玄米炊飯投稿  623

Deさん(66-3)です。

あなたの理論で言うと、東日本の人は東日本でとれた農産物を食べられないことになってしまいますね。  選択の自由はありますので私は細かいアドバイスは致しません。
危険厨にも安全厨にもならない大人の判断能力を育んでいただきたいです。
「合わないんじゃないか?」と思いながら炊くと米は呼応してくれません。 信頼しないと心は開いてくれないのですね。 人間関係と同じです。
お茶碗によそって5分も自然放置すれば表面が硬くなるのはあたりまえです。
熱々ご飯なのですから、自分の熱を自分で放熱する時に湯気が出るでしょう?あれが飯のみずみずしさやふっくら感です。 私がよそって30秒以内に撮影した画像しか送らないように言うてるのはそのためです。 ご理解くださいね。  48点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. De(66-3) より:

    中川さん、こんにちは。いつもご指導ありがとうございます。

    ちょっとした一言で、相手を傷つけたり不快な思いをさせてしまうということに気がつきました。今すぐに考え方を180度変える事は出来ないかもしれませんが、もっと冷静に物事を考えられるように努力したいと思います。

    炊飯に対して、気持ちが大事ということを忘れかけていました。ありがとうございます。お米ともっと仲良くなりたいです。

    最後にひとつ教えて頂きたいのですが、前回のアドバイスで熊本産にこだわらなくても良い。との事でしたが、なぜこのようなアドバイスをされたのですが?少なくともパスポートを取得出来るまでは、お米を変えないものと思っていたのですが。なかなか頭の整理がつかないので教えて下さい。宜しくお願いします。

    • nakagawa より:

      お米の選び方は愛クラスの時にお教えしましたね。
      覚えていますか?
      あなたに縁のある土地のお米を選ぶのです。 ご飯は水をたくさん使って料理するものだということを意識していますか?
      ブリタはお薦めしませんでしたが、あなたは使い続けて居られます。 濾してすぐなら良いでしょうという妥協案を優先して。
      だから炊き上がりにも妥協しなければならないのですね。
      「とりあえず」、はとりあえずな結果を産むのです。 そしてとりあえずな人生を生きなければならなくなるのです。
      日本には自由がまだ少しはありますから、何を選択するのも自由です。
      自分で決めるというのは陽性な力が要ります。 頑張りましょう。

  2. De(66-3) より:

    はい、覚えています。普段飲んでいる水を使ったお米を選ぶこと。

    ブリタを薦めていないことも十分承知しております。愛クラスの時に伝えましたが、中川さんがお薦めした手ごろな価格の蛇口直結型の浄水器は私の家の蛇口では取り付けられないのです。他の選択肢もありますが、正直手が出ません…。

    でも、とりあえずな人生なんて生きたくありません!

  3. あやの 49-3 より:

    中川さん、こんばんは。

    Deさんへのお返事ですが、ぐっとくるものがありました。

    “「とりあえず」、はとりあえずな結果を産むのです。 そしてとりあえず
    な人生を生きなければならなくなるのです。”

    むそう塾とご縁をいただき痛感したことの一つです。
    まだまだですが、一つずつ「とりあえず」を止めることで、少しずつ変わってきている氣がします。

    “日本には自由がまだ少しはありますから、何を選択するのも自由です。
    自分で決めるというのは陽性な力が要ります。 頑張りましょう。”

    「まだ」に意味深いものを感じます。
    いつ何が起きても大丈夫なタフさを身につけられるよう頑張ります。

    以下コメント欄お借りします。

    Deさん、はじめまして。
    ブログを通じて一緒に学ばせていただいております。
    ありがとうございます。
    楽しんで炊飯できますように。

    • nakagawa より:

      あやの 49-3さん こんばんは
      ま、そういう事です。 あなたにはくどい説明は要りません。
      尻を叩いて欲しい時は言うてください。 思い切りペンペンしてあげます(笑)

  4. De(66-3) より:

    あやのさん、はじめまして。
    お心遣いありがとうございます。
    未熟者ですが、どうぞ宜しくお願いします。

    中川さん、コメント欄お借りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です