烏賊

今日は顰蹙を買いそうなお話をしましょうか。
読者の中に関係者様が居られましたら大きな心でお許し下さい。
京都のタダの料理人の戯言ですので。
さて イカです。  
漢字では烏賊と書きます。 
その由来は、海に飛び込んでイカを食べようとした烏が、反対に
イカの方に食べられてしまったという言い伝えかららしいです。
昨今の原油価格の高騰で陸上運送以外でも燃料コスト高で立ち
行かなくなって居る人たちが沢山居られます。
漁師さん達もその一つです。
先日、イカ漁の2日間休業の知らせをドーン!とトップニュースで
ぶちあげていました。
東北の震災の影に隠れて押し出しが弱くなってしまったのでご存
じない方も居られるでしょう。
イカ漁は通常の漁業よりも燃費の悪い漁です。
重油を焚いた発電機で起こした電気で集魚灯を明々と灯しながら
夜通し作業します。
その灯りの元となる重油が高騰し、イカを獲っても獲ってもトントン
か、下手をすれば赤字が出るような状態になってしまったと言うの
です。
海にイカが居なくなったわけではありません。
ここから少し経済のお話も出てきます。
■イカを獲れば獲るほど供給過多となり市場価格が下がる。
          ↓
■漁獲高に正比例して収入が増加しなくなる。
          ↓
■しかし、ランニングコストは一定なので漁に出れば出る
 ほど正比例的に増加する。
          ↓
      結果コスト高となる。
イカ漁は今まではこんな状況でした。
 
今回は上の状況に加えて燃料の値上げが来て出漁するほど損が
出てしまう可能性が出てきたわけです。
そして休業を決めました。 
収入の増加が見込めないのだからコストの減少を謀ったわけです。
2日間の休業です。
京都人というのは元来真正面から物を見ないのですね。
うがっています。
どう見たかといいますと・・・。
■2日間休業します、非常に困っています!と、世間や政府に
 アピールして漁を休みます。
          ↓
■そうすると市場にイカが出回らなくなります。
          ↓
■イカを食べたい国民はイカを探します。
          ↓
■イカに対する渇望感を充分に煽ります。
          ↓
■イカに対する欲求が充分に高まった頃に2日間の休業を終え
 てイカ漁が始まります。
          ↓
■久々のイカの水揚げに港は活気づき、買い出し業者も高値を
 付けて買い付けます。
 
農産物と違って水産物は潮次第なところがあり、競り値が平気
で3倍5倍になったりします。
1日分の漁獲高でも値段が3倍になったとするということはイカに対し
て燃料コストが1/3になったと同じである。
以降、休んだり出漁したりを繰り返しながら市場のイカ不足感を保ち
続ける。
漁師さんの休みが増えて燃料コストが下がって収入が減らない。
これを「品薄商法」と言います。
こんなことをイカ漁の偉いさんがコントローラブルに粛々とこなしてい
たら怖いよなぁ。
やっぱり振り回されるのは消費者なんだなぁ。と思いました。
イカ漁休業のニュースを見ていて、私の頭にこんな事が湧いて来たの
は私がニンテンドーを擁する京都生まれだからでしょうか?(苦笑)


カテゴリー: 思い パーマリンク

コメント

  1. マクロ美風 のコメント:
    なるほどね~、「烏賊」の文字にそんな裏話があったとは知りませんでした。

    イカ漁のニュースは、テレビを観ない私もキャッチしましたよ~。
    私のどさんこ頭は、京都のお方のような洒落た表現は苦手ですが、中川さんの仰る意味はよく理解出来ます。
    お勉強させていただき、ありがとうございました。



  2. stun のコメント:
    ぬおー、長々とコメント書いたのに禁止ワードが入っていると警告が!!
    何もヤバイことかいてないのに(涙)
  3. zenemon のコメント:
    美風さん こんばんは コメントありがとうございます。

    和食の献立にはいろいろ難読な食材名が出てきます。
    烏賊、独活、富貴、などなど。
    めんどくさいですねぇ。

    一緒に勉強していければ楽しいです。
    よろしくお願い致します。

  4. zenemon のコメント:
    すたんさん こんばんは。
    えーー?なにが引っかかったのかなぁ?
    「俺」かなぁ? もうはずしました。
    もう一回書いてほしいです。
    中身が気になるなーーー。
  5. chokolatekiss のコメント:
    私もイカニュースを見て考えていました。
    私は国際経済法(WTO法)を専攻していますが、何を基準に経済的な豊かさを測るのか、毎週壁にぶちあたります。
    生産者の幸福か、国家か、国際社会全体としての豊かさか。

    WTO法に鑑みれば、痛みを伴いつつも、安い烏賊を輸入して自由貿易を進めることが、自由貿易主義が進む国際秩序の中で求められることかと思います。が、そんなわけにも、いかないよなぁ・・・と。
  6. stun のコメント:
    「俺」でしたか!
    こんな書き込みでした。

    ----------
    烏賊漁中止寸前の先週、美味しい烏賊をたんまり頂きまして(笑)
    当地、新潟はスルメイカ漁が全盛期なのです。
    夜、海を眺めると物凄い灯が見えます。
    この時期の風物詩ですね。
    我々マクロビアンにはあまり関係のない話ではありますが、原油高の影響をモロに受ける運送業のかたわらとしては、俺はそれでも烏賊が値上がりして漁師さんもきちんと食べていければいいのにと思いますよ。
    他の漁師さん達も然り。
    試料が値上がりしている牛肉にしろ、乳製品にしろ、豚肉にしろ、鳥肉にしろ、卵にしろ、生産者がきちんと生活できるぐらい、どんどん値上がりすればいいと思ってます。
    仕事の関係で畜産家に出入りしてますが、何処へ行っても良い話は聞きません。
    一部の投資家ばかりが美味しい思いをして、いつも苦労するのは末端。
    僕は品薄商法でもなんでも良いと思います。

