千切り大根と京人参の焚いたん


京人参の朱さを引き立たせる為に煮汁に色を付けないように。 細切り昆布にして昆布も食べられるように。 (食べれるようにと書かないのが中年だなぁ)


カテゴリー: 煮物 パーマリンク

コメント

  1. aki より:

    「ら」抜き言葉は名古屋弁なのでしょっちゅうつかいます/笑
    でも、日本語の乱れって凄く気になるんです。
    「やらさせて下さい」これは「さ」付き言葉。
    他にもいろいろ気になる言葉遣いが多い現代社会です。

  2. マクロ美風 より:

    (食べれるようにと書かないのが中年だなぁ)
                   ↑     ↑
                   同じ  お・な・じ

  3. zenemon より:

    akiさんも言葉の乱れが気になるのですね。 
    でも今我々が正しいと思っている言葉も大昔の日本語からすると、
    目を覆うような乱れと思われるかもしれませんね。
    物事はダイナミックに動き、うつろいますから、柔軟な心を持つこと
    が大事なのかもしれません。

    「きょうびの若い者は、・・」ってヤツですね。(笑)
    昔言われた人が今若い子に言っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です