こんにゃく


鹿子木に刻みを入れたこんにゃくを味噌煮してから焙る。


カテゴリー: 焼物 パーマリンク

コメント

  1. mizuki より:

    こんばんわ。
    関東はすっかり冬本番で、風が冷たいです。
    今日、いつも行く自然食品店さんで
    農家さんの手作り蒟蒻(無農薬、無化学栽培のこんにゃく芋使用)があり
    とても美味しそうだったので買ってきたんです。
    今帰ってきてこのメニューをみまして、偶然にびっくりです!
    この蒟蒻レシピを参考にさせていただきます。
    あぶると香ばしさも加わっておいしそうですね~

  2. zenemon より:

    mizukiさん こんばんは。
    京都も雨があがって本格的な木枯らしが吹いておりました。冬ですねぇ。
    蒟蒻を同じ日に食べたくなるのは偶然ではなく、何かが繋がっているのでしょうね。 
    美味しくできたでしょうか? 

  3. mizuki より:

    こんばんわ。
    善右衛門さんの写真とは随分雰囲気が違ってしまいましたが、
    美味しくできました!
    母にも味見をしてもらいましたが
    美味しいと食べてくれたのが、更に嬉しくなっています。

    蒟蒻がとても美味しく、その美味しさを頂きました。
    お味噌は麦味噌を使用したのですが
    おもったよりあっさりとして食べやすかったです。

    今回の蒟蒻は
    こんにゃく芋をすりおろして作られたものとのことで、
    普通のこんにゃくと違い、とろっと口の中でとろけています。
    (山芋のすりおろしのような食感なんです)
    このこんにゃくに出会えたことが嬉しくてたまりません。

    善右衛門さんのコメントにありました
    「何かがつながっている」という言葉に
    ある本に書いてあった「偶然の一致」ということを思い出しました。
    偶然ではなく、全てのことは必然的に起こっているということ。
    マクロビに出会ったのも、善右衛門さんのブログに出会えたことも
    今の私に必要なこととして出合わせていただいているのを
    感じています。
    嬉しいお言葉、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です