今日の瑠璃茄子

Maさんが投稿してくださいました。


少し小型の茄子ですが2日でここまで漬かるのは
糠床が元気な証拠です。
茄子を底に入れたまま天地返しをしてください。
練習しましたね。
なるべく酸素に触れないように。返すのです。
上の方に上がってきたらまたすぐ底に押し込ん
でおきます。
写真ですがあなたの眼にはこれくらいで見えて
いるはずです。 でもカメラで撮るとずず黒く
なってしまう。勉強しましょう。


いかがでしょう。


カテゴリー: 瑠璃茄子への道 パーマリンク

コメント

  1. ふみよ丸 より:

    中川さん、こんにちは。
    瑠璃茄子投稿の記事ありがとうございます。

    じゃい安の糠床は、中川さんが溢れんばかりの愛情をかけて育てて
    くださったので、絶対に粗末に扱えない気品を放っています。
    ですから、中にいれる野菜もしっかり吟味するようになりました。

    休日は、じゃい安にふさわしい 生き生きした野菜を手にいれたくて、
    京の町を放浪するようになりました。
    昨日は、「振り売り」に出会いました。
    ほんに 美味しそうな ちぎりたてのお茄子や万願寺とうがらし、
    まだ棘が指に痛いほどの大きな賀茂ナスがてんこ盛り。
    それぞれの野菜の香りがプ~ンとして、なんだか幸せでした。
    じゃい安が家にきてから、こんな豊かさも味わっています。

    「必要なこと以外はしない」ということ、
    「大切に愛情かけて育てられたものは、粗末に扱えない」
    ということを学びました。
    子育て前に、糠床を育てる経験が持てたことに感謝の日々です。

    写真練習致します。

  2. zenemon より:

    ふみよ丸さん こんにちは
    コメントありがとうございました。
    野菜を見る目を高める努力をしているのが偉いです。
    我々は都会に住んでいるので自家菜園で自給することは叶いません。
    それならば心を入れて育てておられる野菜を買い求める努力をすべきなのですよね。 その努力をしないで「野菜がなくて?」とグチを言う者がおりますがそういう者は美味しい糠漬けを喰う資格は無いのです。 これからも自分磨きを。
    せっかく覚えたことをすぐに忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です