菜飯


聖護院大根の葉を軽く湯がいて、細かく刻み胡麻油で炒める。仕上がりに数滴の醤油を垂らし、薫りを付ける。 炊きたて玄米に載せて食べましょう。


カテゴリー: 油物 パーマリンク

コメント

  1. le_japon のコメント:
    komakoです。
    うわぁ~! なんて美味しそうなんだろう!
    ほんわか湯気の中、胡麻油と醤油の香りが漂ってきそうです。
    大根の葉、次回、やってみます。
    うちも家では玄米を食べてまして、玄米ごはんに合いそうで簡単で、働く妻としては有り難いです!
  2. Hina のコメント:
    善右衛門さん、こんにちは!ご無沙汰しています。
    我が家も聖護院ではないけれど、
    大根の葉っぱの菜飯が大好きなので、よく作ります^^
    刻んだものをそのままごま油で炒めているのですが
    さっと湯がいたほうがいいのかな?
    次回は湯がいて作ってみたいと思いますー。
  3. RBCの後輩・・・・・Y のコメント:
    聖護院大根の葉は普通の大根葉よりも癖がないですね。
    私も何時もさっと湯がきます。
    素朴な味がいいです。綺麗な葉がついている大根類を見つけるとと頭の中にはすぐに「菜飯」が浮かびます。
    ある信金のプレゼント預金で「新鮮京野菜」が当たりました。
    「海老芋」「水菜」「トマト」「堀川牛蒡」がセットで送られて来ました。「やったあ~!!」さて、さて何を作りましょう!!雀の涙にもならない利息に比べて嬉しいプレゼントでした。「堀川牛蒡」はちょっと手ごわい食材です。何かを射込んで炊きましょうか。
    善右衛門さんならどんな料理に???
  4. じんべえ のコメント:
    綺麗な緑ですね!
    緑の野菜って玄米ごはんに映えますよね。
    僕の好きな組み合わせです。
  5. zenemon のコメント:
    komakoさん こんばんは。
    ギトギトしないように、胡麻油はほんの少しで炒めるのがコツです。
    どんどん甘味が出てきます。 
  6. zenemon のコメント:
    Hinaさん こんばんは。
    炒める前に一度湯通ししたほうが甘味が出てアクが消えます。
    ほうれん草の炒め物なども生から炒めないでくださいね。 軽く湯通ししてから炒めると甘くて美味しいです。
  7. zenemon のコメント:
    RBCの後輩・・・・・Yさん 聖護院大根は長大根より形状が球体に近く、より中庸な味がします。 付いている葉も大根より蕪に近いですね。
    寒い冬には毎日食べたい野菜です。
  8. zenemon のコメント:
    じんべえさん こんばんは。
    本当に緑と玄米は合いますね。 今でしたらそば米を一緒に炊いた玄米でしょうか? 美味いですね。
  9. akko のコメント:
    今日は全く玄米を食べることがありませんでした。
    そして夕ご飯はジャンクフードを食べてみました。
    ちょっと食べたい気分だったから!
    でもこの画像を見たらはっきりと「か~!玄米が食べたいよ~!」とかぶりつきたくなってます!

  10. さくらすみれ のコメント:
    zenemonさん、おはようございます。

    珍しく聖護院大根が手に入ったので(関東では、あまりポピュラーではありません)、zenemonさんのレシピをヒントに、私もがんもと焚いてみました。
    そして、葉の部分も胡麻油で炒めて、美味しくいただきました。

    zenemonさんのコメントに一度湯通しをしてアクを抜くとありましたが、キンピラの牛蒡などは、アクは抜かないで調理していらっしゃいますよね?
    アクはアクでも、野菜によって種類が違うので(?)、このような処理の違いが出てくるのですか?(スミマセン。ちょっと不思議に思ったもので。ご迷惑でなかったら、教えて下さい)
  11. zenemon のコメント:
    akkoさん こんばんは。
    たまにはジャンクフードを食べてみるのも良いのではないでしょうか?
    私も先日、知人との待ち合わせで、ガストのランチを食べました。
    楽しい話で、楽しい時間でしたから美味しかったです。 また食べたいとは思いませんが。
    そして帰ってきてその日の夕飯の玄米が美味しかったこと!
    日々のマクロビ料理の美味しさを確認するためにもたまにジャンクを食べるのもよいかもです。
  12. zenemon のコメント:
    さくらすみれさん こんばんは。
    ほうれん草は小松菜にくらべてシュウ酸が多く、えぐみが強いので茹でて流水に落としてから食べます。小松菜は茹でてざるにあげるだけでOKです。
    大根葉は生でも炒めて食べられますが、前もって湯通ししておいた物をさっと炒めた方が食感が残り、甘味も出るのです。 比べてもらうとはっきり解ります。 人参葉もこの方法で食べると薬臭くなくて美味しく食べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です