    でも、そういう食品が値上がりすればもっとマクロがもっと注目されません?
    むふふふふ。
    なーんて腹の底で思ってます(笑)
    一番腹黒いかもな?(笑)
  7. zenemon のコメント:
    chokolatekissさん こんにちは。 コメントありがとうございます。
    四方を海に囲まれた日本が海産物を輸入するということはすでに食のバランスが崩れているのですね。
    足るを知るは冨を知る。 昔の日本人はふまえていたのですが。
    海外の豊かで無い国は自分達の食べる分まで日本に輸出していますよね。
    そうして輸入した安い食材を日本人は平気で半分近く廃棄しているのです。
    もったいないを通り越していると思いませんか?
    自由貿易という暴力であってはならないと思うのです。
    牛に食わせる穀物をみんなで食べよう。ですね。
  8. zenemon のコメント:
    すたんさん こんにちは。 再コメントありがとうございます。

    日本海の烏賊は今うまいですよね。
    ホタルイカが終わればするめいか。
    でも今年はなんだかガソリン食べている気がしませんか?

    どんどん値上がりすれば良いと思う。というのはけっこう誤解を招きやすい表現ですが、私も同感です。
    誰も泣かなくてすむような適正価格で売り買いしていただきたいですね。
    今の安売りは誰かがどこかで泣いて成り立っています。

    国民全員が玄米菜食の小食にすれば 国益はどうなるんでしょうね?
    男のマクロビオティック会議で話したいですね。

  9. 三毛猫 のコメント:
    上に書かれた構図、ちょっと前のお米騒動の時を思い出します。
    そして、親曰く、昔はトロなんて二束三文で買えた、とか。
    いつの時代も、「品薄」になったら突如貴重価値が付くという繰り返し。
    自分の舌で、身体で、美味しいもの、必要な質の良いものを選びたいです。

    ***
    話しは変わりますが、イカというと、Mクライトンの本に巨大イカが深海に住んでいる話し(だったと思う)があります。その話しを読んでから、何かイカには生き残るためのずる賢いようなところがあるように感じてしまいます。
    今回の2日間の操業停止も、イカにとっては繁栄のチャンス。
    さぁ、このかけひき、どうなりますことやら。
  10. タイ ホテル のコメント:
    いろ2と勉強になります♪
  11. zenemon のコメント:
    三毛猫さん こんにちは。 コメントありがとうございます。
    日本人は「品薄」「限定」「レア」に弱いのです。
    営業の達人に聞いた話ですが、
    物を売る秘訣は「今だけ、ここだけ、あなただけ」なんだそうです。
    だまされないようにしてくださいねー。

    巨大烏賊が船を襲うんですよね。
    大王烏賊の一種だと覚えています。
    烏賊刺し何人前できるんでしょ(笑)
  12. zenemon のコメント:
    タイ ホテル さん こんにちは。

    いえ2 おはずかしい。♪
  13. Maple♪ のコメント:
    烏賊は主人の大好物です。
    赤いかのお刺身が大好きなんです。
    今世界の烏賊の大半を日本人が食べているそうですから、
    これから中国やロシアなどでの需要が増えてきたら、
    あまり食べられなくなってしまうかも~なんて主人が心配してました。

    原油の高騰で物価がどんどん上がっていますが、テレビなどでは、物価を下げろ!減税しろ!とか目先のことばっかりなのが気になります。
    もちろん今の生活も重要ですが、先物市場へのヘッジファンドによる投機マネーの流入が根本原因と言われているのだから、こちらへの対応も必要だと思います。
    仕組みを変えなければ、いけないときが来ているのだと思います。
    先物というのは、江戸時代の日本で生まれたそうです。
    安定しない農産物の価格を先に決めて取引するという方法は、とっても画期的で当時の農民にとって、安定した収入を見込めるので良い方法だったはずです。
    そんな先物取引が今、こんな形で世界を苦しめているなんて。。。
    何でも利用の仕方次第で、良くもなるし、悪くもなりますね。
  14. zenemon のコメント:
    Maple♪さん こんばんは。 コメントありがとうございます。
    烏賊も鉄鋼もガソリンも同じなんですねぇ。
    かの国の方達が自転車から自家用車に乗り換えて土の家からビルに住みかえ、世界中の烏賊も食べてしまうのでしょうか。 
    需要が増えたのか、マネーゲームの一時的結果として高騰しているのか、はっきりと見極めた政策を望んでやみません。
    ◎◎と鋏は使いようと昔からいいますから。
  15. stun のコメント:
    案の定、3割り増しの価格となったようですね。
    ちょっと乱暴な書きかたでしたが、意図を汲んでいただいてありがとうございます。
    正に、言いたいのはそれなのですが。
    みんなが明るく楽しく暮らせる日はいつになったら...
    それまで自分が出来ることをこつこつと続けたいと思います。

    男のマクロビオティック会談 in 京都、今年中に開催したいですね。
  16. zenemon のコメント:
    すたんさん おはようございます。
    3割じゃ3日分の売り上げにはなりませんが、重油は1/3しか使っていませんから、少しは気が収まるのではないですかね。
    一般市場に烏賊が出回らなくても今の人は気にならないのかもしれません。
    きっと回転寿司のレーンの上から烏賊が消えるまで渇望感は湧いてこないのでしょう。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です