針きんぴら


斜め千切りを丁寧に。 陰陽のバランスを整えてくれるこのキンピラは娘も大好きである。 いっさい水にさらさないのにアクっ気が全然無い。ミルクのような旨味に変わる。不思議なきんぴら。


カテゴリー: 煮物 パーマリンク

コメント

  1. komako のコメント:
    初めてコメントします。komakoと申します。
    野菜が本当に美味しそうに見えるお写真ばかりですね。
    とても気に入ってしまいました。
    私は都内下町に住んでいます。
    リンクさせてください。

  2. paru のコメント:
    うちではアバウトにでかく切って作ってしまっています。
    もう少し見た目にも気を使わないと、と思ってしまいました^^;
  3. zenemon のコメント:
    komako さん こんばんは。 はじめまして ようこそです。
    リンクありがとうございます。 どうぞ毎日お気軽に遊びに来てください。
    東京の方もたくさん居られます。
    なんでも書き込んでくださいね。
  4. zenemon のコメント:
    paru さん こんばんは。
    同じ野菜でも大きく切るのと細かく(細く)切るのとでは、同じ野菜でも料理としては違った物になります。 火の通り方や調理時間の長短に差がでるからです。 もちろん仕上がりの味にも違いが出ます。 料理の面白いところです。
  5. komako のコメント:
    komakoです。
    ありがとうございます。
    またちょくちょく遊びにきます。
  6. RBCの後輩・・・・・Y のコメント:
    何とも繊細な感じのきんぴらですね。「針きんぴら」の名がぴったりです。
    この牛蒡は先(千切りの前)に焼いておられるのでしょうか?
    水に晒さない自然なあくさえも取り込んでごちそうにされるのですね。
    次回、私もきんぴらを作る時は出来る限りこのお写真に近づけるように頑張ってみますね。
    「きんぴら」は我が家でも人気の一品です。この「針きんぴら」が出たら、息子達はきっと「いいね。ひょっとしたら善さんメニュー?・・・・」と即、バレます。
  7. WINWINNORINORI のコメント:
    私もこの写真をみて”繊細なきんぴら”だと思いました。
    思うことって似てるんですね。
    ちなみにうちのきんぴらはマッチ棒みたいなの(笑)でも、それは
    それでやっぱり好きな母の味ですね。
  8. zenemon のコメント:
    RBCの後輩・・・・Yさん、牛蒡は別段焼いてはおりません。
    土牛蒡の皮を洗いすぎないように残して居るので真っ茶色な皮がそう見えるのかもしれません。 じゃりじゃりしない程度に洗えていればOK。
    お試し下さいね。
  9. zenemon のコメント:
    WINちゃん こんばんは。
    これは斜め千切りで作りました。 いろんな切り方を試してください。
    切り方で仕上がりの味まで変わります。 面白いですよ。
    この手の料理をしっかり今から食べておいてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です