今日の玄米投稿

みなさん こんばんは 美味しい玄米を食べていますか?
今夜も力作が届いております。
皆さんと一緒に見て参りましょう。
先ずは神戸のMiさん(6?6)です。
一昨日の第6回にご参加くださいました男性です。
ニューキングという分銅式の圧力鍋(4合炊き)をお使いです。

もちっとべちょっとしてしまったとのことですが、鍋底はどうだったでしょうか?
焦げができずに水っぽかったのでしたら加熱不足です。
最初と中間の火加減をもう少し強くしてください。 それからやはり蒸らしは重要です。
しっかり24分保温しながら行ってください。 蒸らし時間も炊飯時間のうちです。
次は長崎のTaさん(2?9)です。
美味しそうに炊けています。 気温が下がってきたことへの心配りもできているようですね。 火はコンロから赤々と出ている炎だけではありません。 一度加熱されて蓄熱している鍋の中にも炎がこもっています。 この炎をコントロールすることが圧力調理といってもよいでしょう。
毎日小さな「気づき」を得ておられますね。 素晴らしいです。
次は常連様 金沢のNiさん(3?3)です。 
いつもミニロイヤルで2合炊いておられたので 一度3合炊いてみてください。と前回アドバイスさしあげました。 そして実行されました。 

どうです? 米が踊っているのがわかりますか? この飯を食べていれば間違いなく幸せになれます。 Niさんは感動とともに完成形を手に入れられました。
次も6回に参加くださいました Naさん(6?5)です。
神奈川県からお越し下さいました。 お疲れさまでした。

いつも話題にのぼるシラルガンで2合炊くというパターンです。
最初の加熱から迷いが出てしまい、もたもたしている間に湯が蒸気になって逃げてしまったようです。 黒く焦げるまで加熱してはいけません。
次は全体に火加減を抑えてください。水は450まで増やしてみましょう。
 絶対にドンピシャな火加減はあります。
同じ鍋で美味しい玄米を炊いておられる方はたくさんおられます。
頑張ってください。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Ni(3-3) のコメント:
    幸せな日々にワクワクしてます。みなさまのおかげです。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
  2. Mi(6-6) のコメント:
    ご指導ありがとうございました!
    鍋底にはうっすらとはがれやすいおこげができてました。

    妻に何も言わずに出したら「ちょっと変わったなぁ」
    と言われました。いい意味だったみたいで、よかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です