさん(21-2R)です。
__デモや福ZENと同じ米を使い、同じ鍋を使い、おそらく同じ琵琶湖の水を使って炊いているのです。
蒸らしの圧も保ち、浸水時間もほぼ同じです。
なぜ炊きあがりが同じにならないのでしょう?
正しく炊けているのにデモとは違うのはなぜかを少し追求してみるのが良いですね。
私も知りたいのです。
米が開いていないのであれば、ある意味簡単に開くことはできるのですが、そうでもない。
楽しみながら追求しましょう。
50点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. No(21-2R) のコメント:
    中川さん、ありがとうございます。

    かなり期待して蓋を開けたのですが、不思議でした。
    愛クラスと同じ条件で、と決めたのですから美味しくなるまで炊き続けたいと思います。
    • ok「67-2」 のコメント:
      コメント欄、お借りします

      京都駅でお別れしたときの言葉が、心に残っています
      自己紹介では言いませんでしたが、アレルギーの息子の
      事だけでなく、長女の事もずっと気がかりだったのです
      それで、秋から娘と二人で公文の書き方教室に通っています
      十分ではないかもしれませんが、娘にも幸せになって欲しいし
      何より仲良し姉弟でいてくれたらなあと願っています
      まあ、それは二人が決めることなので私は見守るだけですが

      こんな私でも、願いを込めて名前をokに変えました
      悲しい思いをさせたかもしれませんが、今からでも
      精一杯娘と向き合っていきます

      Noさんのことも一人の親として、心から応援しています

      気持ち、届け~~~!!!
  2. No(21-2R) のコメント:
    Ok(67-2)さん、応援ありがとうございます。
    子供の頃、親と一緒にした楽しい記憶は今でも鮮明に残っています。
    それは、どこか遠くへ旅行に行ったとかではなく日常の些細なことです。
    長女さんとこれからたくさん楽しい時間を過ごせるといいですね^ ^

    (コメント欄お借りしました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です